I'll just do it

2017-1-10 スマホで空撮できるHoly StoneドローンX300cは12320円

上昇気流に巻き込まれてドローンがドローンしたので買い換えました
(買い換えは不適切だって買い換えた機体がないから)
 

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

 

Holy StoneドローンX300c機体

f:id:NQC49636:20160625215411p:image

 
紛失したF180CKよりX300cは重量がふえ風による安定性が向上しています
 

 

アウトドアにおいては軽さが武器にならない事を痛感

紛失した時に痛感しました
上昇気流にドローンは巻き込まれましたから 
 

スマホでモニター確認できるプロポで操作

f:id:NQC49636:20160625215431p:image

 
最大の特徴はスマホ連動してWi-Fiからカメラの画面を確認できる事と、機体リターンキーがあって左上のボタンを押すだけでプロポまで戻ってきます
 
機体の方向を見失い制御不能状態になれば左上のボタンをポチっと
 
 
 

ドローンがドローンしないために説明書を熟読

f:id:NQC49636:20160625215317j:image

 
習うよりなれろでいつも説明を読まずに操作するくせがあります
 
ドローン重要ポイントは無風状態でまっすぐ上昇させることを最初に叩き込む
 
上下前後にレバー操作するためにペアリングをキッチリと行うことが大切です
 
ペアリングが重要すぎます
2回言いました 
 
 

ウェアラブルカメラHXA-500から見たドローン

f:id:NQC49636:20160625215322j:image

 
そうかいなながめ
 
俺もドローンに乗って空を飛びたい
 
 

機体のカメラ

f:id:NQC49636:20160625215327j:image

 
左手の親指部分がカメラになります
 
余談話ですけどX300cドローンに最軽量HXA1-HーDウェアラブルカメラをつけて飛ばしましたが上昇しませんでした
 
カメラ重量を持ち上げる馬力がなかったんでしょう
馬力ではないけど
 
 
 

ドローン操縦をだいぶ理解してきた

f:id:NQC49636:20160625215332j:image

 
ドローンを操縦するたびに理解してきました
 
ドローン必勝法は進行方向を自分に対して垂直にすること
 
慣れてきたら反対向きにドローンの操作を行う
 
ドローンの反対向き操作ができれば上位機種のとっても大丈夫だ
Googleが教えてくれました
 
ドローンがどの方角に頭を向けているかを体が理解しているかが大事
 
繰り返して慣れるしかないね
面白いからバッテリーが切れるまで飛ばしてますよ
 

スマホのリモコンかっこえーだろ

f:id:NQC49636:20160625215338j:image

 
高城剛さんの表紙を見てプロポにIpadの姿に憧れていました

 

www.takeshihattori.club

  

iPhone5sを長らく使用していませんでしたがドローンの空撮ようになりました
 
Wi-Fi連動でiPhone5sの画面をみてドローンのカメラを確認できます
だがiPhone5sを見て操縦する余裕がありません
 
まだまだドローンを目視なしで操作できる操縦レベルでない
 
 
 
 

バッテリー交換して説明書おさらい

f:id:NQC49636:20160625215344j:image

 
まっすぐ飛んでいないのでドローンリターンが機能していない
 
説明書を読んでペアリングする方法を確認中です
 
本来は説明書を読んでから操作しますよね
予備知識になし試して失敗は早くする
 
説明書を読んでも失敗はします
失敗の定義は人それぞれですが早く失敗したいんです
 
グーグル検索と一緒で調べてから行動するのではない
行動して失敗してから調べる
 
人生と一緒
 
 
マニュアルは自分で作る
 
少しドヤ顔しておく
 
 
 
 

ドローンはまっすぐ飛ばす位置決めが重要

f:id:NQC49636:20160625215351j:image

 
説明書を読んだら最初にまっすぐドローンを飛ばしてペアリングを行う
 
X300cはプロポ右上のボタンを長押ししてプロポのデジタル表示が点滅します
 
自分とX300cが垂直に向き合って真っ直ぐ飛ばします
次にプロポ左右のレバーを右下に同時に押す
 
軽く飛ばしてプロポ左上の機体リターンキーを押して自分の位置に戻ってくるかを確認します
 
これさえ行えばバンゲリングベイ状態を回避できる
 
 
 
 

ペアリング重要

f:id:NQC49636:20160625215355j:image

 
ペアリングを行うとまっすぐ飛ばすことができました 
だがドローンは風を読まないといけない
 
200g以下のX300cは軽い機体で風速3mを越えると流されてしまう
 
カサを強風に対して歩いている自分を想像してほしい
 
強風に対して逆向きになればカサがひっくり返されカサの骨が折れてしまう
 
ドローンもいっちょ(一緒)
 
ゴルフでグリーンの芝を読むように風を読んでこそドローンマスター
 
 
 

Holy StoneドローンX300cはスマホに動画保存できます

f:id:NQC49636:20160625215401j:image

 
 
