I'll just do it

MacBookのキーボードを捨てるためスマホで音声入力追及中

酔っ払いのざれ言、音声入力最強はGoogleの音声認識を利用したテキストとBluetoothイヤホン

最強の音声入力
 
スマホ用のGoogleドキュメントとBluetoothイヤホン
 
試しに入力してみるとたまらなく快適ですばらしい
 
ウェブ上で行うGoogleドキュメントの音声入力をiPadで行うことにより、寝転びながら歩きながら自分の快適な姿勢で音声入力することができる
 
ブルートゥースイヤホンの性能があってこその温厚です
音声変換精度も悪くはない
 
前回行った実験はMacBook 12からGoogleドキュメントを利用してBluetoothイヤホンで音声入力し、キーボードしながら練習する作業を行ってみた
 
ブログ記事を早く生産するために色々試行錯誤するのが地味に面白いのよ
 
確かに同時に編集することにより文章自体を忘れることがなく編集の精度は上がる
 
ただ同時に音声入力と編集をすることにより文字の生産性が落ちる
 
もちろん文字の生産性をあげるかわりに編集する時間も増えるから相対的に考えないといけない
 
同時に行った方が文章自体の質が上がるのは編集しながら考えているから
 
考えていることはその場で忘れることはないが同時に文字は増えない
 
じゃあ、あーとかえーとか無意味な文字情報を増やせばいいのって考えるかもしれない
 
文字を増やした方がいいと伝えられている風習は捨てた方がいい
 
理由はGoogleに気に入ってもらうために文字を増やしているから
 
ただそんだけ
 
回りくどい言葉でうだうだ言うより結論と理由と何でか?をビシッと伝えれれば問題ない
 
検索順位とかPVとか他人目線で数字は追う必要はない
 
書きたいこと伝えたいことを装飾せずに出すだけ
 
文字数を気にすると回りくどい表現になってしまう
 
伝えたいことではなく主張したいことを書いたり喋ると1夜では足りない
 
書くことではなく喋ると1夜では足りない
 
だって今現在夢中になっていることはどれだけでもしゃべれる
 
競馬時代の自分がその状態
 
どんな馬のこと聞かれても答えれたし勝手にしゃべった
 
それだけ仕入れた情報から考えた知識があったから表現できた
 
物理的に考えればキーボードを叩いたり精度を求めて音声入力をさまようより喋って伝えた方が早い
 
つまり音声入力のデメリットである音声精度に多少目をつぶって、音声入力のメリットである文字の生産力を優先してどんどん頭の中で考えていることを言語化した方が早い
 
考えていないから言語化できない
 
裏を返すと考えていれば言語化できる
 
いわゆるデメリットよりメリットが上回っているから音声入力の多少の誤変換を無視してどんどん音声入力して言語化した方がメリットになるという結論
 
ここで課題になるのがキーボードとフリック入力と音声入力の文字生産量より、
 
音声入力を利用した強制的にテキスト化した文章より動画を介した言葉とどっちが生産性ではなく理解じゃない伝えれるか?
 
動画を圧縮して最短距離で伝えたいと考えているのに文字は生産したいは矛盾している
 
字数の増やし方は簡単でうだうだ喋ればいい
 
そんなことは自分は求めていない
 
濃厚に考えた文章や動画ならどれだけ長くても離脱しない
 
ただね
 
考えようが思わないが口から発した言葉は自分の声であり思考回路なんだ
 
思ってもいなく考えてもいないことは口から出てこない
 
どこかで押し殺したり体裁を考えて言葉を変えているだけでやっぱり思って考えているんだ
 
後は音声入力するアプリやウェブサイトが個人音声の修正をし学習してくれるシステムを発表してくれることを心から望んでいる
 
音声入力変換精度をほぼ0にしてテキスト化できるシステムそれも各個人の癖に合わせた修正
 
AIとかディープラーニングと言わないように
 
高速で言語化できる精度が高いシステムがアプリを通して伝えれると
 
映像だけでない喋って伝えたい動画がテキスト化して
 
動画や写真より文章で理解する方が早い人が動画を見ずとも理解できる
 
なんで早く理解したいかを文章と動画で比較しているのは
 
文字起こしすると意外に娯楽を表面にした動画は文字量が少ない
 
裏を返すと文字量が多いのは理解しにくい情報量(文字)が少ないから
 
動画の言葉を言語化すると実は文字量が多くない
 
魂がのった言葉がちょっとあればいい
 
これって質と量と試行回数の裏返しで数字を求めて文字を増やそうとしてるんでしょ?
 
