2019/5/22 しぶとい ビットフィネックスとイーサフィネックスが IEO プラットフォーム Tokinex スタートなどニュースまとめ

f:id:NQC49636:20190522190746j:plain

 


2019/5/22 しぶとい ビットフィネックスとイーサフィネックスが IEO プラットフォーム Tokinex スタートなどニュースまとめ

航空会社のブロックチェーン導入

f:id:NQC49636:20190521235159j:plain

人類の進歩と技術が私たちの日常生活の多くの一部となり

技術革新を追求する方法について

倫理的な障害物を思いつくしています

 

データ処理に関するスキャンダルは

プライバシーに関して全人口を怖がらせておいます

 
 

Facebookのスキャンダル、Huaweiの5g

監視資本主義の急増から

 

それが醜くなる前にデータ分配に関する方向変化の時です

 

ブロックチェーン側面に入る前に

インターネット発明への歴史的な道を下っていく

短い道に連れて行きましょう

 

インターネットは、科学者、エンジニア、およびプログラマーによって

情報のオンラインネットワークを作成するために

行われた数十年にわたる研究の成果です

 

1990年代になって初めて

一般の人々がインターネットを利用して

世界中の人々とのつながりを許可しました

 

年月が経つにつれ企業はこの技術を利用して

ユーザーはほとんど何でもGoogleとYahooからインスタント情報を入手し

どこからでもAmazon本を購入し

世界中の友人や家族と連絡を取り合うFacebookができます

 

インターネットのサクセスストーリーは

今日において世界で最も強力な企業の一部です

 
 

現在これらの企業の中には

データを長年にわたって新しい商品と見なしているものがあります

 

インターネット企業は無料でサービスを提供することで

ユーザーデータを長年にわたって収益化してきました

 

それに対してお金を払っていないのであれば製品です

と言っているように

 

多くのインターネット企業は

ビジネスモデルをユーザーを中心に展開し

その過程で数十億ドルを稼いでいます

 

多くの企業がフリーミアム戦略に追いついて

ユーザーのデータを利用する新しいモデルを試しています

 

将来の世代にとってはインターネットが

インフラストラクチャと貴重な情報をやり取りするように作られていないため

大きな問題になる可能性があります

 

世界中の何十億もの人々がインターネットを介して接続し

毎日数十億のデータ要求が処理されています

 

要求の規模に応じるために企業はデータを1か所にまとめて保管します

 

問題は悪意ある当事者がデータセンターにアクセスしようとすると

何百万という貴重なデータポイント侵害の可能性があります

 

サイバーセキュリティの予算が大きいなら誰にでも起こり得ます

 

あらゆる業界の企業、何百万もの人々が影響を受けました

 

ブロックチェーンとは

 

ブロックチェーンは必ずしもお互いを知っているとは限らない

当事者によって行われたトランザクションを

提案、実行、保存、記録、および配布するテクノロジです

 

各取引は2つの当事者間ブロック単位で累積され

各当事者が取引のコピーを取得したときに

特定の取引が行われたことを確認するため

また誰かのため三方会計システムを作成します

 

各コピーがプロポーザルと一致する場合

トランザクションは承認されています

 

ネットワークすべての人が過去にアクセスできるため

歴史を変えることは不可能であり

技術を検閲抵抗力があり不変にする

 

まとめるとブロックチェーンは

自分の仕事としてネットワークにリソースを提供する

ノードとして機能する正直なバリデータを動機付けるための

合意メカニズムを提供します

 

取引を提案する唯一の方法は

アカウント所有者の同意があることです

 

ブロックチェーンは真のデジタル主権が本物になる可能性があります

 

Bitcoinはネットワークを運用するために中央エンティティを必要としないため

最初のブロックチェーンベースアプリケーションに成功しました

 

実際その10年間でネットワークは決して失敗しませんでした

 

航空会社にブロックチェーンが必要なのはなぜですか?

