I'll just do it

ブログやる意味、手段なのか目的なのか?4月のPV2300節操のない文章の本質は自由性にある

f:id:NQC49636:20160505205308p:plain

最初はブログの生産力はPV資本主義と考えていた
 
理由は生産力つまり生産高を増やすには純粋にPV増やす方が早い
 
もちろんPVは指標としてブログを書いているみんなは意識していると思いますが、数字を増やすだけでなくコメントもらえたり知らない人に見てもらえたりして読者になってもらえたりすると嬉しいものである
 
自分と深く対面する意味で自分の思考回路をアウトプットする
 
アウトプットの行為は文章やしゃべることで自分の意見を発信する= 自己表現と考えている
 
アウトプット能力を高めるためにサイクルをどんどんどん増やしたい
 
ふっと浮かんだアイデアは6割の完成度でも発信するようにしている
 
質が低いから6割の完成度にしかならない
 
回転数を増やすためには試行回数を増やすだけ
 
 
 
見てくれている人がいなければ有名な作者の文章でも駄文だ
 
見てくれている人がいるから文章が生きる
 
そんな内容だった言葉を思い出した
 
最初は自己満足で自分のアウトプットだけのために文章を書いていて全く読者目線でなかった
 
ほんとに他社貢献が理解できなかった
 
 
 
 
ライブドアからはてなに移ってきて読者登録してもらえるになって考えが変わってきた
 
自己肯定して自分を愛して他者貢献して誰かのために何かをしたいと行動する
嫌われる勇気の意味がよく理解できた

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

たったひとつの学びでもあればブログを書いて十分よかったと考える
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

4月のPVは約2,300

 
低い数字や遅い成長でも公開して発信することで後に続く人の参考になってほしい
 
ぼくが小学生の頃に成績が良かったのも結局は勉強の量がただ多かっただけ
 
それと周りが勉強していなかったからだけで成績が良くなる理由
 
学生の勉強なんて暗記してもしまえば簡単なんだけど暗記も量をこなさないと質は上がらない
 
バカな失敗をどんどん繰り返して自分を変化させて新しい自分と対面したい
 
新しい行動には必ず気づきがある
 
ということで英語学習もブログの文章も量を目標にこなしていきたい
 
何文字読んだか何文字しゃべったか何文字書いたか何記事書いたか何冊読んだか
 
現状は英語学習8割以上優先
 
会社辞める前から考えていた
 
どれだけ収入がない期間が続いても英語学習にきっちりケリをつける意思
 
金を増やす目的だけに行っていたパチンコ、競馬、転売には絶対に戻らない
 
英語をじぶんが納得できる範囲まで自分を導く
 
それから好きなことで生きることにありったけのリソースを投入したい
 
ただ行動した先に出る数字の改善が面白しろくなりブログの重要性も高くなっていると感じているじぶんがいる
 
まさに自分と対面している
 
 
 
 
 
 
自己啓発本と好きなことして生きる
 
 
大体の本はやるかやらないかの行動と動く判断の速さを説いている
 
週4時間は
 
最短効率で仕事をして最高の生産高をあげてから今の仕事を考える
 
ティムフィリスは資本主義の仕組みをシンプルに伝えてくれて最短効率で仕事をして最高の生産高をあげてから今のじぶんの仕事に戻りたいかを考えればいいと伝えている

 

「週4時間」だけ働く。

「週4時間」だけ働く。

 

 

自己啓発本は2種類

 
すぐ行動しなさいと
 
すぐ行動する前提のアイディア本
 
ざっくり、2極にわけて即効に行動する人の本と
 
すぐに動く先に考えるアイディアの本を考察したが
 
結論は動くための行動論を述べるか
 
すぐ動かないための無駄な時間論を述べるか
 
もしくは
 
速攻で動いたから知らない街並みに訪れて感じるアイディアの本しか存在しない
 
こっからは仮想空間
 
日本国民の9割以上がすぐ動いていない前提で書く
 
月収50万以上の人が家族と子供の成長養育費に縛られて動けない
 
月収は無視して問題ないから、すぐ動けない人を深く考察して、
 
とりあえず組織に従わない意思を持って、会社の給料に依存しない遊びが仕事になるんだを考察する
 
 
なんとか教の言葉じゃないけど、すぐ行動はどんな宗派でも即実践すると成功につながる
 

宗教を比喩に出しましたが、すぐに行動は一切の迷いない

 
理由は行動にに迷いといいわけが存在しないから
 
 
動けない人は動かない理由をウザく話す
 
 
動かない理由より
 
速攻で行動したアイディアが斬新なんだ
 
みんな世間に習って退職の理由とか書いてんじゃねーよ
 
つまらないからやめるでOK
 
 
9割以上の本は
 
8時17時で働く人のつまらなさと無駄を説く
 
全く異論はない
 
無駄なことを効率よくやろうとしたって無駄なんだ
 
組織に属して、通勤時間を消費したり
 
8時から17時まで定時の時間内を社内で拘束して
 
8時から17時まで必要ない仕事みたいなフリをして
 
もらう賃金に疑問性を感じてきた
 
 
 

