I'll just do it

焼豚に味付けた65g炭水化物4.2g直火で仕上げた豚バラ焼き豚ローソンより

既存の商品かと思いローソンのホームページ見たら新商品。直火で仕上げた豚バラ焼き豚を買ってみました

100g換算の糖質は10gをきっているも砂糖とでん粉があるため糖質はそれほど低くありません

ローソンは甘味料で糖質を下げる傾向がなくまた日持ちの問題もあるため砂糖使用は避けて通れません

 

しかし柔らかい歯ごたえと内容量65g炭水化物4.2gと低糖質の部類に近くメリットは調理せずに食べることができます

さらに1枚1枚が細く切ったのでブランパンにはさんでもオススメ

そんな直火で仕上げた豚バラ焼き豚の紹介

 

 

 

65g炭水化物4.2g直火で仕上げた豚バラ焼き豚

f:id:NQC49636:20170419111830j:image f:id:NQC49636:20170419111835j:image

205円

発売ローソン

 

 

原材料名

f:id:NQC49636:20170419111845j:image

豚肉、砂糖、植物性たんぱく、しょうゆ、食塩、ホエイパウダー、加工でん粉、調味料、pH調整剤、カラメル色素、ピロリン酸Na、グリシン(1分に卵、乳成分、小麦、大豆、豚肉を含む)

 

日持ちさせないといけないので砂糖を使うのはわかりエリスリトールを使っても良いのではと思ったがローソンは人工甘味料を使わない方針なのでね

エリスリトールは天然甘味料だけどさ

 

 

栄養成分表示65g

f:id:NQC49636:20170419111850j:image

熱量174kcal

たんぱく質9.9g

脂質13.1g

炭水化物4.2g

食塩相当量1.7g

 

そうだよなぁやっぱり砂糖を使っていれば6.5gに対して炭水化物4.2gあるから低糖質に近い部類かな?

保存方法を考えると豚バラで低糖質にするならやはり砂糖の代わりの甘味料が必要だすね

まあ肉のタレやつなぎは糖質の誤差の範囲と考えています

 

 

食べた感想

f:id:NQC49636:20170420183424j:image

 

f:id:NQC49636:20170420183431j:image

 

f:id:NQC49636:20170420183437j:image

 

f:id:NQC49636:20170420183443j:image

 

f:id:NQC49636:20170420183451j:image

 

f:id:NQC49636:20170420183455j:image 

65gといえど細かく切って枚数を増やしてあるから量が多く感じましたね

甘味が効いて歯ごたえが柔らかくウォッカにぴったりでした

またブランパンや低糖質パンとも相性が良くたまごサラダと一緒にはさんで食べてもおいしいですよ

からあげクンやハムより小さいのでパンに挟んだりサラダにあえたりするのにぴったりです

 

ローソンは甘味料で糖質を下げるやり方ではない

他社がエリスリトールなどで焼豚やハンバーグの糖質を下げた製品を発売すると面白そう

すまり1社が発売すれば他社も競争して真似してくるはずだから誰も試みてないものを作ってみて欲しいですね

いや単に自炊して自分で作る時間を考えると買った方が早いからコンビニに求めているんですよ

この手の製品はどこのコンビニやスーパーでもほぼ品揃えがあるからチャンスだと思うんですけどね

手間ひまをかけずに簡単に食べれる焼き豚ですが甘味料の工夫をしてもう一声糖質を下げてほしいと感じました

 

ローソンセレクト豚バラ焼き豚65g