I'll just do it

2/9 BTCの送金手数料0.0005BTCで10分送金可能、NEMハッカーはYoubitで換金 

 

コインチェックハックを胡散臭い取引所で換金

パクっても価値のない暗号通貨なら、資金洗浄できないよ

 

 

相場

 

暗号通貨 

 

f:id:NQC49636:20180209184422j:image 

 

ジリっぽい上げ相場もコインチェック出金ので来週から復活しそう

自動売買が何とか形になってチャートの基本を学ぶ一方、暗号通貨には今までのチャート読みの常識はあんまり通じないみたい

 

本日主要銘柄送金してみると、0.0005BTCでも送金10分かからず送金つまりはない様子

ETHは以前よりはやく、取引所の手数料が高いだけでガスは少ない

BCHとBTCがかわらないスピードで、これくらいのスピードなら十分送金に使え国内通貨のかわりにできると感じた

もちろん価格上昇していない理由があります

 

国内通貨 

 

 f:id:NQC49636:20180209184413j:image

f:id:NQC49636:20180209184405j:image 

 

f:id:NQC49636:20180209184358j:image

 

ダウが下げて全体的に為替株価に影響

Tetherが黒だと暗号通貨より、国内通貨に被害でそうですね

 

 

お気に入り銘柄

 

f:id:NQC49636:20180209184345j:image

f:id:NQC49636:20180209184338j:image

f:id:NQC49636:20180209184331j:image

f:id:NQC49636:20180209184325j:image

f:id:NQC49636:20180209184317j:image 

 

調べたお気に入り銘柄は買い増したい一方、手持ちの暗号通貨から購入すれば税金かかるし何よりETH手放すならETH買い増しを選ぶ

魅力的な銘柄多い中ほとんどがERC-20ベースで、ETHを上回る強力な材料がなかなか出てこないから

天秤にかけたらETHを選ぶNEOと比較してもです

 

 

ポートフォリオ

 

f:id:NQC49636:20180209184313j:image

 

 

ポートフォリオは含み損3割ほど

 

利確税金に影響出ないよう実験的に自動売買を開始

1日500円程度の利益なら雑費所得で年間20万いかないため、税金払わなくていいからです

 

 

暗号通貨ニュース

 

コインチェック2月13日日本円出金再開

 

 

NEMの補償金でない一方、日本円出金を開始発表

他の高額コインは移動させて、2次災害対策をした

ゲスの勘ぐりで不正流出とソースもないに発言しないように心がけている

 

 

 

コインチェックNEMはYobitで換金

 

 

 

 

 

 

 

ツイートからソースを含めて考えてください

 

 

金融庁がZife、GMOコインに立ち入り監査

 

 

ZaifGMOコイン2社との記事

 

みなし業者は金融庁登録は評価があると思わせる一方、許可制にせず資本金少ない取引所が乱立した韓国を考えると、管理する金融庁も技術武装しなくてはいけない

中央管理から分散するブロックチェーンを扱う取引所に、直接訪れて調べる行動に疑問

 

 

 

世界の大手保険会社が暗号通貨の盗難保険に乗り出す

 

 

Chubbはスイスにあり54ヶ国に展開する保険会社

XL Groupは世界的な保険会社

 

XL Group、Chubb、三井住友海上火災保険に限るも、他の数社も検討しているとロイターの表明

 

技術者が集った保険コインなら、ハック含めた技術サポートができる

サイバー保険対策は技術の戦いな一方、ブロックチェーンを利用した保険システムは期待できる

 

 

気になったニュース

 

NYダウ1000以上下落

 

 

株、国内通貨、日経やダウなどは政策含めたグチャグチャの思惑込みで操作できるから、価格は指標

暗号通貨は政策で操作できず感情だけで動く幅にも限界があり、大幅下落しても思惑ある政策で価格を維持しないのが特徴

 

理由は分散だから

 

ツイッター初の黒字

 

 

英語物語や暗号通貨ニュースと、どれほどツイッターでググるのに助けられたか

GoogleよりSEO対策がいいねとリツイートしかなく、速効性の情報はググるより光速

黒字にするには、経費の高い人件費削減をしたと想像

 

 

Amazon2時間以内に宅配テキサス州でスタート

 

 

プライム会員に2時間配達予定しAmazonアプリを利用して注文可能

 

どの国も都会からスタートで田舎まで手が回らない一方、勝間さんのAmazonフレッシュ記事を読めば利用できる地域ならぜひ利用したいと思わせる

 

 

一言

手を動かせ