糖質12.5gブランのふわふわオムレットローソンより

たまにはふんだんなホイップクリームが入ったケーキが食べたいと思いませんか?

でもスポンジケーキの生地自体も糖分がありますしホイップクリームなんてもっと糖質はありますよね?

いやいやホイップクリームなんてエリスリトールで糖質下げちゃえばいいじゃん

でも低糖質に仕上げるとスポンジケーキの生地が美味しくないんじゃないの?

 

しかしブランのオムレットは人工甘味料を使用しなくてふんだんなホイップクリームを普通のスポンジケーキ生地とそんしょくがないほっぺが落ちるほど低糖質に仕上げたオムレットです

さらに難消化性デキストリン大豆粉小麦ふすまを使っているとは思えないスポンジケーキ生地でした

 

そんなブランのオムレットを紹介します

 

 

ブランのオムレット糖質12.5g

f:id:NQC49636:20170329162907j:image

ブランのオムレット

150円

人工甘味料不使用

原材料名

f:id:NQC49636:20170329162923j:image 

ホイップクリーム、卵、砂糖、難消化性デキストリン、アーモンドパウダー、大豆粉、小麦ふすま、乳化油脂、植物性たん白、ソルビット、加工デンプン、酢酸Na、乳化剤、グリシン、膨張剤、リン酸塩(Na)、香料、増粘多糖類、グリセリンエステル、酵素、カロテノイド色素(原材料の一部に乳成分、卵、小麦、大豆を含む)

 

 

難消化性デキストリンと大豆粉に小麦粉すまを利用してパン生地の糖分を下げているのが特徴です

オムレットってスポンジケーキの生地を利用しているからパン生地と違ってケーキに近いもんね

オムレットの通りホイップクリームをつつむので当然ホイップクリームの糖質を下げるためにエリスリトールを使いたいですね

と思ったらエリスリトールの表記がない

砂糖を利用しているのでエリスリトールにかえたらどれだけの糖質になるんだろう?

問題の糖質は?

 

栄養成分表示

f:id:NQC49636:20170329162938j:image

熱量168kcal

たんぱく質4.5g

脂質10.2g

糖質12.5g

食物繊維4.2g

ナトリウム64mg

 

またまたはかり忘れましたが推定30~40gと断定

ホイップクリームが入ったオムレットが糖質12.5gってすごい優秀なんじゃないですか?

人工甘味料とエリスリトールなしの低糖質食品はものすごい企業努力だと思いますよ

 

 

 

食べた感想 

f:id:NQC49636:20170330132753j:image

オムットの生地だけで結構ボリュームもありますもんね

見た目の色がふすまっぽいだけで普通に喫茶店入ってオムレットとして出されてもブランって気づきますか?

 

f:id:NQC49636:20170330132809j:image

 正面から見てどこがなにやら低糖質なんてほんとに思わない

 

 

f:id:NQC49636:20170330132822j:image

ひっくり返してもホイップがふんだんに入っている

比率で言うとスポンジケーキ生地4gホイップクリーム8g位の糖質割合かな?

 

 

f:id:NQC49636:20170330132832j:image

半分に切っても真ん中のホイップクリームもがっちり密度が高い

まだまだ油断ができないので反対も調べてみましょう

 

f:id:NQC49636:20170330132840j:image

中がスカスカと言うことがなくむしろあふれる位にホイップクリームが入っている

 

f:id:NQC49636:20170330132849j:image

中身を比較してもこんな感じで全くそんしょくなしでこれだけホイップクリーム入れて糖質を12gまでおさえましたよね

しかも砂糖を使ってエリスリトールなしだからほめ言葉しか出ない

 

f:id:NQC49636:20170330132856j:image

上から比較してもホイップクリームのふんだんな量が見てとれますよね

食べてみるとほんとにこれが甘くてスポンジケーキ生地もブランと全く気づきません

すごいと感じたのがスポンジケーキよりホイップクリーム割合の方が多くて人工甘味料とエリスリトールを使わずに糖質が12.5gなんですよ

 

低糖質ではない通常のオムレットが糖質30g以上あることを考えるとやはりおったまげる

最近感じるのがローソンのパン生地レベルが上がってきてそれに比例して糖質も下がっているんです

企業努力の結果人工甘味料とエリスリトールを使用しなく甘いホイップクリームを低糖質に仕上げるんでしょう

ほんとにあっぱれでほめ言葉しか出ないブランのオムレットでした