 

ユーザーが自分のデジタル資産と

個人データを管理する世界に住んでいると想像してください

 

エアラインの顧客はデータが本当に所有されているため

ブロックチェーンテクノロジの恩恵を受けとれます

 

航空会社がクライアントデータにアクセスする必要ある場合

トランザクションを開始できるのは顧客だけなので

クライアント自体が会社に同意する必要があります

 

たとえば航空会社の顧客がフライトに搭乗していて

顔認識テクノロジがそのフライトへのアクセスを許可するために使用されていることに気付い時がありました

 

その航空会社は手順に従う許可を求めませんでした

しかしそのエアラインはブロックチェーンシステムを使用するでしょう

 

飛行の前にデータへのアクセスを許可するように

乗客に頼む必要がありますからね

 

このようにして将来の乗客は

ビジネスをしている会社がデータをどのように取り扱うかについて誠実で

信頼できそして透明である安心感を持つだろう

 

乗客はブロックチェーンエクスプローラでもデータ処理を確認できます

 

これは初期の技術なので最善の解決策を試すために

まだテストされるべき多くのシステムがあります

 

あるいはブロックチェーンが本当に最善のアプローチであるなら

 

テクノロジーが急速に発展している今

データ処理システムのアップグレードが必要です

 
 

Huaweiをめぐる議論にもかかわらずやってくる5Gはブロックチェーンと連携できる

f:id:NQC49636:20190521233212j:plain

テレコムは5Gについての熱い議論し

現時点で興味深い局面です

 

5Gに関してはかなりの問題があり

使用を止めようとする政治家が

国家安全保障違反に対する責任を負う可能性にますます警戒するようになり

起こり得る欠点を無視するのは困難です

 

しかし議論の余地がないブロックチェーン導入が

テレコムのため一つの道です

 

ブロックチェーンが通信にもたらす潜在的な利点を分析するには

検討する価値が2つの重要な分野にあります

 

 

最大の利益のため商品化の可能性

 

分散化された性質はプライバシー、ユーザビリティ、アクセシビリティ

およびセキュリティ問題へ潜在的に取り組んでいます

 

ブロックチェーンの強み

 

分散元帳テクノロジとも呼ばれるブロックチェーンは分散化されているため

改ざんや遡及的な変更が困難です

 

テレコム向けのブロックチェーンアプリケーション関心は

高まると予想します

 

テレコムにとって単一の中央当局がなくても

データ登録および記録できる不変情報の元帳を作成する機会は

請求および電子取引の効率を改善およびスピードアップするだけでなく

インフラストラクチャの運用コストにつながります

 

さらに暗号化によって強化したブロックチェーンアーキテクチャは

信頼を引き出しプライバシーとセキュリティに関して

ビジネスを後押しできます

 

現在のさばっているハッカー攻撃の巧妙さと速度を考えると

コミュニケーションサービスプロバイダーにとって緊急の要件です

 

ローミングサービス、アイデンティティ管理

および電子商取引とモバイル決済システムの両方で

ブロックチェーンを実装することから最も恩恵を受ける人は

通信インフラストラクチャプロバイダー、アプリ開発者ですね

 

ブロックチェーンが主要な通信分野でどのように機能するかの例

 

 

ブロックチェーンベースのID管理

 

ブロックチェーンとID管理は完璧なパートナーシップです

 

本人確認は多層化されて扱いにくく間違いを起こしやすいです

 

1億4800万人の個人情報が盗まれたEquifaxを覚えていますか?

