2016-9-4 糖質制限のおやつに最適な枝豆は大豆とどう違うんだ?

枝豆と大豆は別の製品ではなく単に収穫時期がちがうだけ
 
糖質制限で枝豆や大豆を利用する最大の利点は豆の中に還元糖、アミノ酸、アスコルビン酸
 
大豆を熟成させると甘みが減るから未熟成のまま食べようとしたのが枝豆
 
ようは豆は甘くて糖質が少ないから進んで食べましょう 
 

糖質制限中におやつを食べたくなる時に代表される食品は豆類に代表されるナッツやチーズに枝豆が気軽に食べやすいです


ローソンのふすまパンもおやつには向いているし通販限定になるがプロテインチップスも向いている

 

www.takeshihattori.club

 

 

www.takeshihattori.club

 

スモークチーズもあるしさきいかを利用してもいい


さきいかはサークルKでチーズ をまぶした製品が売っていて美味しいものがある


その中で今回はおやつに手軽に食べれる枝豆をピックアップしたい

 

枝豆の利点は気軽にどこでも購入できる

 

タンパク質ほうふで低糖質

 

入手の難易度でずば抜けています


 
 
 

 

 
 

冷凍枝豆は100g糖質12g

 

f:id:NQC49636:20160829184011j:image

f:id:NQC49636:20160829184048j:image

 

今回使用した枝豆は100g に対して糖質12g とやや多いがたんぱく質10g あっておやつに食べるにはピッタリだ


糖質は多少高いがそれを補うタンパクがあっておやつに食べる糖質制限ダイエットにはうってつけである


今回購入した商品は糖質が高めだが普通の枝豆であると大体100gあたり糖質5gである


大豆と枝豆は別物で甘みとタンパク質が多い


 


 
 
 

 冷凍枝豆は流水で2分解凍OK

f:id:NQC49636:20160829184121j:image

 

冷凍枝豆の解凍するには常温放置しなくても流水解凍が容易なことである


スーパーやコンビニで枝豆持っているし今回利用した冷凍の枝豆であれば流水で2分ほどで解凍することができる


もちろん夏場であるから解凍時間は早いが多少冷凍した状態でもひんやりして美味しく食べることができる


最大のメリットはgあたりの糖質が少ないこと


今回の商品で100g あたり糖質が12g あるがまま枝豆100g 食べるって相当量です


今回量した商品は800g 入っていて100グラム食べるということはこの1/8食べることがある


おやつに枝豆100g ってなかなか食べれませんよ


これだけ食べても今回の商品は糖質12gである従来の枝豆であれば糖質5gですみます


調理も後片付けも簡単で入手先もコンビニやスーパーから幅広く売っています


ほかにもおやつに向いた商品は様々ありますが糖質とタンパクを考えるとベストおやつは枝豆ですね

こんなに便利な枝豆だから大豆麺にも利用されます
 
豆の力はいだいなり