優しいってどういうこと?人に優しくなれる方法

 

題名の通り、定時退社後の施設訪問に行った

 

通常は11時20時出勤であるから、朝の9時とかに施設へ行ける

 

理由はそのあたりの時間が少しゆっくりと喋れる

 

それにあいつの行事もないからリハビリの邪魔をしなくていい

 

午前中はその時間以外はほぼリハビリ行事がありあいつの妨げになる

 

退職に向けての有休消化を調整しているから、火木曜日を出勤日にあてている

 

引き継ぎのためのその両日は、応援に来てもらっている人へ教え伝えている

 

それが昨日決まったから施設訪問時間を火木曜日にシフト変更した

 

あいつに伝えたら、一応納得したみたいで

 

逆に夜遅い時は来なくていいよとか

 

朝もいいよみたいなことを言っていた

 

歯が抜けたまま
 
 
今日の嬉しかったこと
 
引き継ぎしているからなるべく自分が仕事をしなほうがいいから雑巾掛けや窓拭きなど
 
掃除をしていた
 
その際、帰り際にずっと座ってていいから適当でいいですよと言われた
 
 
仕事終了時間17時30分だが、それまでに終了したため
 
タイムカードを押しといてあげると言ってもらえた
 
 
ぬるま湯に浸かっていて成長できない環境だが
 
気持ちはものすっごい感謝している
 
母親も会社に拾ってもらってって言っていて
 
辞めるのがもったいないと言っている
 
だけど人と違うことをやる時に反対意見は出て当たり前
 
それが次へ進んでいる証拠なんだ
 
今日やったことは、伝票きったのとモップがけに窓掃除、雑巾掛けだけ
 
これで普通のサラリーマンの1日分以上給料が発生する
 
それも6時間も働いでいない
 
上記がうらやましいと思った人は
 
会社に依存しています
 
逆の発想ができないのがダメ
 
6時間も無駄に時間を使わされて2万もない賃金で組織に束縛されているの?
 
俺ならそう考えました
 
ただ掃除だけは時間かけてもいいからきっちりやりなさい
 
雑巾やほうきだけでなくパソコン内の掃除に
 
写真保存や無駄なアプリにいらないデバイス
 
片付けるためには捨てる
 
思ったことはすぐやる
 
 
優しさとは言いにくいことをズバッと言うことだ
 
今の俺はそれが簡単にできる
 
会社を辞めるから後先考えない意味ではない
 
離れて客観的に見て常識的に矛盾だらけだからなんだ
 
空気は簡単に読めるけど、その空気に従う理由がない
 
空気は他人が作った世間一般常識でサラリーマン以外の人とはかけ離れている
 
他人というけど上司や難しい人の動向を伺うのは自分本位で考えていない
 
他人思考の中に自分を置いている
 
いい加減にだだくさに自分勝手にやれと言っているのではない
 
 
 
やりたいことを速攻でやるのが職業
 
やりたくないことを定時でやるのが仕事
 
異論は認めない
 
そこに発生するキーワードはお金
 
つまり世間での物々交換の通過
 
お金を得るために『仕事』してるけど
 
お金が定期的に入ってきたら『仕事』しないのかい?
 
そこんとこよくかんがえてみな?
 
人生の暇つぶしに仕事してるんじゃないよ?
 
1日24時間は大統領もテロリストも平等だ
 
何で今やりたいことをやらないの?
 
 
 
俺は施設に行って歯抜けばばあを見て
 
太陽と雲を見ながら食事し、英文ひたすら読んで
 
20時以降は先の職業の創作発信をし
 
生産効率ゼロで利益発生していないけど
 
全く心折れず毎日書きまくり?
 
23時からは夜バーベキューをして酔っ払い
 
24時にはシンデレラが来るから就寝したふりして
 
1時には酔っ払ってくるくるぱーでどっかで寝ている
 
こんな生活に自信を持って生きている
 
英語学習が終わればスペイン語やプログラミング言語って
 
おまえら言えるかい?
 
明日が最後の日であるかのように生きたい
 
 
今やりたいことをただやるだけなんです
 
それはあなたの心が知っている
 
それを世間から評価されることを恐れないで
 
簡単です
 
ただやるだけ
 
I”ll Just do it