 

ブロックチェーンはスマートコントラクトに

固有のID番号を発行することによって盗難の可能性を排除でき

CSPにとって重要です

 

国境を越えたボーダレスで安全な識別システムの見通しは

テレコムにとって魅力的な見通しです

 

さらにブロックチェーンは

シンプルで安全な方法でユーザを認証する手段を提供し

キャリアへより費用対効果の高いレガシーシステムを見直す機会を

提供できます

 

ブロックチェーン国際ローミングシステムと料金

 

ローミング料金はCSPと消費者にとって常に課題でした

 

ブロックチェーンは解決を約束します

 

テレコムのブロックチェーンは

大企業のリソースを使用できる小規模の携帯電話事業者に

グローバル通信マーケットを開放するための

ブロックチェーン対応システムを開発して

事業者は加入者基盤を拡大できます

 

ハイブリッドブロックチェーンの作成には

国境を越えた加入者認証などの目的に適した

一般向けの要素とバックエンド要素の両方を含めます

 

小売は費用のかかるスマートコントラクトをスタートして

長期間の支払い清算や国内外の通信事業者間やり取りを必要とせず

ローミングサービスを消費者に現地料金で提供できます

 

キャリアと消費者は

ブロックチェーンベースのマーケットを通じて直接つながり

加入者は一時的に地元企業の顧客になり

プラットフォームで利用可能なプランや価格から選択できます

 

プリペイドプランは

プラットフォーム上のスマートコントラクトによっても提供できます

 

収益を最大化するという観点からブロックチェーン利点をまとめると

ブロックチェーンとスマートコントラクトのアプリケーションには

加入者認証、アカウントセキュリティの向上、ローミング契約

およびモバイルトランザクションを含みます

 

さらに分散元帳テクノロジは正しく実装すると

迅速な取引と運用コストを削減するため

費用対効果の高い方法を提供できます

 

ブロックチェーンと5G

 

5Gとは何か議論の余地がない人のため

可能性とそのマイナス面についておさらいしましょう

 

5Gはモバイルネットワークの次世代です

 

それは4Gから5Gが約束する大きな飛躍です

 

基本的に5Gは現代社会のデータと接続性の非常に大きな成長

何十億もの接続された機器によるIoT

そして明日のイノベーションに対応するよう設計しています

 

現在開発中で2020年からの実用化に向けて試作が進められて

2025年までに5Gサービスの普及を見込こんでいます

 

より速い接続とより大きな容量を提供することに加えて

5Gの非常に重要なメリットは速い応答時間です

 

たとえば3Gネットワ​​ークの応答時間は100ミリ秒

4Gは30ミリ秒

5Gは1ミリ秒です

 

これは事実上瞬時に接続アプリケーションの新しい世界を切り開きます

 

このスピード達成と

5Gはコミュニティをつなぐ音声とデータを送受信するために

電波または無線周波数エネルギーを使います

 

IoTマシン間通信は

これまでにない規模で何十億ものデバイスを

人の介入なしに接続可能を含みます

 

モバイルブロードバンドの強化

新しいアプリケーションには

家庭用の固定ワイヤレスインターネットアクセス

ブロードキャストを必要としない屋外ブロードキャストアプリケーション

および移動中における人々のため優れた接続性を含みます

 

デバイスや産業用ロボットのリアルタイム制御を可能にするより高速な通信

および遠隔医療や手順の可能性もありますね

 

5Gは明日のスマートシティ、スマートホーム

スマートスクールでつながりを保ち

まだ考えていない機会を可能にします

 

5Gに反対するのはなぜですか?

 

以前モバイルブロードバンドネットワークは

人々の接続に焦点を当てていましたが

5Gはマシンの接続に焦点を当てています

 

5Gの背後にある考え方はいくつかの低域および中域の周波数に加えて

30GHzから300GHzの間の極度に高い周波数の使用です

 

しかし建物、木や植物はこれらの周波数を吸収します

 

もっと多くのセルタワーが必要になるでしょう

 

 

5Gの政治的および倫理的側面

 

 

データの保存とプライバシーに関して

つながりのある世界には政治的な影響があります

 

5Gの世界で考えられるシナリオは次のとおりです

 

舗装自体は歩いている速度、心拍数、はいている靴

歩いているルートを追跡します

 