F180CKは機体のSDカードに動画保存です
X300cはスマホに保存される
やっほい
 
X300cドローン機体に保存されるわけでない
スマホから動画編集してアップロードできます
 
スマホ時代はWi-Fi連動が必須で
 
スマホ保存するとSNS投稿がかんたんですね
 
FacebookがInstagramを買収したのも先見の明
 
顔だして投稿しまくりな人は承認欲が強いからどんどん投稿する
 
スマホWi-Fi連動の改善対策はインストールからログインまでにFacebookやGoogleにTwitterアカウントを利用して簡単にログインできることが条件
 
メールアドレス登録はぜったにウザい
 
たぶんこいつは酔っ払っているからシュッと早送り
 
 
まじめにドローンの出力が下げれること操縦がかんたんになります
 
  
プロポの右下ダイヤル出力調整を下げるとドローンがドローンした自分でも簡単に飛ばすことができる
 
ドローンのスピードを下げれるんです
 
うまく飛ばしたいのでX300cの動画を見まくって知りました
 
先は酔っ払ってっるぽいので無視して
 
ドローンは農業にも戦争にも国家にも警備にも建築物にも最先端
 
だって蜂の巣退治したり、爆弾運んだり、国内リサーチしたり、建物内の警備調査したり、運べる重量と的確な輸送力
 
ここにフレキシブルすぎるソーラーパネルを完備してリチウム電池以上の消費電力低下システムが備えれば
 
太陽光で永遠に空を飛べる
 
空を電気の力だけで飛べる時代が来ているのではない
 
技術を追求したから太陽光で空を飛べるんだ
 
飛ぶと跳ねるは共に瞬間的に空を飛ぶ
 
滞空時間が違うだけ
 
なんで空を飛ぶことを追求するの?
 
決まってるでしょ?
 
人間の非常識で非日常だから求めるだけ
 
非日常が日常になったら面白くない
 
アウトドアが日常になって飽きてきたから非日常空間を求めてさまよう
 

 

 

適当にドローンと電気に喧嘩売ってます

 

挑戦者の醍醐味は相手が見えないほど面白い

 

だって負けまくって失敗の数だけ相手は高い位置に立ってしまったから

 

そりゃ挑戦したいだろ?

 

認識されていなないInternet以上のdroneだって一緒だぜ

 
永遠にダンス

 

Holy StoneX300cドローンは空を電気で飛ぶから面白いんだ 

 

 
ドローンにふれてからワクワク感が止まらない
 
空が飛べるとだけで一気に遊び広がる
 
ドローンの燃料ではなくバッテリーの電気だけでオフグリッド向き
 
ソーラードローンも数千万の視野に入ってきて不動産買うくらいならソーラードローンを選ぶ

未来のオフグリッドになるソーラードローンをテストに成功しました

 

 

おれが訳したからあてにするなよ

 

簡単に言うとカーボンファイバー製の無人航空機のソーラードローンはインターネットによる暗号化のセキュリティをそなえ5時間の飛行に成功しました

パネーよ

現実的な話をしてみると自動化運転が進んでソーラードローンが成功し車体価格が300万以下でトヨタでもいいから発売できるとほしくないですか?

 

サラリーマンにも買える車体価格じゃないですか?

 

テスラとソーラーシティの屋根埋め込みソーラパネルも期待しているけど

 

オフグリッド的には1回ソーラーパネルから離れて別の発想で電気を作る試行が必要だと考えている

 

ソーラーパネルはどこまでいっても足し算でしか電気を増やせないから

 

電気を掛け算で増やすと原発の話になってしまうんだけど

 

とりあえずソーラードローンのニュースはうれしいよ

 

常識から外れなければ革命的なサービスとデバイスは生まれないのだ

 

 

 

NASA has successfully tested a solar-powered electric drone known as the Silent Falcon. The drone, is designed for numerous commercial, public safety, military and security applications, including NASA’s Unmanned Aircraft System Traffic Management (UTM) system.

NASAはサイレントファルコンとして知られている太陽電池式のドローンをテストしました

ドローンはNASA無人航空機システム交通管理(UTM)システムを含む多数の商業安全軍事セキュリティーアプリケーション用に設計しています

 

 

The project is a result of NASA and the FAA’s collaboration to identify ways to safely enable large-scale Unmanned Aircraft System (UAS) operations in low altitudes. The tests focused on the ability to alert and inform airspace users of potential dangers and situations that go BVLOS (beyond visual line of sight) as well as within VLOS (visual line of sight).

プロジェクトが安全に大規模な無人航空機システム(UAS)低い山での操作を可能にする方法を識別するためにNASAとFAAのコラボレーションの結果です

視界の視線を超えて視野外に行く可能性や危険性の空をユーザーに警告し通知する機能に焦点を当てたテスト

 

The drone, known as the Silent Falcon, has a carbon fiber composite structure that provides durability while flying in all types of conditions, as well as for launch and recovery. It’s also very lightweight for ease of transport and in-air maneuverability.

だけでなくサイレントファルコンと知られるドローンはカーボンファイバー製の構造で飛行中は全てのタイプの状況で打ち上げと回収を行います

とても軽い機体は移動を簡単にし操縦を楽にします

 

The Silent Falcon’s solar electric propulsion systems gives it the unique ability to stay in the air for 5+ hours depending on environmental conditions. Once the Silent Falcon reaches 100 meters, it’s effectively undetectable. With an internet connection on the ground, users can provide secure and encrypted data to anyone, anywhere in the world on a private Silent Falcon communication network.

