I'll just do it

アイコンのバイク用ヘルメットが欲しいのでカナダから代行業者を利用した個人輸入方法Icon Airframe Sauvetage Helmet

 
輸入代行を手伝った話です
 
ことの始まりはIcon Airframe Sauvetage Helmetが売っていない
Icon社の奇抜なデザインのヘルメット
 
国内で探しても売っている店が1件しかなくその店はぼったくり価格で商品も存在しないらしい
 
Amazonでの空売りですね
 
業者名は伏せておきます
 
海外個人輸入、特にAmazonを利用して転売をを行っていたので空売りの理屈は理解している
 
どうしてもそのヘルメットが欲しいというので、英語表記で調べるばいいんじゃないの?って調べた結果からCANADAS MOTARCYCLEにたどり着きました
まぁ大体のお店は海外発送はしてくれません
 
個人輸入すればいいんじゃないのって言ったけど、やり方がわからないからやってくれて丸投げされた
 
教えるからほんとは自分でやってほしかったんだけど
 
記事を書くネタにもなるしやらない理由はないということで、カナダからヘルメットを個人輸入した経緯を紹介します
 
 
 
 

Icon Airframe Sauvetage Helmetを売っていそうな国内の業者はAmazonと楽天だけ

 
国内の業者はネットで調べたらしくAmazonと楽天に商品表記があるとのことでした
 
楽天は電話で問い合わせてもまた1週間ぐらいに聞いてくれとの返答
 
そんな不毛な電話のやりとりするくらいならとっとと海外から買ったほうが早いでしょって言った
 
Amazonは定価2万5,000位の商品をぼったくり価格で6万5,000で販売していた
 
代行手数料と送料含めれば2万位かかるから、合計5万円位なら買いじゃないの?をアドバイスしました
 
諦め切れないのはわかるけど買ってしまったほうが早く個人輸入すればいいと伝えました
 
商品購入の決断力は生産力に影響するから、失敗してもとっと決断したほうがトータルとして早いことを体で理解しないといけない
 
 
 

ぼったくりAmazonでもレビューが悪く売っていない

 
国内Amazonではレビューが悪く買うのは不安だとの連絡を受けて、空売りしてんじゃないのと伝えました
 
空売りとは持ってない商品を出品して売れてから商品を手配する
 
この場合には6万5,000のヘルメットが売れれば海外輸入して1万の利ザヤを上げようという転売方法
 
空売りは商品価値をリサーチする時にもよく使用します
 
ブログに例えますが、はてなブログで同じ記事を書けばPV100万、ライブドアブログで同じ記事書いたらPV10万としたらどっちにブログ書きますか?
 
そこまでの販売価格の差は生まれないと思うかもしれませんが、販売するプラットホームよって値段は異なります
 
極端に言うと国内のAmazonと海外のAmazonでは全然値段が違います
 
国内でもA社を利用して販売するのとB社を利用して販売する差額が1万以上出るならあなたはどうします?
 
さらにつき進むと販売価格が上下変動するもの、つまりプレミアがついたり価値が出るものは販売経験を積んでいくと推測で値段が分かるようになります
 
値段が下がる商品はカラで高めの価格設定で売っといて反対に値段が高くなる商品は買い占めておく
 
みんなが身近に行っている仕事と置き換えても一緒です
 
 

アメリカのAmazonでも売ってない

 
国内で売ってないものはあっさりと海外で探せばいい
 
アメリカ含めて海外Amazonのアカウントは数カ国保有しています
 
と同時に商品名がわかってるんだから、英語でそのまま入れてどんどん検索していけばいいです
 
全くわからない国の情報調べる時の必勝法
 
その国の言語で調べてGoogle翻訳で日本語に変換する
 
正しい文法がぐちゃぐちゃで直訳されていてわかりにくい日本語になりますが、6割理解できれば伝えたいことはだいたいわかります
 
さすがに学んだことのない国の言語調べるのはきついと思うかもしれませんが、香港やタイではその手で乗り切りました
 
英語表記のない国に行くときつくなるかもしれませんが、ウェブ上で他国を検索するだけにはこれで十分です
 
インターネット他国と考えている時点で鎖国
 
国境の壁はインターネットが破壊しています
 
余談話ですけど昔ヤフオクで飯島愛のDVDを売った時に外国人が絶対に発送してください
全部発想の仕方を伝えます
 
送料も金額も余分に払います
 
どうしても欲しくてファンですから発送してください
 
それがきっかけで海外発送覚えました
 
何でもやってみるもんだね
 
エロの力は偉大だよ
 
 
 
 
 
 

カナダのサイトで3店舗ほど在庫ある

 
とういうことで検索していくと3店舗ほどありました
 
アメリカのAmazonにもなくカナダのAmazonにもなくあるサイトが検索から引っかかりました
 
値段も手頃ということもありますが同時にグローブほしいということでこのサイトにしました
 
2013年のバージョンであり在庫が少ないこともありますが、デザインが奇抜で多分購入する人がいないんでしょうか?
 
