I'll just do it

2/10 暗号通貨は知識ないと又聞きニュースだらけ

なので色んな言語の暗号通貨を読みましょう

まったく読めない言語のPDFホワイトペーパーでも、Google翻訳で6割ほど理解できます

暗号通貨関連の記者でも、知らない言語はGoogle翻訳で書いた記事ありました

 

知らない言語や意味解釈に時間かかるのはGoogle翻訳利用し、とことん読んで自分の考えを言語化すると情報収集になる

 

言語の壁はないと感じた1日でした

 

 

相場

 

暗号通貨

 

 f:id:NQC49636:20180210191203j:image

 

オールグリーンでじわじわ戻し、XRPが底値から2倍近く上昇してきましたね

 

お気に入り銘柄

 

f:id:NQC49636:20180210191132j:image

f:id:NQC49636:20180210191126j:image

f:id:NQC49636:20180210191122j:image

f:id:NQC49636:20180210191116j:image

f:id:NQC49636:20180210191111j:image 

 

時価総額でも相場は戻し取引所メンテナンスがあったBinanceは手数料割引の影響もある一方、グッと上昇しましたね

 

 

ポートフォリオ

 

f:id:NQC49636:20180210191106j:image

 

大口で持っているコインはハードウェアウォレットに送付済みで、細かい銘柄は売っ払ってBTCかETHに変換しようか考えています

それに伴って各取引所で余っている端数のコインも、日本円かどれかのコインにまとめようかと?

暗号通貨は分散管理が基本で数が増えすぎると、ウォレットの秘密鍵管理がめんどいんです

秘密鍵管理の暗号通貨とか出ないかな?

 

コインチェックの出金再開が日本円だけでなく各コインの送付もできるなら、速攻でハードウェアウォレットに送付しますね

 

 

暗号通貨ニュース

 

アリゾナ州は暗号通貨で税金納付を可決

 

 

税制が緩和されれば、ブロックチェーンの方がお互いに楽

確定申告なども暗号通貨登場して、税理士すら排除してほしい

マネーフォワードのブロックチェーンバージョン

 

日本は暗号通貨税金に最大55%払う

 

 

総合課税なのでサラリーマンでも一気に高額所得者になる一方、来年の税金が悲惨になる

最大額払うなら税制やすい国に海外移住すると、タックスヘイブンになる

 

しかし暗号通貨が有価証券扱いにならない法律な一方、税制含めて改悪される可能性は高い

 

G20でフランスとドイツは暗号通貨議論を呼びかける

 

 

G20はG7(仏、米、英、独、日、伊、加、欧州連合(EU))に亜、豪、ブラジル、中、印、インドネシア、メキシコ、韓、露、サウジアラビア、南アフリカ、トルコで行われる国際会議

 

帰省するより肯定して技術利用すると、国の発展になる

 

bitFlyerがイリノイ州で営業許可取得

 

 

EU進出もありアメリカも加わった日本の取引所bitFlyer

独自トークンを期待する一方で、日本に海外取引所が進出しない状況を考えてほしい

 

 

WAXはオンラインゲームをRMTできる分散プラットフォーム

 

 

ブロックチェーンでゲームする暗号通貨

 

交換売買できるものすべて、ブロックチェーンで不正されない取引可能

ヤフオクやメルカリで、オンラインゲームのアイテム交換を請け負う暗号通貨の解釈でOK

 

グリー、モバゲーからオンラインゲームアイテムがリアルマネーに変換できる時に、お金の価値が下がると感じた

デジタル創作物が国内通貨になり現在は暗号通貨で不正管理できると、ネット上の新規は価値が生まれる

 

 

bitFlyerが取得計算ツールを提供

 

 

bitFlyerは税金と資産管理対策に仮想通貨損益サービスcryptactと提携

 

tax@cryptact - Cryptact

 

株式会社クリプタクトとの業務提携のお知らせ

 

メルアドとパス設定して登録すれば、bitFlyerの取引からダウンロードした内容をすべて家計簿管理可能

 

日本で暗号通貨の税金下がらなければ、暗号通貨の取引記録サービスは増える

これで自動売買を試せる

 

MyEtherWalletからMyCrypto

 

medium.com

 

 

 

あえて言及したけど、ソースもツイッター情報も明確な情報がない

 

 

 

気になったニュース

 

イギリスWest Yorkshire警察は内務省と協力した指紋認証を導入

 

 

数週間以内に、スマホ接続する小型デバイスを250台配布

警察のデーターベースにある情報を検索可能

デメリットは指紋情報がないといけない

 

これこそブロックチェーンにつながる技術で、スマホが指紋認証検索データーベースになれば、みんなが警察になり犯罪を事前に防げる

認識システムは顔や指紋に写真だけでなく、肌などを含めて医療にも役立てる

 

ワクワクする分野

 

 

AmazonはShipping with Amazon開始予定

 

 

Shipping with AmazonはAmazonが進めている自前配達

 

数週間後にロサンゼルスで出荷計画

アメリカではUPSやFedExなどが、Amazonの配達を行なっています

日本なら佐川やクロネコに例えるとわかりやすい

 

値段交渉成功したクロネコと拒否した佐川の先にAmazonはいる

 

Apple AirPodが煙だしこげて破損

 

 

フロリダの男性がジムで運動中の出来事

 

リチウム電池の爆発ニュースあり日本でもモバイルバッテリーの規制は厳しくなった一方、 AirPodはバッテリーなく原因解明を待ちたい

 

一言

 

情報の真実は自分で行動して理解しよう