データを収集して

それからどのサービスサプライヤ

または政府機関がビッグデータとして構わないと思っている方に渡す手段として

 

政治家たちが示唆しているように

ナイキは何人の人が靴を履いて歩いているかを追跡し

グーグルマップは歩く速度を追跡し

AからBへの個別ルートを提供します

 

そのため政治的な観点からすると

データをどのように使用したいのかいつどこで使用するのかについて

多くの法律が必要になり議論や議論が多くなります

 

 

5Gで政府がファーウェイを禁止しているのはなぜですか

 

国家安全保障と関係があるのはそれだけです

 

現時点で5Gについての多くの議論は

中国の通信大手Huaweiを中心とするメディアの嵐によって覆い隠されています

 

トランプ大統領はファーウェイに対する国家緊急事態を宣言したばかりであり

アメリカ企業はファーウェイ部品を使用することを許可されていない

 

Huaweiはスパイ活動に関与したことがない

技術が中国によって

意図的にハッキングされることを許可したことは一度もないと語っています

 

オランダではモバイルネットワークで

Huawei社のハードウェアとソフトウェアを使用しているテレコムが

中国に顧客データへ裏口を与え

それを地政学的影響をもたらす喫煙銃と説明しています

 

オーストラリア、ニュージーランド、および日本は

Huaweiがすでに5Gネットワ​​ークからの参加を禁止しています

 

現時点では真の5Gサプライヤは1つだけでそれがHuaweiです

 

他の企業は追いつく必要があります

 

しかし確かな事実が1つあります

 

Huaweiをめぐる議論にもかかわらず5Gがやってくる

 

よりコスト効率の良いサービスを提供するために

5Gとブロックチェーンで連携できる

 

5Gによるブロックチェーンメリット

 

5GがIoT導入を推進し

IoTデバイスはセキュリティの層として

ブロックチェーンを利用する声があります

 

しかしW3Cはすでにブロックチェーンで使用している

公開鍵と秘密鍵のペアにより高いセキュリティを提供するため

DNSとHTTPを保​​護しています

 

ブロックチェーンがより速い速度で動作するならば

データの配信にはブロックチェーンを使うほうがよい

 

5Gを介してデバイスを接続する際の主なボトルネックは

安全性に関する懸念に関連して

ブロックチェーンが非常に役立つ可能性があります

 

不変の改ざん防止記録を提供する

ブロックチェーンの高セキュリティシステムのおかげで

偽造やハッキング問題は簡単に処理できます

 

しかしブロックチェーンにはセキュリティ上の役割があります

 

各デバイスはそれぞれ独自のブロックチェーンアドレスを持ち

その特定アドレスに従って登録できるため

他のデバイスから身元を保護できます

 

ブロックチェーンは5Gの次のロールアウトで

オペレータを支援する

 

Huawei現在進行中のブロックチェーンプロジェクトは

分散システムの使用や待ち時間少ない計算ノード使用など

5Gアーキテクチャとよく一致しています

 

ブロックチェーンは基盤となるプロセスを単純化することで

既存のアーキテクチャを改善し

分散管理システムによるリソース割り当ても改善します

 

通信におけるブロックチェーンの経済的利益

 

テレコム企業にとって最も重要なことのは

競争の激しいマーケットでイノベーションすると同時に

コスト削減です

 

それはスマートコントラクトが

コスト削減の鍵と考えています

 

請求、ローミング、サプライチェーン管理などの社内業務で

 

ローミングに関連するすべての請求を処理するため

スマートコントラクト使用によって

電話会社は詐欺的なトラフィックに対する防止のため

多くのお金を節約できます

 

ブロックチェーンによりテレコムは

多数の新しい収益源を提供できます

 

デジタル資産取引、音楽、携帯ゲームなどのマイクロペイメント

 

デジタルID認証、電話会社はID認証サービスを提供できます

 

コラボレーションのためのエコシステム

 

