I'll just do it

75g7本入り 糖質45.3g マンナンヒカリ 大塚食品

マンナンヒカリは75g糖質45gほどあり、一見すると低糖質とは言えません

 

しかし1合の水分量で炊くと250g近くになり100g換算すれば、マンナンご飯より低糖質が証明できました

デンプンが入っているのでこんにゃく米単体で炊いた味では超えられない壁があり、各所にあるグルコマンナンのプチプチ食感がなければマンナンご飯に匹敵する味ですよ

 

こんにゃく部分の味を消す方法は、卵かけご飯やカレーにカニ玉やチーズリゾットなどトロミのあるルーをかければ、食べてわからない感触になりました

炊く際の水分量を調整や水分を多く吸収するうるち米を入れて混ぜて炊くなど、まだまだ水分量と混ぜる米にこんにゃく米と混ぜて炊くなどの研究余地はかなり残されています

 

1食250gをマンナンヒカリで食べるのではなく3食に分ければ、1食80g糖質18gなら1十分ご飯の代わりとして使える数字になりましたね

食感はこんにゃく米のみ以上マンナンご飯以下で、水気を増やしてもデンプンが吸収するので米に近い食感ですよ

 

そんなマンナンヒカリを研究していく過程の紹介

新しく試したら追記していきますよ

 

 

 

 

 

75g7本入り 糖質45.3g マンナンヒカリ 大塚食品 

f:id:NQC49636:20170907173756j:image 

f:id:NQC49636:20170907173750j:image 

426円

大塚食品

 

 

 

 

原材料

f:id:NQC49636:20170907173741j:image 

でんぷん、食物繊維(ポリデキストロース、セルロース)、オリゴ糖、デキストリン、グルコマンナン、グルコン酸Ca、増粘剤(昆布類粘質物)、調味料(有機酸)

 

マンナンヒカリ単体を見みると、こんにゃくのグルコマンナンだけでなく、デンプンを利用しているんですね?

そこにポリデキストロースとデキストリンが入って、こんにゃくよりどちらかと言うと食物繊維で糖質を下げているラインナップです

つなぎにデンプンを残しているし、こんにゃく米とは明らかに別物と考えて良さそうですね

 


栄養成分表示75g1本あたり

f:id:NQC49636:20170907173730j:image

 

エネルギー 187Kcal

たんぱく質 0.2g

脂質 0.3g

糖質 44.4g

食物繊維 20.6g

ナトリウム 111mg

食塩相当量0.3g

 

見て納得いかないのが、75gで糖質40g以上あります

マンナンヒカリ75gと米を混ぜて1合炊いたマンナンご飯は糖質30gほどです

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

それよりマンナンヒカリ単体に糖質が高いのはおかしいので、ググって調べても明確な情報は出ませんでした

 

マンナンヒカリの特徴は、普通の米よりサイズが小さく炊きあがると膨らんで普通の米より大きくなります

普通の米に比べて水分があり、内容量が増えるはずですよね

ならばマンナンヒカリの炊き上がりを測ってみようと、次回に試しました

 

炊き上げ方法

 f:id:NQC49636:20170907173706j:image

 f:id:NQC49636:20170907173659j:image

f:id:NQC49636:20170907173649j:image

 

33%カロリーカットが、マンナンご飯と=の炊き上げ割合です

なのでズボラにマンナンヒカリを食べたい人は、素直にマンナンご飯をオススメしますよ

マンナンご飯は、水分を吸収するデンプンのうるち米が特徴です

 

 

中身

 f:id:NQC49636:20170907173638j:image

f:id:NQC49636:20170907173633j:image 

f:id:NQC49636:20170907173618j:image

 

75gは意外に量があり、炊飯器に入れるとこんな状態でした

こんにゃくのグルコマンナンを使っても、特に感じる匂いはありませんでしたよ

水分がないのもあるが、こんにゃく米とは明らかに弾力と硬さが違いますね

 

 f:id:NQC49636:20170907173613j:image

f:id:NQC49636:20170907173610j:image 

f:id:NQC49636:20170907173600j:image 

比較対象は、これが普通の米です

確かにググった情報から、ふつうの米は炊き上げ前の粒がマンナンヒカリより大きいですね

 

 

水に浸す 

f:id:NQC49636:20170907173553j:image

f:id:NQC49636:20170907173551j:image

 

ググると水を多めにしマンナンヒカリのみで炊いたら失敗で、チャーハンにしてもまずいと言う情報があったので、水をかなり控えめにしました

失敗して焦げてもいい覚悟ですね 

 

しかしグルコマンナン単体のみでなく、デンプンやポリデキストロースが入って多少水分が多くても炊き上げると思うのですが?

