I'll just do it

物流をセンサー管理追跡するAmbrosusは2020年人工知能管理目標のコイン

Ambrosusは物流取引のブロックチェーンで食品の産地から消費者に届くまでの追跡し、主に食品医薬品を中心に作られました

まさに希望した内容でひいき目に見ている自分もある一方、生産から内容管理方法すべてがオープンソースで見られるって魅力的だと思いませんか?

食品偽装もなくなるし、アプリを利用すれば中間業者を省いて保存期間の向上とコスト削減にです

人工知能に天然資源まで視野に入っています

 

何より1番の魅力は食品医薬品に適応したブロックチェーンだけでなく、アプリ含めた開発品にDappを利用して中央でなく分散型が最大のメリットです

せっかくブロックチェーンベースを利用しても、物流品の管理を中央では偽装できたりサイバー攻撃受けたりしますしね

自分の理想に合った魅力的なAmbrosusを紹介 

 

購入はBinance

 

www.takeshihattori.club

 

 

 

食品医薬品の物流管理

 

f:id:NQC49636:20180102204356j:image

 

f:id:NQC49636:20180102204351j:image

 

 

ウェブページ

 

ホワイトペーパー

 

ロードマップブログ 

 

youtu.be

 

 

主に食品医薬品を扱う一方、複雑な物流管理にも適応可能です

まってましたの食料品医薬品に対応したコインの登場

考えているのは食料品の産地偽装を防ぐため、何県産と何国産を交配した肉にどういう穀物を与えかなど情報を与える

チキンブロイラーの育成がかなり進歩しても、与えるアミノ酸の情報は各社ブラックボックスです

 

出産から消費者まで情報がオープンなブロックチェーン上にあれば、誰も閲覧でき生産情報を共有できる一方、シェアしてみんなで生産しておいしさと育成時間改善ははやくなりますよね

農作物一般の改善が難しいのはサイコロ振る回数が少ない、つまり1年に何回と限られた期間しか収穫できないから、どうしても試行回数が減ります

さらに追跡できるので、安全や品質が急速に改善できますね

 

 

センサーシステム

 

センサーによって品質と周辺環境を管理し独自のIDを与えれば、バーコードのように誰もが情報閲覧できます

スーパーや小売店をまたがずアマゾンフレッシュのように直接顧客へ届けると、保存期間が長くなり製品廃棄が少なくなるメリットありますね

配達したアマゾンの商品を、もっと細かく確認できるシステムです

 

アプリがありコミニティ共有可能

 

 

Ethereumベースを利用したアプリがなんといっても魅力

コミティーメンバーは、消費者生産者メーカー配達車オーナーを含んだ拡張機能アプリです

アプリから決済取引可能で、中間業者を省いた生産者から顧客への直接取引も可能になる

賞味期限の短い商品は中間取引所を省くため、日持ちするメリットがありますね

 

 

ラストワンマイルがDappによって分散型取引完了

 

 

食品や医療を中心とした物流取引にEthereumベースを利用しアプリで取引するなら、そこまで魅力ない

 

しかしDappが最大の魅力です

理由は最後まで分散型取引が完結でき、不正を排除できる

 

基盤はAmbrosusがつくって参入するDppのアプリが増えれば、食品医薬品だけでなくさまざまな物流が直接取引決済可能ですね

とくにオープンになっていない分野は、急激に改ざんできない誰にも見える取引が加速します

 

今まで知らない食品の生産から顧客までにいたる過程の情報がすべてオープンで、閲覧可能

医薬品その他諸々物流商品すべて、センサー暗号化スマートコントラクトが適用できますからね

さらに内容を中央集権ではない分散型を利用するので、不正できず偽装問題も一気に解決します

 

 

保管保存方法すらブロックチェーン状に 

 

 

 

扱う物流品によって、保管方法は違います

生ものは温度を低く保つと、製品によってさまざまですね

それらの設定したい内容に複雑な記述も可能で、温度測定タイミングも変更できます

もちろんオープンなブロックチェーン状に記載な一方、適した保管条件をどんどん試して改善可能ですね

それらの改善データが誰の目にも知れるのは魅力ですよ 

 

 

センサーによる検出システム 

 

 

保存管理方法にさまざまなセンサーがあり、試行回数を繰り返すと効果的で効率のよい方法が生まれますね

タンパク質なども分析でき、食品生産の大きな改善に役立ちます

それらの数値は、すべて記載されるプラットフォームになる

 

2020年に人工知能管理目標 



 

詳しくはロードマップブログ にて

 

未来の細かい計画があり、ホワイトペーパーがめずらしく日本語もあります

チームメンバーも詳しく、プロジェクトもしっかりしています

 

だがね医薬品や食品すべての過程をオープン誰でも閲覧共有して改善できるシステムを、ブロックチェーン世界に望んでいるひいきな自分がいます

 

実装され医薬食品を中心に物中へ適応し、Dappによって最後まで中央管理されない分散型は商品偽装がすべて不可能ですね

それも誰もが閲覧できる、オープンな環境で

まだまだ雲をつかむ話な一方、自分の求めていた考えに近いので当然購入しますよ

 

購入はBinance

 

 

参考文献

 

steemit.com

 

medium.com

 

 

crushcrypto.com