実際に届いた商品を確認していますが日本では中々かぶって運転する人は勇気があると思いません
 
こんな目立つヘルメットをかぶっていれば、スクーターを乗っていても個人を特定され誰だか一発で正体がばれてしまいます
 
いかにもなんか外国らしい奇抜なデザインだと思いました
 
おれは素顔で勝負したい
 
海外発送はしていなく、やはり個人輸入を使わざるを得ない
 
ここで海外発送できるのかは全部だめでした
 
調べ方は在庫をカートに突っ込んで決済終了まで進みました
 
どっちみち海外発送できないんだから決済最後ではじかれる
 
商品購入の際に海外発送否かを表示している店舗や個人サイトは少ないです
 
あなたが電子書籍やBASEにNoteをやっていれば理解できるでしょう
 
そのまま決済進んで発送してくれるならそのまま購入すればいい
 
大体が海外発送をしてくれる業者は少ないので代行輸入という手段にしました
 
最初の個人輸入業者はカナダに対応していない
 
カナダ代行で検索したら海外発送してくれる業者を見つけ問い合わせ
 
問い合わせ見積もりの連絡はスムーズで問題点は自分の住所記載を伝え忘れただけです
 
輸入代行業者が指示を求めたのはヘルメットとグローブ2点の商品を注文している
 
ことにより片方しか注文できないときはどうするのか?の問い合わせだけでした
 
やはりこの手の輸入代行業者は話の早さが武器なので基本的に指示待ち、つまりクラウドソージングの外注先に位置している
 
実際に自分はPowerHouseの個人輸入でバッテリーの容量規制にひっかかって失敗しましたが、これからは海外製品を購入する機会が増えるはずです
なぜなら技術の進化が日本以外の方が早く魅力的で斬新な商品が多いからです
 
ソーラーパネルだって圧倒的にアリババで調べたほうが様々な品数が豊富
 
ドローンの改造だって香港行ったほうがいいし脱獄だってタイのMBKの中でやってもらえる
 
日本の技術が進まないのは研究者の不足は研究者にお金を払えないのではなく、どこまでもギークになれる人が少ない
 
自分の人生つまりリソースを全て興味の対象につぎ込めるか否かだけ
 
数十年試行回数を増やすと狂ったアイディアが生まれるけど、残念ながら一般の会社に属して自分で考えずに賃金で時間を縛られると、会社の枠でしか考えれない
 
あとは金髪の女でも抱いて考えればいい
 
思いっきり飛ぶメールはスパムの宝庫なので今後はLINEやFacebookTwitterでこういった外注のやりとりがなされるはず
 
って言い出すとchatbotになってしまう
 
 
 

店舗からカナダの輸入代行業者は時間がかかる

 
5月14日に輸入代行業者から販売店への注文確認はできたので、ここから体輸入代行業者店舗へ発送するのに約1週間程の連絡をいただきました
 
実際に到着したのは5月25日ですから納期はそれほどずれてないです
 
カナダの販売店から代行業者の倉庫まで送るのにカナダ国内でこんなに時間がかかるんですね
 
ちょっとここら辺は無知でした
 
輸入代行業者から日本へは2〜3日
 
5月26日に依頼した輸入代行業者の倉庫から発送メールをいただきました
 
5日位かかるかと踏んでいましたが、ヤマト運輸で発送により2日5月28日土曜日に到着いたしました
 
 

商品到着

 
無事に5月28日商品が到着し中身も不備のない状態でした
 
これは現地で輸入代行業者が商品確認を行っているものと思われます
 
送料が安かったということで差額の返金が4,000ほどありました
 
以上こんな感じで2週間ほどかけてヘルメットとグローブを海外輸入しました
 
国内で日本代理店がなく販売価格は高かったりする商品は海外輸入してみるのも1つの選択肢です
 
商品価格+1万あれば海外の商品は購入することができます
 
国によっては商品価格は違いますから送料込みでも安く買える品物もあります
 
そういう商品が転売商品になるんです
 
販売店の国の言語がわからなくても輸入代行業者を利用して購入することもできますし、海外発送していただける店舗なら自分で直接購入することもできます
 
当たり前だがAmazonもグローバル化していて購入できない国の商品を探すほうが難しいです
 
最近いろんな商品を買い換えたりしてヤフオクに出品していて感じますのが昔ほどYahoo市場に力がないと思っています
 
アリババで調べたほうが商品も豊富です
日本にない商品それだけ市場が国内シフトではなく海外シフトに向かっていると感じました
 
昔なんかApple製品をヤフオクで出せばすぐ中国人が飛んできましたが今ではそんな現象が起こりませんでした
 
海外輸入してこうやって世界の市場を実感できることができました
 
行動することにメリットしかないからいろいろやってみる
 
と同時に世界を見たいために転売にも手を出そうかななんて思った瞬間でした
 
海外輸入の参考に1つでもなれば嬉しいです
 
今は海外輸入するより輸出したほうが利ざやはでます