サイレントファルコンのソーラーシステムは他にはない環境の条件を頼りに5時間以上飛行可能です

サイレントファルコンが100mにたっすると検索不可能を効率的にします

地上でインターネットにつながっている間はユーザーはセキュリティが守られるのと暗号化したデーターをサイレントファルコンに送れます

“We are extremely fortunate to be a part of this very important project – both in the actual flight operations, as well as the development of the UTM software,” said John Brown, Silent Falcon UAS Technologies President and CEO. “This project is extremely important to the UAS industry and is of particular interest to us as we manufacture a long-range, long-endurance fixed-wing UAS that was designed for BVLOS applications.”

 

重要なプロジェクトに関わったことがうれしく操縦とともにUTMソフトウェアジョンブラウン社長もしくはCEOは言っています

このプロジェクトはUAS業界にとってとても重要で個人として興味があり使うためと同様に長い間忍耐強く治しました

ソーラーファルコンが視界外でも適用するためにです

 

空を飛ぶだけに魅力を持つのかは人間自体が空を飛べないから
 
後は一番可能性を感じている電気だけで飛ぶことが可能
 
電気は水と空気を除けば代替燃料になる
 
太陽の力で蓄え技術の進化に欠かせない存在
 
X300cは航空規制に縛られない200g以下
 
電気だけで15分飛行可能(バッテリー2個入れ替え)
 
空を飛ぶ夢の序章としては十分な性能だ
 

  

 
 
 

ドローン200g規制と未来

f:id:NQC49636:20160711213725j:image

  
HX-A1H-Dで撮った写真でブログを書きました
アップロードした動画を捨ててしまってyoutube からダウンロードしました
 
写真を抜いた後😱
 
写真の粗が悪い
 
写真のミスは終わってドローン飛行場へ
 
現状200g以上のドローンは自由に飛ばせられません
 
人の多い場所でドローンついらくがあると人の安全が守れない
日本はドローンの重量200gを基準に航空を規制しています
 
車の歴史と同じようにドローンも安全を改善した未来は
ドローンが車と一緒で1人1台の時代になるはずだ
 
現状は400万の車を保有するくらいなら20万のドローンを保有していた方がよっぽど面白い
 
いや保有するならソーラードローンの3000万だ
 
とにかくドローンに関しては急速な成長のスピードを感じている
 
日本はドローンを必要としないのは触った回数が少なから
流通の配送を改善するにはドローンが必要と考えます
 
 
物流、農業、不動産、技術、移動、輸送、の分野を空が飛べるだけで常識をひっくり返せる
 
電気で空が飛べるなんてマジで面白いよ
 
あとは運べる重量と飛行時間だけ
 
 
 
 

ソーラードローンが一人一台になると生活が変わる

f:id:NQC49636:20160711213721j:image

文章も動画も見直さないのはおまえの悪いくせだぞ 
ただドローンを飛ばした動画だけは数回見ている
 
見直して書き直して質をあげろ
 
 

www.youtube.com

 

 

高所恐怖症はドローン目線で空をながめると怖い
空を飛んで移動時間を短縮してワープするのが本当に夢なんだ
ドラえもんのタケコプターやどこでもドアに近いイメージ
ただ遠くへかんたんに安全に移動したい
WiFi回線が海の上でも安定が条件だがソーラー充電でドローンを飛べるのは最高だろう
 
ソーラードローンとインターネット回線研究が進んでプロトタイプが出る
WiFi回線が空や海の上で捕獲可能が条件だが
ソーラードローンが1000万でなく100万単位で購入できる時代は来たら最高じゃない
 
車を買うがごとにソーラードローンが自家用車になる
つまり自分で飛ばして自宅まで帰ってくる
駐車場の問題はあるが電気で空飛ぶ追求のため無視する
 
電気で空飛ぶ時が訪れると法的規制や交通規制が当然必要になる
 
空を移動すると移動時間を短縮できるのでワクワクする
 
旅以外の時間を全く無駄な時間で非効率で極まりないと思っている
 
そんな無駄な移動時間を空に移動することによって大幅に短縮することができる
 
ソーラードローンがある程度現実的になると
 
通勤や満員電車の問題も解消されて働き方が変わってくる
 
都会から短時間で田舎へ移動して仕事できる時代はくる
 
ソーラードローン存在すると生活があっさり変化する
 
 
 
 

ドローンで世界一周

f:id:NQC49636:20160711213729j:image

 
 
私のムーヴ
 
これから稼いだ金でキャンピングカーの製作を考えている
最初は北海道ぐるっと一周して走りたい
 
行ったことない東北で遊んでそのままずーっと南下して沖縄で乗り捨てる
 
南の離島を巡ってから真っ先にフィリピンに飛んで世界一周してみようと考えている
 
ドローンで世界一周が面白い
旅のカメラ代わりにPhantom4持って行くのはスマホ持ってくのと同じぐらいの時代になるはず
俺はドロンマスターになる