I'll just do it

ゾゾタウンのツケ払いを使う消費者側から見た1つのメリット

アマゾンは圧倒的な経常利益を捨ててアマゾンカラーにそめていき物販は消費者として便利になりすぎた


本が欲しければキンドルで買えばいいし紙の本しか売られていなければ自炊業者に直接送ってダウンロードすればいい

 

送料と自炊代なんて誤差の範囲だ

 

紙の本を買って読みにくくマークもしにくいし本で読んでから売るさいにも無駄な作業時間がかかる

 

マークするのはブログにしたいから

 

自炊本はI文庫からマークした部分を写すだけですみます

 

食料品など以外はプライム会員であるなら送料無料で翌日に配送してくれる

 

コンビニ受け取りもあり旅の最中でも店舗に行かずに商品購入ができる

 

食料品だってまだ送料と配達日数の壁があるがそこに目をつぶればアマゾンで購入できる

 

セブンイレブンの宅配もあるしローソンでも宅配サービスを行っている

 

ガストを含めた外食系でも同じサービスを行っている

 

衣料品だってゾゾタウンだけでなくアマゾンや楽天などで購入することができる

 

ユニクロだって使えるが問題は衣料品であることです

 

本は中身を見るまでわかりませんし家電製品もさわらないとわからない部分もあります

 

食料品だって食べてみないとわからない部分があり衣料品と大差ないと考えます

 

おそらく実際にさわってみたいという理由が家電量販店などの衰退を引き止めていると思います

 

店舗に行く時間と商品を見る時間と帰ってくる時間を天秤にとれば多少の商品購入の失敗があってもアマゾンを利用しない理由がありません

 

そのなかで衣料品だけが一番じっさいにさわってみないとわからないと考えます

 

サイズ表示でもメーカーによって微妙であったり服の生地など含めてこれだけはどれだけ角度を変えて見れる綺麗ない写真があっても実際にさわらないとわかりません

 

食料品の味覚に近いと思っていますがゾゾタウンのツケ払いのメリットは中身をみて返品できることです

 

じっさいに利用していないからどこまでが返品の範囲かわかりませんがさわってみて生地の感覚が求めていたものと違うとか微妙にサイズが違ってきれないときに返品できるとすれば時間効率のメリットと考えませんか?

 

この場合は送料がかかったりのコストで言っているのではなく店舗に行ってじっさいに試着してみて合わなかったから帰ってくる時間を天秤にかけています

 

もちろんフィットして気に入って買って帰ってくるも選択肢に入ります

 

どちらも店舗まで行ってみて帰ってくる時間があります

 

もっと言うと店舗に行って商品がないケースも含めるとできるだけ外食や旅以外は移動を控えたいと考えませんか?

 

能動的ではない移動は無駄な時間とストレスを生み出すだけで生産的とは考えません

 

ゾゾタウンのツケ払いがメリットというより中身つまり商品を見て返品できることが最大のメリットと考えます

 

全てお金がコストではなく時間の損失がコストと考えてツケ払いの返品送料は投資と考えました

 

今や海外の商品でさえ輸入対象で海外発送行ってくれる店舗なら購入することができます

 

自国の住所が必要な国なら代行業者を使います

 

こうやっていくと移動時間の低下をコストと考えて投資していけばずいぶん時間が増えています

 

それを可能にしてきたのがアマゾンでありプライムミュージックは赤字でも突っ込んだ姿勢が理解できるはずです

 

アマゾンはまわりの音楽定額聞き放題サービスを潰したかったと考えます

 

こうやって顧客が欲しいものをつくってくれる企業にワクワクします

 

会社じゃないですよ