I'll just do it

低糖質なのにトロミとゴロッとした牛肉あり 内容量150g 糖質7g からだシフト 糖質コントロール ビーフカレー  宮島醤油

からだシフトのビーフカレーは主に甘味料で糖質を下げげ、他の低糖質カレーより糖質が若干高いも既存のカレーに近いトロミがメリットですね

なのでスープカレーでなくこってりとしたトロミがあり、ゴロッとした牛肉も入っているのでそのまま食べても満足できる味ですよ

市販のカレーライスは1食の炭水化物、100g以上になるんです

 

しかし低糖質麺を利用してカレーパスタにしたり、からだシフトから出ている低糖質ご飯を利用すれば低糖質カレーが可能です

麺なら糖質20グラム以下ご飯なら糖質45g以下で、カレーパスタやカレーライスが既存の味に近く食べられますよ

 

田舎のコンビニで販売されて、もちろんアマゾンでも購入できるから買いだめして利便性は高い商品ですね

たまにカレーライスが食べたい、そんな時はからだシフトのカレーシリーズに逃げてはいかが?

他にもカレーは種類があり、そばうどんもあります

低糖質ご飯はなんといっても、こんにゃくを混ぜていないご飯だから満足背が高いですよ

そんなビーフカレーを紹介

 

内容量150g 糖質7g からだシフト 糖質コントロール ビーフカレー  宮島醤油

 

f:id:NQC49636:20171106184105j:image

 

製造   三菱食品と宮島醤油の共同開発食品

販売   宮島醤油

ブランド    からだシフト

価格    291円

 

 

 

 

 

原材料名

 

f:id:NQC49636:20171106184054j:image

 

牛肉、ソテーオニオン、ビーフ調味エキス、固形トマト、ブイヨン、カレー粉、トマトペースト、中濃ソース、バター、異性化液糖、マンゴチャツネ、野菜調味エキス、香辛料、生姜、バナナピューレ、おろしにんにく加工品、チキン調味パウダー、たん白加水分解物、食塩、ローストオニオンペースト、増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、酸味料、甘味料(ステビア)、香辛料抽出物、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・りんごを含む)

 

糖質30%オフのうたい文句あり、原材料をながめてみると甘味料だけで糖質を下げているのかな?

カレーはどうしてもトロミのあるデンプンを使うので、糖質を食物繊維に置き換えた材料があると想像したが?

とりあえず栄養成分表示を見てみましょう

 

 

栄養成分表示 150gあたり

 

f:id:NQC49636:20171106184042j:image

 

エネルギー 183kcal

たんぱく質 9.2g

脂質 12.6g

炭水化物 9.7g

糖質 7g

食物繊維 2.7g

食塩相当量 1.6g

 

どれぐらいの肉が入っているかわからないが、カレーのタンパク質9gは妥当な数字で食物繊維も3gならそれほど糖質を代替えた材料は使ってなさそうですね

甘味料メインで糖質を下げて、糖質の高い材料の比率を減らしたのかな?

どちらにせよ極度に糖質を減らした食品ではなく、既存の商品に近い味で緩やかに糖質を下げていそうですね

 

内容量を細かく計測

 

f:id:NQC49636:20171106183950j:image

 

パウチのまま計測すると158g

 

f:id:NQC49636:20171106183941j:image

 

カレーをのせる皿が696g

 

f:id:NQC49636:20171106183929j:image

 

湯せんしたカレーをのせると838g

差し引き142g

 

f:id:NQC49636:20171106183920j:image

 

ふすまべーかりーの麺120gを追加すると1015g

差し引き127g

 

 

ソーラースケールで袋ごと計測すればほぼメーカー表示通りで、温めて計測して減るのはパウチの中からきれいに取り出せないからですね

 

ふすまベーカリーの低糖質麺を利用しましたが、からだシフトからも低糖質ご飯は販売されています

サラヤご飯と合わせても糖質45グラム以下で、純粋なカレーライスが食べられますよ

こんにゃくやマンナンを使わず、難消化性デキストリンは食物繊維があります

 

他にはマンナンご飯がありますよ

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

www.takeshihattori.club

 

金芽米は少し糖質が高いも、すごく水々しい

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

調理方法は湯せんかレンチン 

 f:id:NQC49636:20171106184020j:image

f:id:NQC49636:20171106184010j:image

 

レトルトカレーらしく、調理方法は湯せんかレンチンですね

パウチの食品だけは皿にうつしてレンチンするとどうしてもパウチの中にカレーの強烈な汚れが残って清掃しにくいので、湯せんするとパウチの後掃除が楽ですよ

なので袋に入ったパウチ食品だけは、湯せんをオススメします

 

トロミがあってゴロッと牛肉があります

 

f:id:NQC49636:20171106183909j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183808j:image 

 

内容量150gに牛肉がゴロッと入っているのはいいですね

食べ応えある肉ですよ

食べた感想は甘味料で糖質を下げている通り、トロミが多く他の低糖質カレーより濃いのトロミが特徴ですね

 

 

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

 

 

 

当たり前だけどカレーの糖質はデンプン類が占めていて、糖質を下げるとどうしてもスープカレーような味になってしまいますからね

だからトロミの少ないグリーンカレーは、糖質が低いんです

 

閉店してもふすまベーカリーの麺だけは購入可能

 

f:id:NQC49636:20171106183750j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183712j:image 

 

この2種類の麺だけはアマゾンで購入可能です

 

 

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

 

 

 

 

見栄え悪いけどカレーのトロミと麺のからみはあるよ

 

f:id:NQC49636:20171106183647j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183639j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183621j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183614j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183607j:image 

 

f:id:NQC49636:20171106183559j:image

 

 

からだシフトのご飯は単独で食べてから低糖質カレーと合わせてレビューしたいので、ふすまベーカリーの低糖質麺と合わせて食べました

 

言い訳するな

 

ふすまベーカリーの低糖質麺はゆでたら糖質が下がり、糖質10gでかための食感は既存の麺に近く自炊して麺を使うときに重宝していますよ

麺でストイックに糖質を下げると低糖質カップラーメンは難しく、ゆでて作らなくてはいけませんからね

 

 

www.takeshihattori.club

www.takeshihattori.club

 

 

トロミのあるカレーと相性がよく、牛肉の多い濃厚なカレーライスを食べたわけ

それはからだシフトのカレールーにトロミがあって糖質が低いからです

 

コンビニなどで売っている市販のカレーライスを一人前そのまま食べると炭水化物100g以上あるので、仮にからだシフトのサラヤご飯と合わせて糖質45g以下なら既存のカレーライスの半分以下ですよ

 

たまにカレーライスが食べたくなってどうしても我慢できない時に、コンビニを探せばからだシフトシリーズが売っていましたよ

何?探す時間がもったいない、でも低糖質にカレーが食べたい

そんな時は、通販で購入できる利便性がありますしよ

  

もちろんサラヤご飯を使わず、ストイックにブランパンをつけるともっと低糖質ですよ

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

ストイックに糖質制限したカレールーより、若干糖質高くなります

 

しかし既存のカレーに近いトロミなので、必ず満足できますよ

牛肉ゴロッとしてるし

他にも低糖質のからだシフトシリーズはあるので、カレー好きならぜひお試しあれ