理由は水分を吸収する成分があるからです

こんにゃく米とはかなり勝手が違って、かなり米に近い手応えでした

 

 

 

炊き上げ完了

 f:id:NQC49636:20170907173241j:image

f:id:NQC49636:20170907173235j:image 

f:id:NQC49636:20170907173226j:image 

 

こんにゃく米と一緒の炊き上げ時間でやってみました

結果はデンプンがある影響か?水分をもう少し増やしてもいい位でしたね

理由はおこげになって、色が変わっている場所があるからです

それに水々しくなく、パサパサに炊き上がりましたからね

 

食べた感想

 f:id:NQC49636:20170907173220j:image

 f:id:NQC49636:20170907173213j:image

f:id:NQC49636:20170907173207j:image

 

f:id:NQC49636:20170907173200j:image

 

水気が全くなく、むしろおこげになっている箇所がカリッとし、こんにゃく米より確実に米に近い食感でしたよ

デンプンが入っている通り、炊飯器からしゃもじですくうと炊飯器にマンナンヒカリがひっつきましたからね

 

低糖質ご飯らしく食卓便の低糖質弁当で食べました

f:id:NQC49636:20170907173158j:image

 

f:id:NQC49636:20170907172839j:image

f:id:NQC49636:20170907172834j:image 

 

 

f:id:NQC49636:20170907172824j:image 

 

f:id:NQC49636:20170907172819j:image

 

 

f:id:NQC49636:20170907170646j:image

 

 f:id:NQC49636:20170907170641j:image

 

ご飯単体ではさすがに寂しい食感も、おかずや特に味付けたタレをかけて食べるとかなりご飯の感触に近いくなりますよ

 

おかずと食べれば十分にご飯の代わりに使える有効なな食材になった、マンナンヒカリは炊きあがったgを測って100g換算の糖質を調べるだけですね

マンナンヒカリ75gご飯は普通の米と炊くとご飯2合分、つまり300gになります

ならば米1合150gほどあり、マンナンヒカリ75gは炊き上がると150g、つまり倍になるはずですね?

 

机上の理論ではマンナンヒカリは炊き上がると150g以上糖質45gほどなら、100g換算すれば糖質30gのマンナンご飯と計算が合わなくなります

とりあえず今回のように水分量を絞った状態と、多めにした状態で計測してみるだけですね

 

 

マンナンヒカリを1合分の水分量350gで炊くと75gから240gの米になりました

 f:id:NQC49636:20170911172831j:image

 

マンナンヒカリのみで測ってみれば、誤差の範囲で77gでした

ソーラースケールは電池がなしでも室内の明かりで2Kまで計測でき軽く、内容量が書いていない食材の計測にピッタリですよ

 

 

f:id:NQC49636:20170911172807j:image 

f:id:NQC49636:20170911172805j:image 

f:id:NQC49636:20170911172826j:image

 

マンナンヒカリを炊く容器が約655g

 

f:id:NQC49636:20170911172725j:image 

f:id:NQC49636:20170911172720j:image 

f:id:NQC49636:20170911172710j:image 

f:id:NQC49636:20170911172702j:image 

 

そこに1合サイズの水を入れて計ると1Kでした

前回はほぼ水なしで炊いているので、水なしのマンナンヒカリは300g低くなる想定ですね

理由は1合サイズの水を入れると、350gの水分だからです

 

f:id:NQC49636:20170911172656j:image 

f:id:NQC49636:20170911172646j:image 

 

マンナンヒカリを入れる茶碗を先に計測すると約250gでした

 

350gの水分で75gのマンナンヒカリを炊いて完成

 

f:id:NQC49636:20170911172632j:image 

 

 f:id:NQC49636:20170911172625j:image

f:id:NQC49636:20170911172623j:image 

f:id:NQC49636:20170911172620j:image 

 

1号サイズの分量つまり350gの水で炊き上げたマンナンヒカリは、水分量が多い感じはなくむしろ水々しくふっくらとしていましたよ

水気多くベトベトしたり、匂いは切ありませんでしたからね

 

