トレザーで自己管理すると流動性がなくなるので仮想通貨はハックされにくい 

理由は取引量多い取引所がハッカーの標的だからです

 

ハック試みるのは仮想通貨取引所が金持っている以上に、取引の流動性はやくするためにホットウォレットにさらす瞬間が多いからですね

 

しかしCoinbase はネットを遮断するテントのような空間の中で、顧客資産管理しています

 

上記の理由から仮想通貨管理はネットにつながないデバイスで管理が安全ですね

 

そこで金属製品であるハードウェアウォレットの出番です

 

個人管理なら取引所のように狙われず、ネットにつながないコールドウォレット管理が現状安全な管理方法ですよ

 

本記事ではハックされていないトレザーの管理方法を説明します

 

 

 

 

 

 

トレザーがなんでウォレット?

 

ウォレットは日本語で財布ですね

 

なので財布の中に現金が入っている日本人的なイメージから進まめしょう

 

仮想通貨ウォレットが一般的にハードウェアウォレットなのは、

 

ハードウェアが日本語で金属製品を直訳すると金属財布ってなんでだろう?

 

理由は金属製品はネット回線なければ熱く(ホット)ならず、冷たいままの金属製品(コールド)ウォレットで保管できますね

 

現状の仮想通貨管理ではネットにつながなないコールドウォレットが、個人ではセキリュティ高いんです

 

個人でというのは、株式に値する仮想通貨取引所がすべてネットにつながないコールドウォレットであると、仮想通貨取引の流動性を保てませんよね?

 

流動性は顧客の数×取引回数を仮想通貨取引所は、ネットにさらしたまま安全にこなす技術が必要です

 

しかし仮想通貨を個人で保有するならネットから遮断した金属製品デバイス(ハードウェアウォレット)で管理すれば、ほぼハックを防げます

 

個人でネットにつながないハードウェアウォレットなら、管理の人件費かからず有名な資産家でなければ取引所のように狙われる有名性ありませんからね?

 

 

 

 

日本語でトレザー理解する 公式サイト

 

wallet.trezor.io

 

日本語変換できるのでまずはこのサイトですべて情報取集できます

 

 

 

 

Trezorの対応通貨

 

現在、Bitcoin、Litecoin、Dash、Zcash、Bitcoin Cash、Bitcoin Gold、Ethereum(+すべてのERC-20トークン)、Ethereum Classic、Expanse、UBIQ、NEM、Namecoin、Dogecoin、Bitcoin Testnet です

 

取り扱いコイン種類最新版はこちら

 

 

 

海外サイトでトレザー購入する方法

 

 

f:id:NQC49636:20181214110508p:plain

 

bitcoiner.link

 

 

 

 

アマゾン購入はセキリティ問題のカウンターパーティーリスクあるので却下

 

理由は開封品を新品のように売って、ハックする方法があるからです

 

 

 

よって海外サイトから直接購入しました

 

f:id:NQC49636:20181027183048j:image 

f:id:NQC49636:20181027183053j:imagef:id:NQC49636:20181027183104j:image

f:id:NQC49636:20181027183135j:imagef:id:NQC49636:20181027183141j:imagef:id:NQC49636:20181027183147j:image 

 

理由は写真の強力なホログラムシールが開封の証だからです

 

今は日本国内でも正規代理店があるので海外購入の敷居高い人は、こちらをオススメしますよ

 

TREZOR 日本国内正規販売代理店の仮想通貨ハードウェアウォレット

 

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)

 

 

 

 

 

 

トレザーの使い方はログイン含めた3つの初期設定街必要

 

 

アプリのインストール PINコード設定 リカバリーフレーズ設定

 

 

 

  

 

 

f:id:NQC49636:20181027183157j:image

 

 

リカバリーフレーズはデータ復元時に必要なので、同封されている写真右下のリカバリーフレーズメモ用紙に記載が必須です

 

リカバリーフレーズはパスフレーズ、シード、パスフレーズ、復元フレーズなどと代替えた言葉で表現されます

 