通信業界は広告とIoTにおいて

デジタルサービス新時代を迎える絶好の機会があります

 

IoTデバイスは2020年までに1000億ドル規模の産業になると見込まれて

動作するには何百万ものマシンツーマシン支払いが必要になります

 

これはブロックチェーンを使用しているテレコムが

セキュリティ、アクセシビリティ、低コスト

そして新しい収益源の進化を確実にしながらクリーンアップできる場所です

 

 

2019/5/21 ESRC によると Kimsuky がオペレーションフェイクストライカー行なったなどニュースまとめ

f:id:NQC49636:20190521194746j:plain


2019/5/21 ESRC によると Kimsuky がオペレーションフェイクストライカー行なったなどニュースまとめ

偶像を描いたブロックチェーンの神話と誤解

f:id:NQC49636:20190520234014j:plain


 

仮想通貨は10年前からマーケットに出回っています

 

実行可能な支払い手段としてフィアットの仲間入りしました

 

しかしクリプトが伝統的な通貨に対して提供する利点をもってしても

多くの人はそれらに対して熱心ではありません

 

どうして?

 

この質問に対する唯一の答えはありませんが

理由の1つに仮想通貨と基盤になるテクノロジーに関する誤った考えである

ブロックチェーンです

 

親しみやすさは軽蔑を育てるので

多くの親しみやすさと十分な情報がないため

仮想通貨についての誤解が生じています

 

そのためBitcoinやアルトコインについての

最も一般的な神話や誤解を避けるために時間をかけました

 

準備はいいですか?

 

それでは行きましょう

 

 

 

クリプトはフィアット通貨の代替品です

 

テレビがラジオを殺すと考えられていた時代がありました

 

アメリカドルは金に代わると予想されていました

 

現代においては仮想通貨が国内通貨の代わりになると言われています

 

間違ったやり方をしないでください

 

可能性が起こることにオールインしていますが

真実としてフィアット通貨がすぐにどこにも行きません

 

仮想通貨での支払いは本当にシームレスな経験です

 

プリペイド暗号カードにロードするか

インスタントペイアウトサービスを使用して

通常の銀行カードに直接キャッシュアウトできます

 

しかし世界中の多くの人々が伝統的な国内通貨に頼り続けています

 

ブラジルは強い現金依存の好例です

 

昨年ブラジル中央銀行は

労働力の半分近くが現金で支払いを受け続けていることを明らかにした

報告を発表しました

 

それだけではありません

 

小規模および中小企業を支援するブラジルのサービスによる追加調査は

地元企業の60%が

カード決済を可能にするPOS端末を持っていない事実を概説しました

 

Bitcoinは匿名です

 

Bitcoinは個人情報を提供せずに資金を移動することが可能であるため

匿名と呼ばれることがよくあります

 

しかし完全に真実ではありません

 

Bitcoinを仮名として考えるべきです

 

各トランザクションはウォレットアドレス下のブロックチェーンに登録されます

 

そのアドレスが本当のアイデンティティにリンクされているならば

露出されています

 

さらに身元を追跡するために政府や金融機関によって使用され

違法行為のためブロックチェーンフォレンジックを提供する

高度な手段があります

 

たとえばMoneroとDashは保有者により高い匿名性を提供するため

最良のプライバシーコインと見なされています

 

Moneroの場合トランザクションはランダムな金額に分割され

ステルスアドレス間で混在するため

実際の発信元を追跡は不可能です

 

仮想通貨に固有の価値はありません

ある投資家は次のように述べています

 

さてフィアット通貨が本質的な価値を持っていると思いますか?

