I'll just do it

いろいろある分散型のKyber Network KNCはクロスチェーンが魅力 もちろん実装されてからだけど

f:id:NQC49636:20180117205132j:image

 

今までの取引所はCentralized exchange中央管理で、ブロックチェーンの技術はありません

だがハッカーや内部詐欺を解決できるDecentralized exchange、つまり分散型ブロックチェーン取引所に値するトークンが増えました

それがKyber Network分散型取引所で、スマートコントラクトとトークンを交換するAPIと準備金で異なるトークンを取引でき、買い手はAトークンで売り手Bトークンが可能ですよ

もっとも2019年までにトークン交換できるか否かは、最大の魅力な異なるトークン同士のフュージョン目標にしたロードマップの実現次第ですね

 

もちろん未来の願望で憶測に過ぎない一方、実装されたら中央集権をひっくり返す分散型取引所になる

Kyber Networkは、自分たちを取引所でありプロトコルと言ってますからね

そんなKyber Networkを紹介

 

 

kyber netoworkはオンチェーンプロトコルで即時取引可能な取引所、0xとBancorの比較

 

ウェブページ

 

ホワイトペーパー

 

 

BancorとKyberNetworkは準備金で価格を決定

  

0xとKyber Networkは、オンチェーンつまりブロックチェーン上で行う取引相手を探すのと即時取引が異なる

 

 

分散型取引所は、大きく分けて3つで異なる特徴がある

 

0xはRereeyrがあるプラットフォームで分散型取引の設定可能

 

 

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

 

交換可能は、EthereumベースのERC20コイン

取引はperson to person(P2P)

Etherdeltaはブロックチェーン機能だけで取引は遅く手数料が高い一方、0xは取引のオーダーブック(買い売りの気配値)がオフチェーン(ブロックチェーン以外)だからはやい

売りと買い注文はEthereumブロックチェーン外だからですね

 

デメリットはZRX価格が上がれば手数料が高くなる

逆にメリットはブロックチェーン以外で売りと買いを行うのは中央集権ではやく、分散型取引所との競争力が減る

 

 

取引量に左右されないBancorは買い手と契約者だけのシンプルな構造

 

))

 

 

 

www.takeshihattori.club

 

Bancorは一定量を保存する準備金で、価格変動をゆるやかにしながら流動性を維持するのは固定計算式のおかげですね

ここはほぼ同じな一方、Kyber Networkは準備金を選んで現在のレートを適用します

 

システムは、使用者がKyber Networkに交換トークンを送る

準備金管理者が。Kyber Networkに価値を送る

同時に準備金管理者が、準備金貢献者へ利益を共有

準備金貢献者から送られた準備金の負債を、Kyber Networkへ送る

使用者から預かったKyber Networkを介してトークンが準備金です

 

ホワイトペーパーに図解あり

 

 

KyberNetworkは即時取引とAPIを利用したオンチェーンプロトコル

 

 

 

APIはEthereum以外の通貨が利用できます

0xと違うのはすべてオンチューンで取引ですね 

  

KyberNetworkはEthereum上でアトミックスワップができる

未来のパンドラ予測として、ロードマップにクロスチェーンを視野にしています

最終的にすべてのERC 20が、オンチェーンスワップの可能性あり

未来的憶測に過ぎない一方、計画しテストモデルが動いているのは注目ですね

 

 

 

KyberNetworkがプロトコルでEthereumベースのZCash-Relay構築のEVM言語を含む

 

ZCash-RelayはETHとZECの取引を可能にし、PolkadotやCosmosなどでしてクロスチェーン取引を可能にしました

  

APIで取引するのは0x同様でKyberNetworkがプロトコルと主張する意味は、最終的にPolkadotやCosmosなどでさまざまなクロスチェーン計画があります

もちろんEthereumベースの分散型トークン、自分が勝手に読んでいるトークンフュージョンつまり異なるトークンを融合すると、お互いの技術いいとこ取りできるはずですね

 

 

中央と分散の取引所

 

中央集権取引所は内部詐欺もしくはハッキングによる見せかけの内部詐欺に、ハッカー攻撃と脆弱性高い

そして手数料なしの注文は、敵対的なsybil攻撃やDoS攻撃の影響を受けやすい

中央集権の取引所は確認時間の間に不都合が起こると資金創設の可能性がある一方、即時取引の分散型によってリスクの時間がないからです

 

KyberNetworkは取引所である一方、他の取引所と異なる大きな違いは瞬時に取引可能です

さらに取引所のKyberNetworkがトークンを保持していないので、盗難や紛失が防止できますね

中央集権の取引所は確認時間の間に不都合が起こると資金創設の可能性がある一方、即時取引の分散型によってリスクの時間がないからです

  

 

 

クロスチェーンに期待大

  

KyberNetworkに参加する準備金をもつトークンが増える予想は憶測的願望に過ぎない一方、市場が広がる期待値が高いですね

分散型取引プラットホームのKyberNetworkは APIを利用し、トークン保有者が簡単に受け取れますね

 

ここが1番魅力でEthereumベースでBitcoin、ZCashの取引を視野

もちろん憶測的願望で実現性の有無を問われるとイエスとはいえない一方、チェーンリレー(BTCRelayやZecRelayなど)やチェーン間通信プロトコル(Cosmos、Polkadot)の2つがあります

 

まだテスト段階な一方、他の分散型同様のEthereumベースでトークン融合の技術に対する未来が最大の期待値ですね

Kyber Networkが取引所でありプロトコルであり分散型であると、中央集権を乗っ取る存在の分散型トークンになるからです

 

準備金を利用して取引量に左右されない、マイナーコインでも取引できるBancorとKyber Network

中央と分散をわける0x

クロスチェーンが視野にあるKyber Network

 

同じ分散型でもかぶっていない方法で追求しているので、切磋琢磨して技術を盛り上げて欲しいですね

なんだかワクワクしてくる

  

 購入はBinance

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

www.takeshihattori.club

 

 

参考文献

 

 

Atomic cross-chain trading - Bitcoin Wiki

 

blog.decred.org

 

steemit.com

 

steemit.com

 

medium.com

 

blog.airswap.io