I'll just do it

2017年12月26日急上昇 取引に相互評価できるコインHawala Today (HAT)

インセンティブフォーステーク(IFS)が12月30に行うと発表されたのが主なコイン上昇の要因です

ウォレットに保有していると、年間利息と新しいトークンがもらえる情報がありました

 

HATはググっても開発者ブロック生成時間、誰が関わっているのか?がありません
hawala todayでGoogle検索 10ページ見た結果です

 


知る限りの内容はスマホで簡単、匿名でUVERのようにアプリから近くのユーザを探せるメリットがある一方、1番の強調点は相互評価です
誰でも作れる匿名アカウントで一方的な評価すると、アマゾンや食べログのように購入しなかったりひいきで意図的な評価ができますよね

しかし匿名でもブロックチェーン上の相互評価なら改ざんできず、相手に対してひどい評価をすれば自分も不利益な評価をもらう可能性が高くなります
匿名でも相互評価なら、言いたい放題できるアカウントとは違う結果が出ますね

販売者なら消費者から高い評価が得られる一方、HATユーザーはその評価を見てさらに販売者の評価が高まります

HATの利用回数が多いほど、信用が高くなるシステムですね

評価するユーザーが匿名なら、内容はほとんど本音と捉えて間違いありません


他には匿名性とアプリ近くのユーザとつながれるなら、コミュニティ機能を高める可能性です
ポケモンのように

もちろん保有しているコインに応じて利息をもらえて、銀行代わりに使えるのは最大の魅力ですね

そんなHawala.Today (HAT)を紹介

 

AirDrop(エアドロップ)がある

 

f:id:NQC49636:20171226182516j:plain

 

1年チャート

 

f:id:NQC49636:20171226182523j:plain

 

1ヶ月チャート

 

f:id:NQC49636:20171226182528j:plain

 

1週間で350%

 

f:id:NQC49636:20171226182534j:plain

 

本日75%

 

 
 

名前 Hawala Today
記号 HAT
契約アドレス 0xc3972ac283b3a7a56125674631a5c254f7f373cf

当初供給 2,500,000 HAT
エアドロップ 1,000,000 HAT
合計供給 7,000,000 HAT




長い年月をかけて価格上昇したHATだが、日本に細かい情報はなし

 

12月29日にホワイトペーパーリリース

 

steemit.com


イーサリアムのブロックチェーンをベースに、アプリケーションで取引します
HATのホームページには開発者関わっている人たち、ブロックチェーンの生成時間などの情報はありません
SNSアカウントを利用している一方、やはりここにも細かい記載はありません
じゃあなぜ価格上昇があったのかを探ってみました

 

 



初年度は利息15%

 

 

1年目〜2年目 15%
3年目〜5年目 12%
6年生〜7年生 10%
8年生 8%
9年生 7.5%
10年生 7.27%

 

 


12月30 日 IFSへのコインスワップ Hawala Wallet(アルファ版)

steemit.com

 

medium.com

 



Hawalaウォレットetherwalletと2つの情報がある一方、HATを保有しているだけで年間報酬が入手できるとあります

先ほどの利息IFSですね

さらに新しいトークンを入手できる日は12月30日IFSと一致しているため、価格上昇の主な要因は利息と新しいトークンでしょうね

 


完全に匿名の相互作用

 

HATによるすべてのやり取りは信頼できるEthereumプラットフォーム上で匿名になり、セキュリティとプライバシーを確​​保します

相互に匿名で取引が強調点の1つ
ただこれだけではビットコインも匿名性高く、優位性はありません


取引後の信用格付け


調べた中で1番の強調点は、取引後相手に対して信用評価ができます
ただでさえ不正ができなブロックチェーンで、相手に対して信用評価を匿名で行える
インターネット上の誰でも取得できる匿名アカウントとは違う一方、イーサリアムのブロックチェーンを利用した分散型で評価されます

なので信用性の高い評価ですね

理由は不正のできないブロックチェーン上での取引は、ほとんど信頼性の高い評価になるからです

匿名で送金取引ができるのは、ユーザの心をつかんだはずですね

 

アプリを利用するとUVERのように近くにハワイ東方持っているユーザとつながり売買ができます

 

medium.com

 

利用方法はやはり国際をまたいだ購入売買に、HATを利用して行える

匿名取引の相互評価システムがある一方、片方は匿名相手は名前をさらされて構わないショップの決済に利用できそうですね

SNSの匿名評価は信用できない一方、取引の数に比例してHAT評価が高くなるのは明白です

取引の回数が多ければ多いほど、それだけ信頼を得られるシステムだからですね

 

 

来年以降のロードマップ

2017年完了

P2P交換のための概念と研究
ウェブサイトとプロトタイプ開発
エクスチェンジリスティング&エアドロップ
IFSモデルのテスト

 

2018年予定

 

ウェブサイトのリブランディング

マーケティングキャンペーン

Hawala.Today Wallet(モバイル/デスクトップ)

モバイルアプリのアルファテスト(25人のコミュニティテスター)

コインスワップ

IFSの導入

モバイルアプリの開発(Android / iOS)

サードパーティIDとセキュリティプラットフォームの統合

Android  iOSビルドのベータ版リリース(コミュニティのみ)

セキュリティ AML  KYC導入

BTC /ETHウォレットの統合

マーケティングキャンペーン

ERC-20トークンの導入

2年目の開発トークンのロック解除

マーケティングキャンペーン

オンデマンド暗号暗号化リスト

 

購入予定 

 

現金の代わりに送金手数料安く手軽に送金できて相互評価で安全

匿名もある一方、銀行より高額の金利とスワップポイントが評価されたまさに銀行の代わりになるコインです

 

近くのユーザを探せるなら友達同士やポケモンのように、コミュニティとして使えそうで匿名性と評価が注目ですね

1番可能性を感じる相互評価は、飲食店や販売店通販の決済にHATを利用すれば消費者からのフィードバックが信用評価につながってユーザーもメリットがあります

理由はHATで評価が高まればその店は信頼され、匿名でも記入できるアマゾンや食べログのアンチ評価よりよっぽど信頼できる情報になる

匿名でもブロックチェーン上の評価は不正改ざんでない一方、相互評価によって自分だけ言いたいこというと相手にも言いたいだけ言われるデメリットだからですね

 

細かい情報はない

ホワイトペーパーは数日後リリース予定

ブロックチェーン上で行える匿名総合評価が、HATユーザが確認できるメリットになる買いのコインと判断しました

 

購入はHATサイトでイーサリアムを代表するコインから購入かIDAX

 

 

 

www.takeshihattori.club