I'll just do it

糖質制限の未来をローソン糖質8.4gブランのバウムクーヘンに感じました

 

ブランのバウムクーヘン糖質8.4グラム大豆粉とエリスリトールが入っています

原材料名

f:id:NQC49636:20161114132448p:image

卵、植物油脂、エリスリトール、小麦粉、加工油脂、アーモンドパウダー、大豆粉、難消化性デキストリン、小麦たんぱく、乳蛋白、バター、米糖、食塩、オーツブラン、ぶどう糖、バターミルクパウダー、脱脂粉乳、たんぱく質濃縮ホエイパウダー、乳脂肪、乳等を主要原料とする食品、シトラスファイバー、ホエイパウダー、コーンスターチ、バターオイル、加工澱粉、乳化剤、ソルビトール、膨張剤、セルロース、グリシン、酒精、糊料(増粘多糖類)、甘味料(スクラロース)、メタリン酸Na、pH調整剤、着色料(アナトー) 

 

栄養成分表示

f:id:NQC49636:20161114132449p:image

熱量159kcal
たんぱく質4.8g
脂質12.9g
糖質8.4g
食物繊維2.1g
ナトリウム101mg

 

 

 

大豆粉を入れて小麦粉を減らしエリスリトールを入れて砂糖のを減らして甘みを出す作戦だと考えますね

 

小麦粉の代わりは大豆粉やふすま粉

 

砂糖の代わりはエリスリトール

 

この二つを組み合わせて糖質を低下していますね

 

現在は小麦粉に近い食感をだすために多少糖質が増えてもいいから小麦の比率をふやすか小麦粉に近く低糖質な粉を探しています

 

粉を探してなければ作るがテーマです

 

 

大豆粉が入っている分固めのバウムクーヘン

f:id:NQC49636:20161114132507p:image

f:id:NQC49636:20161114132510p:image

f:id:NQC49636:20161114132514p:image

f:id:NQC49636:20161114132520p:image

f:id:NQC49636:20161114132519p:image

 

 

最初に成分表を見ちゃったからプラシーボ効果でバウムクーヘンを持った時にかたいと感じました

 

大豆粉が入ってないことを知っていれば違った感想もあったかもしれないのは人間の味覚はまだまだ曖昧だね

 

成分表を先に見ているからこれからは食べてから成分表をみるレビューを実験したいね

 

バウムクーヘンと言うよりスポンジケーキのような柔らかさを求めてしまったけど甘さは全く問題ないです

 

糖質制限の改善対策って小麦粉の代わりに大豆粉を使うことだけど違う粉を見つけて快適に糖質を下げることが目標

 

甘さはエリスリトールで出せますからね

 

人間って欲張りだから美味しくて糖質が少ない快適な商品が出てくると更に快適な商品を求めてしまう

 

自動運転とGoogle翻訳の向上に比例して糖質制限も進化をとげています

ご飯やパンに麺がまずいから食べたくないのではなく手取りはやくダイエットできるのが糖質制限MECダイエットと考えます

 

断捨離やミニマリストも身軽に動きたいから必要なものを選別してより遠くへフットワーク軽くして移動したいんです

 

糖質制限も研究と代替商品が進んでこんにゃく麺の時代ではなくなりました

 

糖質制限に関わった人の最初は研究者だと思います

 

糖質制限の効果はあるのか?糖質制限はどうやってやればいいんだろう?そもそも糖質ってどういう成分?だと思います

 

それがローソンさんを筆頭にした生活に馴染みの近いコンビニが力をいれるほど社会的に普及しました

 

料理って自炊で基本的にレシピを利用した開発作業だと考えますから今回の例で言えばバウムクーヘンを作ろうと考える人がいると考えます

 

糖質制限にかかわって商品を試すと研究者から開発者にうつる瞬間があります

 

糖質制限をしている人の調理は研究を含めた開発でありトライアンドエラーしています

 

ローソンさんも自分含めた糖質制限している消費者も開発者になるのは調理が研究と開発を同時作業しているからです

 

あとは糖質制限者が低糖質商品を食べてからなんらかの調理はしているはずです

 

全て外食オンリーは開発つまり調理しないから面白くない

 

駄作でも失敗でもいいから糖質制限商品を食べてアレンジして自作した糖質制限レシピを発信してほしい

 

目的がダイエットつまり体重と体脂肪に見た目の細さかを3台欲のひとつである食欲を快適に食べても太らないがテーマでは?

 

朝はサンドイッチにピザ昼は牛丼とハンバーガーで夜はカレーライスと焼肉を食べてもお腹がでないのが理想と考えますね

 

糖質制限は糖質を制限しているけど糖質を制限しない糖質制限食がでるかも?

米やパンに麺といった小麦粉を代表する食品がお腹をみたす

 

タレの糖分がある牛丼も一緒です

 

ピザだってチーズより生地の糖分も満腹感に貢献しています

 

ケーキやシュークリームも生地とクリームの糖分がお腹と脳を満たす

 

糖分が満腹神経

 

満腹神経は自分が作った言葉です

 

一般的に値段の高い肉は脂がおいしくアミノ酸の甘さが表現できない

 

肉の美味しさがほぼ値段に左右されているのが甘さだと思っています

 

動物の脂は魚にもあってイクラを代表する海鮮類が美味しいのは甘いからと感じました

 

醤油でづけにするより素材が甘ければ加工は不要

 

甘さを出すには天然素材の脂だから糖質制限パンはどうすればいいの?

 

お金にモノ言わせて高級糖質制限パンを創る

 

例えるとあなたが糖質制限を意識したレシピを発信するとメディアになる

 

糖質制限食を自分なりに改良して発信するとあなたの糖質制限レシピが世界に発言できます

 

発信先はどこでもいいから発信した内容がメディアです

 

いい本だから読んでみてください

 

Amazon読み放題対象です

 

現在の考えは大豆粉とさらばしてエリスリトールやラカントでごまかす方法です 

 

楽園フーズ糖質制限ドットコム低糖工房ふすまベーカリー小樽ダイニングあたりをコンプリートして好みの低糖質パンや麺がなければ創る予定です

 

焼いてカリカリになる低糖質パンを求める旅は続く