I'll just do it

キリンライザッププロテインボトルドリンク500mlたんぱく質5g糖質9.5g

普段ジュースや砂糖の入った缶コーヒーを飲んでいるがなかなかとめられないな

これから暑くなって熱中症対策にポカリスエットなどを飲むけどスポーツ飲料ではタンパク質がないからプロテインもどきみたいなのはないかな?

でもプロテインは飲みにくくてクセがありますよね?

 

しかしライザップから発売されたプロテインはファミリーマートサークルKサンクスで気軽に購入できて1本あたり5gのたんぱく質で糖質もスポーツ飲料とかわりがありません

糖分のあるコーラや砂糖の入っている缶コーヒーや野菜ジュースを飲むよりはよっぽど糖質が低いですよ

そんなライザッププロテインボトルドリンクを紹介します

 

 

 

ライザッププロテインボトル 

f:id:NQC49636:20170403101029j:image

キリンライザップボトル

500ml

150円

 

原材料名

 f:id:NQC49636:20170403101254j:image

果糖ぶどう糖液糖、乳タンパク質/香料、酸味料、安定剤(大豆多糖類)、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

エリスリトールではなく人工甘味料で糖質を下げても果糖ぶとう糖液糖を使っているんですね

原材料名より栄養成分表示のスペックを見たほうがはやいので見てみましょう

 

栄養成分表示(製品100mlあたり)

f:id:NQC49636:20170403101307j:image

f:id:NQC49636:20170403101524j:image

 

エネルギー12kcal

たんぱく質1g

脂質0g

炭水化物1.9g

糖質1.9g

食物繊維0g

食塩相当量0.03g

糖質2.5g(100mlあたり)未満を低糖質と表示しています

 

100gあたりの数字は1本500ml換算すると糖質もタンパク質も微妙な数字じゃない?

昔プロテイン飲んでいたからわかるんですけどプロテインは糖質はそこそこあるがもっとタンパク質があった覚えがあります

昔のプロテインは飲みにくいからバニラ味を飲んでいた覚えがあります

1本500ml飲んだらタンパク質5gで糖質9.5gってプロテインの立ち位置としては低くないか?

たんぱく質が手軽に飲めることが優位性で後はプロテインの味だけですね

 

飲んだ感想

f:id:NQC49636:20170403123051j:image

見た目はカルピスっぽい色で飲むとまさに味が近く甘くてジュースにちょろっとタンパク質が入っているプロテインボトルは昔のプロテインと違ってクセがなく非常に飲みやすかったです

 

しかし飲みやすいのでほかっておいたらあっさり1本飲んでしまいました

そしてトレーニングに使うようなプロテインと比べると糖質よりタンパク質の割合が悪くガチでプロテインを使うには粉末タイプを飲んだ方がタンパク質がとれます

しかしファミマで簡単に購入できることと持ち運びの便利さになんといってもクセがない飲みやすさがライザッププロテインの長所でした

 

市販のコカコーラ類や糖分ありの缶コーヒーに野菜ジュースより圧倒的に糖質が低くアクエリアスに代表されるスポーツ飲料と同等の糖質がプロテインボトルです

さらにスポーツ飲料はタンパク質がほぼゼロに近くライザッププロテインボトルはタンパク質5gありカルピスに近い飲み心地なのでこれからの季節の熱中症対策にスポーツ飲料の代替え飲料してオススメですね

 

普段ジュースが止められない人にもまずは最初の代替え飲料に利用してもプロテインボトルは飲みやすいので糖質は下がりますよ

昔の粉末プロテインと違って飲みやすいライザッププロテインボトルでした