I'll just do it

2/15 1日足では1月後半の相場に戻っただけ

自動売買アルゴリズムにどれだけの期間を利用するか検討中

 

理由はビットコインプライベートのハードフォーク影響とは思えないBTC上昇を、どうやって自動売買に組み込むかのためにテスト売買

 

意味不でWAXが100%上昇した日でした

 

[:contents]

 

 

相場

 

暗号通貨

 

 

f:id:NQC49636:20180215180209j:image 

 

BTCに関しては1時間足まで戻して4時間8時間足も買われすぎ圏内に突入しそう

自動売買に組み込みたい、自分なりの買い方アルゴリズムでね

よって短期目線ではほぼ相場を戻し1月後半の水準になる一方、1日足の相場回復はまだまだ?

 

 

国内通貨

 

 f:id:NQC49636:20180215180203j:image

f:id:NQC49636:20180215180200j:image 

 f:id:NQC49636:20180215180155j:image

 

ドルが瞬間的に安くなるも、少々戻して朝の時点で106円

暗号通貨より、各国の政策や発言によって影響されやすい国内通貨や為替相場は信用できない数字ですね

理由は中央管理と分散型の違いによ理、管理者の石に左右されるからです

 

お気に入り銘柄

 

f:id:NQC49636:20180215180144j:image

f:id:NQC49636:20180215180131j:image

f:id:NQC49636:20180215180128j:image

f:id:NQC49636:20180215180126j:image

 

主要銘柄の相場上昇によってドル換算の暗号通貨時間総額も上がり全体的に戻してきました

WAXが爆上げなのは何かあったんだろうか?

ウェブページみるとシリコンバレーのイベントで重大発表あったのかな?

 

 

ポートフォリオ

 

f:id:NQC49636:20180215180123j:image

 

ポートフォリオのマイナスをジリジリ戻し、短期売買で小銭をコツコツ稼いでいる状態

確率から飛び出た買いや売りを狙って実験しているも、どこまで通用するだろう? 

 

 

暗号通貨ニュース

 

カナダ証券取引所(CSE)がトークン発行予定

 

 

企業は株式や債券やトークン化された証券を発行でき、ICOのように法規制なく企業が資金調達できるメリットがある

 

こうなると株式と暗号通貨の境がなくなっていく

 

日本の金融庁は無登録仮想通貨交換業を発表

 

http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency02/BLL_keikokushilyo.pdf

 

住所はマカオのBlockchain Laboratory

 

DEXが解決できる問題でそのうち規制がムダになる

 

欧州議会はイングランド銀行にブロックチェーン採用を呼びかける

 

 

銀行がなくなるので、自前でトークンを発行した方がはやい

 

南アフリカ中央銀行(SARB)はJPモルガンのクォーラムブロックチェーン開始

 

 

JPモルガンがETHベースのConsenSysと提携し共同開発された、クォーラムブロックチェーンをSARBが利用

 

上記と一緒で銀行でなくてよい

 

Litecoinのハードフォークはデマ

 

 

ハードフォークに関しては、ウェブページを確認必須ニセニュースは付きものでGoogle検索よりTwitterを英語検索が好ましい

 

Rippleはサウジアラビア中央銀行にパイロットプログラムを提供

 

ripple.com

 

 

パイロットプログラムはテストする動き

 

RippleのxCurrentを使う銀行は各国増え、Rippleが銀行を逆転する日がある

 

BTCの傾向

 

 

近年は1月より2月のBTCが高い

過去の傾向として捉えてください

 

 

香港のトレーダーはアメリカ先物に移動

 

www.scmp.com

 

規制された先物を取引所でトレードすると、ハック含めたリスクを回避できるのがメリットと

 

暗号通貨でハックが一番のリスクは感じている様子

 

亡くなった時の暗号通貨財産分与

 

 

中央管理でない分散型の暗号通貨は、役場や銀行に問い合わせて遺産分与できない

 

自分の家族構成は両親祖母のみで、自分以外スマホはおろかパソコンもさわれません

家族のためにサルでもわかる暗号通貨引き出しマニュアルが必要な一方、DNA鑑定含めた身内を証明できる暗号通貨相続コインがでる

 

 

 

 

気になったテックニュース

 

 

SignAllが手話翻訳できるデバイスをCESで出展

 

SignAll. We translate sign language. Automatically.

 

CESはコンシューマーエレクトロニクスショー (Consumer Electronics Show) の頭文字略、毎年1月ラスベガスで開催されるエレクトロニクスの展示会

SignAllは自動手話翻訳を研究開発するシステム

 

認知症でしゃべれなくなった人が、このデバイスで意思を伝えられるメリットがある

 

 

Facebookが7月にスマートスピーカー発表

 

https://www.digitimes.com/news/a20180214PD207.html

 

FionaとAloha呼ばれるスマートスピーカーも、公式から発表なし

 

 

平昌オリンピック会場の近くでロボットのスキー

 

 

東京オリンピックでは、技術の証明できるイベントを期待したい

 

 

日本では便利に感じるAmazon Go

 

 

中国では当たり前で日本在住の自分から出るコメントで、時代遅れを感じる

日本は便利そうに見えて便利でない証明

 

ガリバーと提携した月額定額制19800円から短期カーリース可能のNOREL(ノレル)

 

norel.jp

 

料金は税別2年目から会費50000円必要でガソリン、メンテ、消耗品の費用は実費に対人保険無制限

クルマが故障した時は、ガリバーが対応

車両保険に関しては独自のNORELケアがある一方、免責10万円〜60万円まで

 

月額19800は8年前の軽自動車で、維持費と売却額にならない車資産を考えてほしい

個人的には最新の車がヒューマンエラー防ぐセンサー多く車乗るなら最新の技術で加害者にならないため、値段だけで判断したくない

 

 

一言

 

パソコンさわれない人のために暗号通貨相続マニュアルを作ろう