リカバリーが復活で、フレーズが言葉の集まり

 

よって言葉の集まりで復活できるが直訳ですね

 

実際には短い単語が10〜20ほど集まったフレーズを利用して、リカバリーする仕組みです

 

 

 

アプリをインストールし PIN コード設定

f:id:NQC49636:20181027183120j:image 

f:id:NQC49636:20181027183204j:imagef:id:NQC49636:20181027183215j:imagef:id:NQC49636:20181027183221j:imagef:id:NQC49636:20181027183227j:imagef:id:NQC49636:20181027183232j:image

 

 

TREZORとPCを専用のケーブルで接続し TREZO公式HPから、アプリをダウンロード

 

Chromeからアプリをインストール アプリをインストールしたら、次はPINコードの設定

 

任意の数字4桁~10桁でPINコードを設定し、設定したPINコードを再入力

 

  

一番めんどくさくて時間かかるリカバリーフレーズ設定

 

f:id:NQC49636:20181027183239j:imagef:id:NQC49636:20181027183250j:imagef:id:NQC49636:20181027183300j:image

 

 

TREZORの画面に24個の英単語がランダムに表示され、24単語を1つずつメモします

 

最後の修行は対応する番号の英単語を入力ですね

 

Google のようにスペル自動入力すると完了しないので、すべて手入力しないと終わりますん

 

それだけセキュリティ大切なのよ

 

とにかくここで時間かかり苦戦しました

 

 

まとめ

 

  • 海外から直接購入できる一方、今や国内正規代理店があるのでそちらで購入がオススメ

 

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)

 

理由はアマゾンで購入するとホログラムシールですら偽装して未開封品装い、購入するとマルウェア埋め込んでありハックされた事例が多数だから

 

  • PINコード リカバリーフレーズは紙にボールペンで書くペーパーウォレット管理が必要

 

結局ネットからしゃだんしたコールドウォレットもどきのハードウェアウォレットで保管しても、パスワード管理は必要です

 

ネットで保管せず紙に書いてパスワード管理を、ペーパーウォレットと呼びますね

 

デメリットはメモった紙がなくなると、トレザーで保管する仮想通貨資産が復活できません

 

そのために保管するペーパーウォレットを増やして分散すると、流出するリスクも2倍です

 

具体的な解決方法はオンラインにさらさない SDカードなどメモリデバイスへ分散する

 

貸金庫へ複数のトレザーを分散管理する

 

脳で記憶するブレインウォレットが一般的です

 

絶対に行なっていけないのが、ネットで保管ですよ 

 

これさえ守ればハックされるリスクは0に近いですね

 

理由は取引所でハックされるのは、問い合わせる顧客をよそおったハッカーがメールにマルウェアぶち込むからです

 

取引所がマルウェア入ったメールにアクセスした後、各取引所のサーバーにアクセスした瞬間に秘密鍵を盗む事例がほぼ仮想通貨ハックの主流ですからね

 

ではハックされていない自分の管理方法を伝えます

 

 

結論は絶対にネットへアクセスできない端末を複数所有

 

まったくネットにつながないPCからトレザーへアクセス

 

PINコードも絶対にネットへつながないデバイスで複数保存

 

リカバリーフレーズもネットにつながない紙以外の保存方法で複数保存

 

すべての保管方法は家族にすら伝えていない

 

紙で保管するペーパーウォレットは燃えたり濡れるとにじむので信用していない

 

ブレインウォレットは記憶力悪いので却下

 

この辺りはクジラと呼ばれる大口仮想通貨保有者でもオブラートにし、管理方法は公表していません

 

大口保有者とバレると誘拐された事例多数あります

 

しかし大口保有者は取引アドレスで保有数わかる一方、狙われていません

 

理由は取引所みたいに流動性のためホットウォレットへ移動する瞬間がない、ガチホールドのコールドウォレット管理だからですね

 

ここで結論出ましたね

 

流動性のない仮想通貨はハックされにくいでした