考えていることを言語化するのが楽しくて楽しくて仕方がない
 
動画で喋った方が早いって考えてFDR-X3000の角度テスト試しながら適当に喋っているけどこれが楽しい
 
数字と売り上げ無視してどっちが早くて最短距離化は実験して答え出したい
 
GoogleとAmazonとFacebookの傘下に入った以上
 
生活に必要なお金は約束されている
 
ただ数字を見比べて改善してニヤニヤする行為は面白い
 
アクセスを増やすことは顧客の要望に答えている状態
 
全ての欲望を
 
増やすことに夢中になるより
 
自分が何をしたいかだけ
 
糖質制限ごはんを試したい
 
糖質制限パンを作りたい
 
防水4Kの360度カメラをブログに埋め込んで全ての情報を共有
 
草刈りバギー(20万)導入してドローン離陸場所の整備
 
エアコンを1日動かせる以上のフレキシブルソーラーパネル導入
 
ウェアラブルカメラでカヌー
 
糖質制限ポテトチップスの開発
 
オンラインでやる方法
 
スマホに触ったことない人の行動をVR発信
 
真夏の薪ストーブ
 
ドローンに360度カメラ
 
IT化した行為を紙に戻す公共機関
 
 

Dragon Dictationの音声入力は早いが早く書くには理由がある

 

 

今まで音声入力はEvernoteで直に行っていた

 

https://www.instagram.com/p/BAmvAXuri5G/

 

 

Dragon Dictationの評判が良く試してみたが、想像以上にレベルが高かった

いい意味でガチで文章を書きたいときには、Evernoteに戻れなくなった
 
滑舌の悪い自分の言葉でもドンドンと入力していける
 
漢字変換の正確さと誤変換によって、後から見直しても自分が何を言っているのかわからない箇所の編集に時間がかかることだけだ

最大の弱点はインターネットにつないでいないと利用できない

Dragon Dictationのレベルが高いのでWindows版を購入しようと思ったぐらいだ
 
MacBook住人だがWindowsを導入していて仮想環境で動かせればDragon Dictationを利用できる
PC版の方が音声入力改善があって、音声入力するごとにどんどん認識率が高くなるらしい
 
iOS版で有料でいいから出してほしい
 
Mac book12ではなくi pad pro9.7で音声入力したいんだ
 
現在はEvernoteに書き留めておいた、0秒思考に沿った内容をDragon Dictationにコピーして音声入力を行う
 
0秒思考で何を書きたいか考えているかが明確になりますよ
一通り音声入力を行った文章をEvernoteにカットペーストして、後に写真をEvernote自体に挿入している
 
それからiPadPro9.7やMacBook12のキーボードを利用して、誤字脱字に間違い変換や太字に文字の大きさを編集していく
 
 
 
今の自分のタイピング技術ではキーボードだけで文章を量産することが難しい
 
発想を逆転して弱みを補わずに強みを強化した早い
 
音声入力が強みとは感じていないが、キーボード入力の遅さは弱点と考えている
 
弱いところは弱いと認めてウィークポイントで勝負しない
 
音声入力をしてみてわかったことは、キーボードであろうと音声であろうと、頭の中で考えがまとまっていないことを文章化もしくは言語化して喋る事ができるわけがない
 
行動には必ず気付きが存在するので、音声入力を試さない理由がない
 
現状はEvernoteからiOS音声入力より、Dragon Dictationの認識が高いから利用しているが、何か違うアイデアがあったり新しい商品があれば試して乗り換えるかもしれない
 
プライドがないから毎日前言撤回して、どんどん改善していく
 
常に何か意見はないか?なぜそうやって考える?行動した後の理由はどうだ?

