I'll just do it

2/8 中国は日本の5年先を行っている

 

技術、開発、姿勢とお気に入り銘柄は中国多く大半の暗号通貨は多国籍で中国人が多く絡んでいる

日本にも優位性を捨てれば追いつけるチャンスある一方、中国は常に優位性を捨ててあたららしい取り組みするので戦うのはおもしい

 

 

相場

 

暗号通貨

 

 

f:id:NQC49636:20180208191516j:image 

 

じわりと相場戻すも、コインチェック騒動が治まらないと復活はなかなか難しいですね

 

国内通貨

 

f:id:NQC49636:20180208191508j:image 

 

f:id:NQC49636:20180208191501j:image 

 

f:id:NQC49636:20180208191454j:image 

 

日経平均ダウと低迷したまま

 

 

 

お気に入り銘柄

 

f:id:NQC49636:20180208191448j:image 

 f:id:NQC49636:20180208191444j:image

f:id:NQC49636:20180208191441j:image

f:id:NQC49636:20180208191437j:image

f:id:NQC49636:20180208191433j:image

 

DEX銘柄は2年ほどたって開発進むと、今の値段は安すぎる

余剰日本円は積極的に買い増し予定

 

 

ポートフォリオ

 f:id:NQC49636:20180208192039j:image

 

含み損を1割ぐらい戻した状態でも売る気はない

売買は自動システムができてから、税金をふまえて検討中

 

暗号通貨ニュース

 

Coinfinityはライトニングネットワーク成功

https://coinfinity.co/news/

www.youtube.com

 

ブログに書いてあった

 

ATMを通してライトニングネットワークに成功

 

Budboは大麻にブロックチェーンを利用

 

Budbo | Blockchain Utility Token

 

合法化に向けて利用したトークンはあり、増えていくはず

 

ANZはクレカでBTC購入を禁止しない

 

 

ANZはオーストラリアニュージランド銀行の頭文字略

 

 

T-MOBILEの訴訟終了

 

 

T-MOBILEはアメリカの4大キャリア

内容は不正アクセスを間違って許可したと

それによってOmiseGO含む暗号通貨を盗まれた

訴訟人はPINコードを追加していない

 

携帯電話番号に紐づけて暗号通貨を操作できる環境にしてはいけない

具体的には

  • 2段階認証端末をつくる
  • ネットにつなぐスマホは暗号通貨情報を記入しない
  • 暗号通貨に関わったデバイスは持ち歩かない
  • 2段階認証設定にメルアドとパスを使いまわさないのは当たり前
  • URLを見られないスマホアプリで取引しない
  • ネットにつながる取引所含めてすべて危険とみなす

こういう初歩的クレームを乗り越えて暗号通貨は発展していく

 

CryptopiaはNZDT停止延長

 

 

Cryptopiaはニュージランドの取引所

NZDTはニュージーランドドル建ての頭文字略

 

現状各国の規制と支払いの不便さで各取引所は国内通貨建てのトークンを利用する一方、国内通貨に変化するメリットがなくなれば利用価値は一気に下がる

それは規制緩和による利便性の高さです

 

 

 

中国LianLian International がRippleのxCurrent利用発表を予定

 

 

LianLian Internationalは中国大手決済サービス

xCurrentは即時決済の支払いシステム

 

主な暗号通貨の中ではやさと手数料は抜けているXRPを採用するのは当然

 

3Dトークンはブロックチェーンに3Dプリンターを利用

 

 

3D Token – ICO

 

数百万で家を建てる3Dプリンターもある一方、ブロックチェーンを結び付け方が想像できない?

 

 

AndroidでMoneroをマイニングするとマルウェアに狙われる

 

blog.netlab.360.com

 

Moneroは匿名通貨で犯罪に使われる傾向あり、サイバーや不正所得し最後にマネロンする有効な手段

コインチェックの犯人や北朝鮮のサイバーと使用したいはず

匿名通貨の中でもMoneroは狙われていて、扱いには要注意

 

 

アメリカメディアへPBOCを装った偽メール

 

 

PBOCは中華人民銀行頭文字の略

内容は中国と香港が暗号通貨を終了させる法令導入予定で、2月14日PBOC副総裁の発表りとのこと

ショートでポジションとって価格操作する狙いの様子

 

 

 

オーストリアで暗号通貨の教育を開催

 

 

www.abc.net.au

 

学校は必要ない一方、教育に関するコインはありオンラインで勉強内容をブロックチェーンで記録し人工知能によって効率よく学べるサービスは増えるはず

学生時代にこういう教育があれば学びたいと思わせる

 

 

韓国取引所UpbitがTetherを保証?

 

 

Upbit直接発表なくリンクソースのない韓国記事で、Tether20億ドル以上を保証できる体力がある人や団体が発言していないため説得力がない

 

 

コインチェックNEMの流れ

 

 

 

 

日本語なので、言及記事やツイートを追いかけるとわかりやすい

暗号通貨交換を利用し、匿名コインにかえてマネロン計画の様子

愛嬌があるというか、現状を楽しんでいる

サイバー攻撃やハックに脆弱性をみつけた技術者バグの攻略など、犯罪意識がないから罪の意識がなく緊張感がない

 

 

 

気になったニュース

 

中国は人工知能顔認識サングラスで容疑者逮捕

 

 

サングラスに容疑者データーがあり、逃亡者をスキャンできる

 

写真見てギャグかと思った一方、すでに7人を逮捕

中国は顔認識のトップで人工知能を使用している

パクっていいから日本も追いつかなくてはいけない

 

 

中国のスーパーを読んでほしい

 

 

説明するより読めばわかる

負けを認めて出直さないと、楽できるワクワク感に出会えない

 

 

 

 

一言 

 

日本は既得権益を捨てて中国を追いかける