I'll just do it

2/14 中国Baiduと比べると日本は時代遅れ

ググって中国情報をGoogle翻訳利用すれば、中国に対して日本が時代遅れは理解できる

  

 

 

相場

 

暗号通貨

 

 f:id:NQC49636:20180214183014j:image

 

じわっと戻すも、長期目線で見ればもう少し時間かかりそう

コインチェック出金だけでは足りず、XEM補填してからですね

 

 

国内通貨

 

f:id:NQC49636:20180214183005j:image 

 

 

f:id:NQC49636:20180214183000j:image 

f:id:NQC49636:20180214182955j:image 

 

ドルが低迷し他の通貨は一定の水準を保つ

 

 

お気に入り銘柄

 

f:id:NQC49636:20180214182947j:image

f:id:NQC49636:20180214182936j:image

f:id:NQC49636:20180214182930j:image

f:id:NQC49636:20180214182926j:image

f:id:NQC49636:20180214182923j:image

 

ZCLがハードフォークに向けてか大幅上昇

ならばBTCもフォーク対象なのでもっと上昇してもいいのだが?

 

 

ポートフォリオ 

 

f:id:NQC49636:20180214182920j:image

 

見えないところで取引所に余っている端数の細かい通貨を、税金に影響ない程度で売りました

Zaifeが上昇した理由はよくわからずも大幅上昇

ポートフォリオの資産は横ばいな一方、短期売買は順調に小銭を増やしています

 

 

暗号通貨ニュース

 

マイクロソフトがブロックチェーン計画

 

 

Microsoft Authenticatorで分散アイデンティティを実験とブログで表明

仮想空間なしのMacやIOSでマイクロソフトのアプリが動かせる可能性高い

 

 

 

中国は淘宝網でホワイトペーパーが売っている

 

 

 

s.taobao.com

 

www.bjnews.com.cn

 

news.8btc.com

 

淘宝網(タオバオワン)はアリババのショッピングサイト

 

日本で言えば、クラウドソージングやメルカリにヤフオクでホワイトペーパーを販売すると同等する

 

すさまじい商売熱意で詐欺はさておいて、日本が見習うべき姿勢だ

 

 

 

韓国が暗号通貨にライセンス制度導入を検討

 

 

www.businesskorea.co.kr

 

NYを例えにしたとある一方、各国の規制内容が一定の基準を満たすと認可するライセンス制度である

中央取引所は数年後に分散トークン取引所になるので、問題ない

 

 

 

ロシアKaspersky Labがテレグラムの脆弱性がマイニングに使用されたと発表

 

 

https://www.kaspersky.com/about/press-releases/2018_hackers-exploited-telegram-messenger-zero-day-vulnerability?ref=555601-100652X1574425X76e2d1f483a5158f548b2bfbd5a0721f&affmt=2&affmn=1

 

カペルスキー研究所はロシアのサイバーセキリュティ会社

 

内容はデスクトップのテレグラムメッセンジャーアプリからマルウェアを利用して、Monero、Zcash、Fantomcoinをマイニングさせた

Moneroがらみのマルウェアは去年から急増中で、狙われているのは確かだ

 

アリゾナ州はICOが有価証券と定義

 

 

アリゾナ州は先週の法案に関する2つを紹介

 

内容はデジタル取引可能なコインを定義

だが投資目的の販売でなく90日以内に償還できるトークンは対象外

次は暗号通貨に関する言葉の定義づけ

 

日本は有価証券を海外持ち出しが課税対象で、現状は暗号通貨持ち出しに課税されない

よって暗号通貨や法人税の安い国に住民票抜いて移動し利確すれば、暗号通貨の税金が安くなる

 

暗号通貨の税金安い国を拠点にしようと考えている

 

 

ポルシェがトークンになる

 

 

 

tendswiss.com

 

https://cryptovalley.swiss/

 

TENDは、スイスのCrypto Valleyにあるポルシェディーラーと協力

 

TENDは暗号通貨トークン

Crypto Valleyはブロックチェーンのスタートアップが集まるスイスのチューリッヒからツークを指し、シリコンバレーと比較される

 

ポルシェだけでなくキャンピングカーにも可能性がある

 

コインチェックは控訴される

 

 

 

 

弁護士の指示で会見を行ったメリットが高いと想像

乗り越える体力はあり、数年後に関わった人物は化ける

 

 

タイもクレカで暗号通貨購入禁止

 

www.reuters.com

 

www.bangkokpost.com

blog.yuzurand.com

 

タイに潜伏した大量のBTCを持ったダークウェブサイトインフラウンドが逮捕された直後で、FBI絡むアメリカからの圧力も想像

日本なら手数料かかるクレカで暗号通貨購入しないから、問題ない

 

 

 

 

PARKGENEがICOし駐車共有サービスを目指す

 

 

parkgene.io

 

PARKGENEは駐車場に特化したトークン

 

Airbnbの駐車場バージョンを目指す一方、シェア自転車やUberなど運転しなくいいシステムに駐車場の需要は疑問

どこでも駐車できない都会限定も駐車アプリでは不十分なため、あえて逆張りしたトークンがどの地域にターゲットを絞るかだ

 

 

Bitfinexが分散型取引所EOSfinexを発表

 

 

medium.com

 

eosfinex.com

 

Binanceは分散型取引所の計画はあるはずで、日本では海外進出したbitFlyerZaiftも考えているはず

ETHベースの分散型取引所Etherdeltaがあり、同じdappsがあるプラットフォームNEOも可能性あり

 

Tetherの答えは出ていない

 

The Danger of Tether | Weiss Cryptocurrency Ratings

 

 

結論からはじめず疑問文多く裏付けの文なく語尾が憶測

 

なぜ言及したのかはTeterに興味があるから

理由はペッグ通貨含めた実態のない暗号通貨は、Teterのやり方で資金調達できる

すべての暗号通貨は計画を保証していない一方、 Teterがドルを保証したふりができる

 

 

 

気になったニュース

 

BaiduのRobin Li YanhongがAIにベット

 

www.scmp.com

 

www.scmp.com

 

 

 

iQiyiはNetflixに近いストリーミングサービス

Baiduの昨年研究開発費用20億ドル

今年はAIとiQiyiを差別

Robin Li YanhongはBaiduの創業者

 

NetflixのAIyに、iQiyiのデジタル彼女と、自動運転プラットフォームは90以上のパートナー、音声認識デバイスもある

 

中国はAI先進国で、おもしろい開発に投資するのは必然

 

 

一言

 

 

中国以上にはやく動く