 
キーボードで早く書けない理由
 
音声入力でも早く書けない理由
 
一発編集なし動画でアウトプットする方法
 
答えは早い音声入力は考ずに喋っている
 
考えていることはどうやって文章表現するかだけ
 
遅いキーボードは文章に考える時間がある
 

文章を書くとは考えること

対策として考えれない事は自分へ問いかける

 

フリック入力でこういう恐ろしい人もいる

結局キーボードだろうがフリック入力だろうが音声入力で喋ろうが、その他のもっと有利な文章変換デバイスが現れても、結局書くということは考えていないことを表現できない

最後にこの問いに真剣に考えると人生楽勝になる

 

Twitterを埋め込んでブログにするのはおすすめしますよ

 

お気に入りやRTにTweetしただけでなく、仕入れた情報をアウトプットすることによって、情報を出力に変換して情報を溜め込むデメリットを防ぐことができますから

 

資本主義を利用してお金を心配しない方法を考えましょー

 

 

 i pad pro 9.7スマートキーボードを試したらタイピングとフリック入力を凌駕する音声入力アプリにたどり着いてしまった

 

 

 

 
 
最初はiPad Pro9.7キーボードレビューを書こうと思ってました
 
藤沢さんのブログを見て気が変わったので変更
 
 
藤沢さんを知ったのはしみさん経由からです
 
 
どういう形か分からないがしみさんがTwitterでフォローして頂きこちらもフォローするようになりました
 
しみさんはなかなか今の組織社会でこういう人材って珍しいすごいなと思ってますマジで
 
きちんと意思がはっきりして柔らかくふわっとしたイメージ
 
Twitterでも酔っ払って何か言った覚えはあります
 

 

 
素直に面白いことを期待しています
 
何とかしみさんに追いつかないとね
 
しみさんのツイートから藤沢さんと知り合いらしい
 
そんな経緯でもないけど藤沢さんの本を読ませていただきレビューしてますよ
 
 
ネタバレになるからいい言えないけど素直に面白い
 
会社員でこのままでいいのかと悩んでいるあなたが見てちょうだい
 
 
 
まずはタイピング
 
藤沢さんと比べてかなり遅いですよね
 
当たり前だけど特にミスタイプが多い
 
藤沢さんのブログでも書かれていたけどキーボードをぱちぱち叩く音で一見早く思えるかもしれない
 
文字数を数字化してみると生産能力が肌でわかる
 
一度文章生産能力を計測してみてはいかが?
 
アウトプットするには文章を書くかしゃべる
 
自分の思いを発信する
 
これだけで成り立つと考えている
 
 
 

f:id:NQC49636:20160421100631j:plain

 
 
 
 
