I'll just do it

大麻の育成栽培に特化したコインGrowers International

問題点は大麻に特化したコインで合法の国や州でしか流通できない

しかしブロックチェーンを利用した契約内容に、栄養素計算比率その他もろもろ栽培に関わる内容がオープンに共有が最大のメリットです

これは育成生産に関する農業その他すべてに適応できますね

価格上昇の要因は、カリフォルニア州が2018年1月に大麻解禁が明白です

そんな Cryptopia で購入できるGrowers Internationalを紹介

 

 

Growers Internationalの概要

 

ウェブページ

 

カリフォルニア州は2018年1月に大麻合法を行う直前で、価格上昇したのはこの理由が明白ですね

 

 

生産に関する設定の保存と関係者によりコミュニティがある 

生産における計算比率栄養素の使用量、土の量など探す時間を省きたいですよね

地味にスゴイのがオンラインアカウントによって、栽培までの設定を保存します

そしてコミュニティは、プロの栽培者から助言をもらえます

購入した所有者はさまざまな企業、製品卸売、担当者、所有者、販売者と連絡できます

大麻だけでなく、すべての農作物に適用できますよね

 

 

 

 

オープンなブロックチェーンベースの種子販売追跡システム

 

ブロックチェーンベースを利用し、販売した種を追跡できます

現在日本で販売している農作物の種もブロックチェーンベースのコインで販売し追跡すればどんな土がどれぐらいの割合、水などさまざまな数値がビックデータとして集まりますよね

どうやったらおいしくはやく作れるかを、1人でなくオープンな不正できないブロックチェーン状で共有すれば農作物の革命的変化は起こると考えます

この場合は大麻限定ですけど

 

 

違法を合法にすると管理コストが必要

 

今まで違法だったもの合法にすると、管理する側の仕事が増えますよね

だが分散型のブロックチェーンに契約内容を登録すれば、医療マリファナと代理店に対して政府がしなければいけない時間と人員を削減できます

今まで不透明だった取引内容も、Growers Internationalを利用すればすべて表面に出てきますからね

 

 

商品量が多い

 

大麻に精通していないので細かい商品情報は述べれない一方、Growers Internationalは水耕栽培、栽培機器のオンライン販売量が桁違いにありコイン保有者は10%を上回る割引価格で購入できる予定があります

 

 

問題は大麻合法の国が少ない 

 

問題は大麻合法の国が少なく、どこまで流通量を増やせるかです

オンライン販売や割引より、専門家に話せるプラットホームと栽培育成に関する契約内容を登録できるが最大の好奇心を掻き立てられます

生産量に関するいわゆるレシピはブロックチェーン状に記載すればオープンソース誰でも閲覧できるようになり、みんなでレシピを共有すると急速に育成時間その他諸々を改善できますね

なので食品すべてに適用できるきっかけに、大麻コインがなればいいですね

農業が改善しにくい1番の弱点はサイコロを振る回数が少ない

収穫期間が短くなれば、よい製品がたくさん生まれますからね

 

購入は Cryptopia 

 

 

 

www.takeshihattori.club