文書の書き方

 
 
 

興味の対象

 

まずはその分野に興味がないと読まない
 
自分で言うとゴシップネタや精神論の自己啓発には興味がない 
 
自己啓発は行動することを最終的な目的としてその過程を長々と書いている
 
ゴシップネタは人の揚げ足をとった記事が面白いのかって問い詰めたい
 
 

記事はタイトルと最初が大事

 
 

タイトルと内容に興味がある

 
冒頭から食いつけることを最初に考えた方がいい 
 
興味がある分野でも冒頭で食いつかないと読まない
 
少なくともじぶんは買った本を読まない選択肢が多数ある
 
だから最初が面白しろくないといけない
 
自分は裏を返すとここがクリアできていない
 
 

誰に向けて書くのか

 
もちろん自分に言い聞かせる意味で書いたっていい 
 
自分の場合だとある特定の個人にズバッと向けて書いたりする時もある
 
矛盾点を改善提案として書くときは世界へ向けて書く
 
誰に向けて書くのかは個人であれ多くの人々であれ絶対に明確にしないといけない
 
 
 
 
 

結論が先にある

 
結論を先に答えてその過程を書く
 
結論は実は見つかっていないという理由を書いてもいい
 
ほめられる文章よりけなされる文章のほうがいい 
 
型にはまらずに自分の言葉で自分と向き合って好きなことを書く
 
重要な要素は自分と向き合って好きなことを明確にする
 
どう見られるかを気にせずに書きたいことを書く
 
前半と後半がバラバラで意味不明な内容だっていい 
 
誰かに向けて好きなことを書いている自分と向き合うだけなんだ
 
 

 

<不良>のための文章術 (NHKブックス)

<不良>のための文章術 (NHKブックス)

 

文章素人だからとりあえず文章の書き方を片っ端から読んで参考にした本

 

文章も人生も一緒

  • 人と同じことをしない
  • 常識を疑う
  • とりあえずやってみる
  • 試行回数が品質をあげる
  • アイディアを試して行動してから考える
  • お金を卓越した改善数字主義になる
  • お金なんか物々交換のバーチャルマネー

 

どんな小さな経験でも恥ずかしくて発信しないデメリットより

 

発信した自分と向き合うメリットの方がでかい

 

逆に問い詰めたい

 

アウトプットつまり発信しないことはデメリットだらけ

 

自分の私生活をペンペン草のように刈り取って真っ裸にしてアウトプット=

 

発信した先はカミングアウト諸侯群になれる

 

すっぴんで真っ裸の人が美しく感じる

 

自分を好きになることはとりあえず難しいと思うから

 

自分のネガティブな部分に立ち向かって打ち消して

 

行動すると良いと間接的に伝えましたある人へ

 

イライラや嫌いにその人を受け入れないは

 

相手に対して求める行動が高すぎる

 

ネガティブ要素は基本ストレス

 

ストレスは自分以外の他人とペースが合わないことで存在してくる

 

他人に合わしてストレスを感じるなら自分のペースで走ればいい

 

交通渋滞に巻き込まれてアクセルのオンオフがストレスなら

 

アウトバーンですっ飛べばいい

 

家族といえど姉ちゃんがシングルで実家に戻って何もしないと感じてストレスバリバリで皮膚炎になるなら姉ちゃんと距離をおけばいい

 

自分例

 

おばあ脳出血

 

おばあの介護したい

 

会社辞める

 

英語勉強したい

 

世界一周したい

 

キャンピングカーで日本一周したい

 

片目が歪むストレス眼の病気は回復

 

毎日むかつくばばあに会いに行って英語に触れてチョコっとアウトプット

 

毎日バーベキュー

 

 

そう考えると脳出血のおばあに感謝

 

脳出血のおばあはブログ文章書く時から答えにしていませんでしたが

 

節操のない文章はここにあり

 

みんな文字数や品質を気にせずにブログ書いてください