 

貿易とお金の世界ではほとんど何もありません

 

国によって発行されたフィアットマネー価値は

政府によって固定された支援に大きく依存します

 

ビットコインはドルやユーロとは異なり

供給が限られています

 

簡単に操作することはできないため

確かにその点に問題があります

 

少し停止してBitcoinとcryptoが実際にお金の属性に適合するかどうか確認します

 

  • 受け入れ可能性

 

お金はほとんどの人に受け入れられる必要があります

 

Crypteriumカードのようなソリューションのおかげにより

世界中で仮想通貨を使えます

 

 

  • 希少性

 

通貨に価値があるためには制限されるべきです

 

2100万ビットコインしか採掘されないならば

供給が確かに限られていることを意味する

 

  • 交換可能

 

アメリカドル、ユーロ、イギリスポンドなどと同様に

アルトコインに対して仮想通貨を交換できます

 

 

  • 譲渡性

 

ブロックチェーン技術は仮想通貨を国際的に送受信するための

最も簡単で最速であり安価な方法です

 

  • 耐久性

 

仮想通貨は分散型ネットワークに保存され

ネットワークがアクティブである限り寿命が保証されます

 

  • 分割可能

 

便利に仮想通貨の端数を購入できるため

0.001ビットコインを購入できるからです

仮想通貨は課税できない

リヒテンシュタイン、オランダなど一部の国は

仮想通貨に税を課していませんが

他の国は仮想通貨に関連する政府の弧へ必要な貢献について

納税者に警告しています

 

仮想通貨に対する課税は

各国がデジタル資産をどのように認識しているかによって異なります

 

たとえば、イギリス、アメリカ、オーストラリアでは

キャピタルゲインとして課税されます

 

一方ドイツでは購入しているか売却しているかによって

課税が異なります

 

 

仮想通貨は違法です

 

1970年代になってメデジンカルテル

(歴史上最大の組織化された薬物カルテルの1つ)  は

1日当たり6,000万ドルの薬物利益を生み出していました

 

ドルは違法な通貨になりますか?

 

犯罪者が特定の通貨を使用しているという事実が

違法にすることはありません

 

しかしクリプトが違法取引と密接に関連しているのは事実です

 

例えばオーストラリアの調査ではビットコイン取引の46%が

違法な活動に関与している事実が明らかになりました

 

しかし違法取引にのみ使用されるという意味でなく

違法取引には他のフィアット通貨も使用できます

 

政府は仮想通貨を閉鎖できます

 

仮想通貨は分散型ネットワークでホストされているため

解体または逮捕する特定の人物はいません

 

これが起こりうる唯一の方法は

インターネットインフラストラクチャ全体が

シャットダウンされた場合だけです

 

ビットコインはブロックチェーン

 

Bitcoinは仮想通貨であり

他のクリプト同様にブロックチェーンで実行します

 

ブロックチェーンはビットコインと同じものではありません

 

ブロックチェーンは財務だけでなく

さまざまな業界で使用されている分散元帳テクノロジです

 

ビットコインを電車と仮定すると

ブロックチェーンが電車の線路です

 

前述のようにブロックチェーンを使用すると

情報を分散データベースに格納できます

 

仮想通貨はブロックチェーンがネットワーク開発のため

マイナーに提供する報酬です

 

現在までに1500以上の利用可能なコインがあり

それぞれの後ろにブロックチェーンが存在します

 

そうは言ってもブロックチェーンは

クリプト以外のコンテキストでも存在できると結論付けます

 

ただし暗号はブロックチェーンの外には存在できません

 

クリプトマーケットはバブルです

 

 

資産が数日で半減するのを見るとバブルが頭に浮かびます

 

しかしバブルは必ずしも悪くありません

 

実際バブルが大量採用を促進する力を持っているとき

90年代にドットコムやインターネットのバブルで起こったように

 

一旦バブルが破裂すると

 

それはマーケットが特定のプレーヤー

特に強い価値提案のないプレーヤーを取り除くためマーケットが助けます

 

仮想通貨マーケットは投機的なバブルを経験していますが

相場考察の移動平均線角度とローソク足乖離の通り

 

現在は長期ロングトレンドに入って1ヶ月がたちました