I'll just do it

アマゾンベストセラー1位なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm 消費電力150Wはアンカーパワーハウスで4時間以上動きました

足の甲だけの冷え性がどうしても対策できないので電気の力でねじ伏せることにした

 

電気毛布を購入したもう一つの理由はモバイルバッテリーを使えば車内泊キャンプなので利用できるのではと考えました

 

机上の理論で言えばなかぎし電気毛布は150WだからANKERPOWERHOUSEはうごかせると思うんですけど ?

 

なかぎし電気しき毛布の大きさ

f:id:NQC49636:20161114163218p:image

寝転ぶとお腹から足まですっぽりと収まる膝かけと言うイメージですね

 

折りたたんでもかさばらないし使い勝手良さそうな感じがありあり

 

なかぎし電気毛布はどうやってあっためるの

f:id:NQC49636:20161114163223p:image

さわった感じだと毛布の中にある熱線から電気の力を利用して温める感じです

 

 

電気しき毛布のコンセント部分

f:id:NQC49636:20161114163232p:image

コネクタを抜き差しするだけで難しい操作はいりません

 

電源コントローラー分

f:id:NQC49636:20161114163613p:image

スライド式で上下にして温度調整できます

 

いたって簡単なシステムである

 

 

電気毛布の成分表

f:id:NQC49636:20161114163244p:image

ポリエステル70%

アクリル30%

 

この成分が裏目にでるのである

 

 

なかぎししき電気毛布の唯一の弱点

f:id:NQC49636:20161114163248p:image

衣類によっては毛玉がひっつきやすい

 

成分表の通りでした

 

初回に使用した毛玉のひっつく量は多かったです

 

が使用回数が増えると毛が衣類にひっつく量も減ってきますが衣類によってはゼロになりません

 

 

 

 

 

モバイルバッテリーではないポータブル電源ANKERPOWERHOUSEで動かせるのか 

f:id:NQC49636:20161114163252p:image

これができると冬のアウトドアで活躍する可能性があるので快適さは電気の力でねじ伏せたいと考えましたが

 

結論はあっさり動くました

 

後の問題は何時間動くかだけです

 

 

ANKERPOWERHOUSEとなかぎし敷き電気毛布の接続

f:id:NQC49636:20161114163257p:image

こんな感じでコンセントも長いから遠くまで伸ばすこともできます

 

やっぱり何時間動くんだろう

 

ANKER POWERHOUSEとなかぎし敷き電気毛布をつなげた4時間後 

f:id:NQC49636:20161114195029p:image

意外にいけたね

 

なかぎし敷き電気毛布は消費電力150WだからANKER POWERHOUSEは3時間ぐらいしか耐えれないとたかをくくっていたけど16時前から動かして20時前まで約4時間

 

残り2メモリで5時間の表示が出てるけどANKER POWERHOUSEは12A/hなので残りは約3A/hのはず

 

なかぎし敷き電機毛布の使用開始時のANKER POWERHOUSEのメモリが26h表記

 

ANKER POWERHOUSEのメモリが

がっちり満タンならなかぎし敷き電機毛布が5時間は動かせる計算かな

 

とにもかくにもオフグリッド無視して使うなら消費電力150Wだけ

消費電力少なめで値段もお手頃であり毛玉が若干だけが問題です

 

なかぎし敷き電機毛布もは足の甲の冷え性にオススメです

 

キャンプやテント泊に車内泊などアウトドアで利用する際に

 

ACコンセントが使える大容量モバイルバッテリがあれば

 

なかぎし敷き電気毛布は5時間ほどは動かせますキリッ

 

これから寒くなる冬のアウトドアで試してみたいと考えています

 

ベランダにテント張って薪ストーブ焚き火の箱があるから

 

ひきもりインドアキャンパーのベランダテント泊も考えています

 

これからは電気を作りまくって快適なを過ごしていきたい過ごしていきたい

 

 

結論 足の甲が冷え性には不十分

 

足の甲だけが冷え性なわがままな体質です

 

足の甲に巻きつければなんとかなるが足先だけが寒い人は局部暖房が必要でした

 

電気かけ毛布としては暖かく自分のような冷え性でなければオススメです

 

今でも使用しています

 

オフグリッドを無視すれば150Wの低電力で電気代もかからずに暖房の乾燥した加湿を気にすることなく使えます

 

全体を温めるのではなく足の甲を温める冷え性対策の旅はまだまだ続きます