350gの水で炊くと75gのマンナンヒカリは240gになりました 

f:id:NQC49636:20170911172615j:image 

 

f:id:NQC49636:20170911172613j:image

f:id:NQC49636:20170911172610j:image 

 

茶碗に入れたマンナンヒカリのみで炊いたご飯を計測すれば約490gです

茶碗の250gを引いた1号サイズの水分量で炊いたマンナンご飯は、約240gになりました

1合サイズに利用した350gの水分量が、マンナンヒカリに吸収され約160gつまり半分ほどの計算ですね

 

これ以上水分を増やすと、ググッた情報からベチャベチャになって失敗とありました

理由はマンナンヒカリが、すべて水分を吸収するデンプンがないからですね

 

75gのマンナンヒカリが糖質50g近くあるが、1合サイズ350gの水分で炊けば240gになり、100g換算の糖質は17gほどになりますね

マンナンヒカリ33%とうるち米を混ぜたマンナンご飯より、100グラム換算の糖質10gほど低くなりました

 

結果からの改善案は普通の米の方はマンナンヒカリよりデンプンが多く水分の吸収量が高いため、多少普通の米を増やして水分を大幅に増やすなど工夫すれば、内容量を増やして低糖質のマンナン混ぜご飯ができそうですね

いずれにせよ水分量は試して、内容量が限りなく増えそしてよりおいしい水分量を探るしかありません

 

 

水分350gで炊いて食べた感想

f:id:NQC49636:20170911172514j:image 

f:id:NQC49636:20170911172510j:image 

 

f:id:NQC49636:20170911172456j:image 

 f:id:NQC49636:20170911172451j:image

 

確かに水分を増やすと炊いた容器の底に、でんぷんがきっちりついていました

水分を極度に減らしたマンナンヒカリとは別物で、水々しく仕上がります

 

ただどうしても要所要所に、グルコマンナンが入ったこんにゃく米独特のプチプチした小さい弾力の食感が食べるとわかりましたね

こんにゃく米は水分を増やしてもデンプンがないので吸収しないため、やはりご飯の食感を出すには多少のデンプンが必要でした

 

限りなくご飯に近い食感で内容量250g近くあるなら、1食を半分にすれば糖質も半分になります

糖質15g程度なら、ご飯の代わりに利用できる可能な数字ですね

ストイックにご飯を求めると、これ位の水分量で炊いたマンナンヒカリを1日3食で分けてご飯の代わりに食べれば、1日の糖質50g以下で3食分のご飯が補いますよ

1色換算の糖質15gなら妥協の範囲です

 

 

 

 

プチプチしたグルコマンナンの食感を隠すには卵かけご飯が最適

f:id:NQC49636:20170911172443j:image 

 

 

f:id:NQC49636:20170911172440j:image

 

f:id:NQC49636:20170911172436j:image

 

カレーやチーズリゾット、かに玉などがマンナンヒカリに合うはずで、何か甘みのあるタレをかけると一気にプチプチしたグルコマンナンの食感がごまかせます

これはマンナンご飯では感じなかった食感で、おそらくマンナンヒカリのみで炊いたからグルコマンナンが強調されたんでしょう

 

地鶏の卵を使って寺岡家のたまごにかける醤油を使えば、普通の米を食べている食感でしたよ

 

内容量は水分を吸収して250g近くあり、水分量で内容量を増やせるのもデンプンが入ったマンナンヒカリの特徴ですね

 

水分量や混ぜるご飯は、研究の余地がかなりありそうです

  • ストイックに行くならマンナンヒカリとこんにゃく米を混ぜて、もっと100g換算の糖質を下げる
  • 反対に普通の米やマンナンご飯のように、うるち米を利用して水分を多めに炊き吸収させ内容量増やす

うるち米は普通の米と違って水分を吸収するデンプンが2〜3割ほど入っているから、水分をより多く含んで100g換算の糖質を下げやすいからです

 

こののあたりを試し、色んなこんにゃく米や吸収しやすいでんぷんを探してきますよ

ゆるい糖質制限なら炊いたマンナンヒカリを1食で食べずに、小分けすれば十分利用できることを証明できました

こんにゃく米よりは明らかに上の食感で、グルコマンナンのプチプチさえなければマンナンご飯に近い味わいでしたよ