 
次にフリック入力
 
これも藤沢さんと比べるとかなり遅い
 
自分の場合はフリックも遅いしキーボードも遅い
 
キーボードの方がマシなのでキーボードで入力した方がいいという結論
 
で終わったら面白くないよね
 
改善提案は常識を疑わないと生まれてこない
 

f:id:NQC49636:20160421100700p:plain

 
ここで取る方法は2つ
 
まずはキーボードやフリック入力を練習して文字生産量を上げる
 
いわゆる弱点を補って強化する行為
 
じゃなくて別の視点で考えたい
 
弱点を補強するより自分の長所を伸ばした方が早い
 
自分には向いていないと潔く捨てる
 
今から他人と同じ方法を試していて追い越すにはそれ以上の時間を費やさないといけない
 
発想を変えて違う入力方法をGoogleに聞いてみた
 
音声入力だねだって
 
音声で入力することによりしゃべり言葉のごとく文章が書けるここでやらない行為は
 
改行をしない
 
句読点を入れない
 
文章の行間や空白を編集しない
 
漢字の変換も音声入力に任せる
 
接続詞を考えずに無視して音声入力する
 
上記の分野は音声入力には不向きであり
 
不得意な分野は得意な機能に頼ればいい
 
音声入力に求めているのはしゃべり言葉のまま思った気持ちをしゃべる
 
突発に出た言葉は全て自分の気持ちを表していて
 
キーボードを叩いて文章を書くと編集してしまう
 
無意識に言葉を修飾する
 
ノンストップで自分の考えや思いを箇条書きでダーっと書き繋いで
 
後から編集する
 
藤沢さんのブログでハイブリッドって書かれてましたけど
 
自分は音声入力で気持ちを脈略のないまま箇条書きにして
 
後から誤字脱字確認と改行に句読点と空白をスマホシフトに考える
 
編集をキーボードで行った方が現在は気持ちよくやりやすい
 
キーボードで編集時間も計測して生産時間を考えた方がいいですねはい
 
文字や言葉の生産量って全てしゃべり言葉で吐き出してしまえば恐ろしい生産効率になる
 
家族に友達に恋人やそれこそ今日初めて会った人の言葉でさえコンテンツになる
 
それができないのは編集という名の修飾をしてしまう
 
修飾を避けたいために文章を日常の独り言をなぞったのが狙い
 
PVやアフィリエイト対策は抜きにしている
 
瞬間に思ったことを世界に発信してダンスしたい
 
踊れないけど
 
 
 
この動画でも喋ったけど介護施設のおばあがスマホ持って
 
Instagramに投稿できればインスタグランマーになる
 
Instagramとgrandmotherをかけたんだけど
 
SNS発信できない人が発信できる世代になるだけで一気に情報量が広がる
 
畑の耕し方とか年寄りの喫茶とか全部コンテンツになる
 
需要があるかどうかはさておいて
 
みんな自分の身内、特に年寄りがLINEやTwitterしてたらみるじゃん
 
トマト取れたんだベーとか草が抜けないよーとか
 
Vineで流したら見なくない?
 
僕30代だけど20台以下が介護施設に入った時に
 
botで家族と連絡できるのすごくねー?
 
今まで発信できない場所からブログやTwitterが飛んでくるんだよ
 
もっともその時代は今の自分には想像できないSNSを飛び越えた発信ツールがあるはず
 
年寄りのババアがユウチューバーってめっさ面白いだろ
 
発信できることにより
 
発信した場所の情報がわかる
 
震災場所の情報は現地からの発信でしかわからない
 
オナニー報道では理解できない
 
フォロワーとかPVとかはどうでもよくて
 
単純にあなたの場所の生の声が聞きたい
 
不快感を与える救助行為なら改善すればいい
 
結果的にエゴになった行動なら見直せばいい
 
とりあえず思った改善提案を行動してみましょう
 
震災であれボランティアに救助は改善だらけ
 
募金がいいと思ったら募金すればいいし
 
被災地で何かしたいと思ったら被災地に行けばいい
 
とりあえず試して行動すればいい
 
思いがオーバーヒートして相手の手間になるかもしれない
 
でもね
 
被災者も勇気出して世界にカミングアウトして告白してるんだよ
 
常識的生活を一発のアースクエイクでストレスバリバリの非日常生活になった
 
そっから欲しい声って生なんだよ
 
1泊二日のなんちゃってアウトドアキャンプじゃない
 
システムは批判するけど個人は批判しない
 
台風で水浸しになったからわかる
 
毎日楽しいから行きたい
 
 
 
 
 
 
 
 
こっからはおまけ
 
 
 

f:id:NQC49636:20160421100738j:plain

f:id:NQC49636:20160421100754j:plain

 
 
 
動画の際に使用してみて感じたのは予測変換がうっざーい
 
日本語とローマ字変換がやりにくい
 
それがすべてですね
 
文章を音声入力に頼れば編集はiPad Pro 9.7で出来るレベルにはなりました
 
ただやっぱ予測変換と日本語ローマ字変換が生産効率下げまくり
 
ここまで試して結論になったのがMacBook12はやはり必要
 
iPadは本読めことに特化
 
文章ブラウジングはipadしかない
 
 
電話番号しか連絡手段ない人も周りにいるからiPhone 必要
 
ということでアップル3種の神器は健在という結論に戻ってしまいました