I'll just do it

2017年12月18日現在ビットコインの消費電力

ビットコインの消費電力はどんどん跳ね上がって、2020年に世界の全電力消費に値する

ビットコインを国に例えるとデンマークに値する消費電力は、ムダな計算に裏打ちされた不毛にも価値のあるコインになりました

 

では消費電力をソーラーパネルで補えないかと浅はかな考えで通用せず、最終結論は省電力で信頼性の高いコンセンサスアルゴリズムの開発と省電力なコインの2点です

日本の電気代7分の1の中国は、石炭火力と全世界3分の1を占める水力発電に頼ったマイニングが特徴です

なので大気汚染問題も避けて通れません

そんなビットコインの消費電力を紹介

 

 

ブロックチェーンの計算はどうする

 

仮想通貨によってマイニング時間は違う一方、ビットコインは最近の発掘じかんから調整しています

なのでコンピューターがどれだけ高性能でも、計算する時間はかわりません

 

しかし計算が難しくなるにつれて、必要な電気の量が莫大に膨れ上がります

もっともこの分野はテスラが力を入れて車も電気になりオフグリッドのソーラーパネルもどんどん普及する一方、積み上げ合っていくブロックチェーンに披露して電気を作る生産力が必要です

 

現状オフグリッドはソーラーパネルを足し算でしか増やせないので、掛け算で増やすソーラーパネルあるいは別の方法でもっと効率よく電気を作る

もしくは発想を変えて電力量を減らす、これは各社バッテリースマホの性能から見える要素ですね 

 

現在のビットコイン電力消費量世界の0.13%このまま進めば 2020年2月に世界の全電力消費する

 

powercompare.co.uk

 

 

ビットコインが国であった場合、電気消費量世界で 61位です

世界消費量の0.13%と聞けば大きくないと感じる一方、この比率で増加が続くとマイニング消費量が2020年に世界の電力消費量に値しますよ

 

ビットコインだけで計算している一方、他のアルトコインを含めればもっと急速なスピードで消費電力が跳ね上がっていくのは誰でも感じるはず

さらにこれからどんどんアルトコインが生まれるのも想像できる一方、もっと急速なスピードで消費電力が拡大します

じゃあどうやって?電力消費を抑えるのかを考えました

 

もっともムダな計算と電力消費を行っているビットコインの価値が上がると言える不毛の結果ですが

 

 

 

 

 

プルーフオブワーク以外のコンセンサスアルゴリズムが必要

digiconomist.net

 

 

現状ビットコインを利用しているプルーフオブワークは1番仕事をした人がマイニングするシステムは、消費電力が跳ね上がるのが明白な一方他のコンセンサスアルゴリズムが必要ですね

プルーフオブステークがイーサリアムであったり、数多くの異なるバージョンのプルーフがありどれも完全に証明されてない一方、この分野に関する研究はどんどん発展していきます

 

マイニング発掘料金が電気よる石炭が低いため利用されている

 

Bitcoins are a waste of energy - literally - ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

 

 

ethereum-japan.net

 

石炭火力発電は5c/kWhな一方電気コストが105c/kWhを超えるマイニングは通常利益になりません

そのため石炭を利用する中国で、多くのマイニングが行われています

 

さらに中国は日本の約7分の1の電気代に加えて、数力発電も世界の3割を占めてトップである 

ダムの近くにマイニング工場を設立すれば水力発電の冷却メリットある一方、石炭による電気代のコスト削減によった中国のマイニングが仮想通貨を支えていますね

 

中国は海外送金規制がある一方、はよっぽど損益分技点を電気代がこえなければない

ただ大気汚染に影響のある石炭を利用してマイニングしています

環境の悪影響を免れない一方、この情勢はどんどん変化していきますね

 

省電力のICOが出る 

 

jp.techcrunch.com

 

 

現実的な1番の解決方法は、やはり省電力のコインですね

はじまってみないと中身は不透明な一方、個人的には購入予定です

2018年販売開始予定で今後このようなICOが増えてくる、もしくは省電力で信頼性の高いコンセンサスアルゴリズムの開発で仮想通貨消費電力問題を解決と展望しました

 

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin