I'll just do it

ネットオークションで稼ぐ方法

今はもうほとんどやっていませんが、何年か前に副業としてネットオークションを利用していたことがあります。
といっても本格的に仕入れをしてそれを売るというわけではなく、あくまで不要品を売ることで利益を得ていたという感じです。
色々なものを売りましたが、特に利益が出る(=購入した価格より高く売れる)ことが多かったのは、アニメや漫画などの本やグッズ等です。
これらを売ろうと最初に思い立ったのは、昔「鋼の錬金術師」という漫画にハマっていたとき、
コミックスの限定版についていたグッズをネットオークションに出品したら、
定価が600円程度のものに6,000円の値がついたという経験があったからです。
まさか10倍もの値段になるとは思ってもみなくて、非常に驚きました。
当時私は学生で、引っ越しを機にマンガを処分しようと思っただけだったんです。
それだけに、この出来事は強く印象に残っていました。
 
副業といえるものには色々なものがありますが、本業に支障がでないよう自宅で作業ができて、
かつ手間がかからないものと考えたときにネットオークションは最強だと思います。
特に当時の私は、シフト制の仕事で働いていて不規則な生活をしていたため、
アルバイトなどとは違って時間に縛られることのないネットオークションという存在は、
とてもありがたいものでした。
元々、私はアニメや漫画が好きなんです。
おもしろいと言われているアニメや漫画はほとんどチェックしていますし、
好きな作品なら原作を集めたりDVDを集めたりもします。
でも読み進めていくうち、放送が進むうちに、なんとなくつまらなくなってきたな、
最後まで集める価値はないなと感じるものも出てくるんですよね。
ネットオークションに出品していたのはそういうものたちです。
といっても、普通のお店で発売後しばらく経ってから購入したようなグッズにはほとんど価値がありません。
DVDやブルーレイなら初回盤、コミックスは絶対に初版。
そして必ずアニメ糸などの専門店で購入したものでなければ高値がつくことはほとんどありません。
というのも、専門店で販売されているものには、その店舗独自の特典がついていることが多いからです。
限定盤を買い逃してしまった人、後から店舗オリジナル特典があったことに気づいた人の需要を満たせるものではないといけないということですね。
店舗オリジナルの特典はもちろんのこと、購入時についていた書籍の帯、チラシなどは
すべて保管しておくとさらに値段はあがります。
放送当時や1巻が出たばかりの頃はあまり話題になっていなかった作品で、
後から人気が出た作品などは特に高値がつくことが多かったです。
 
店舗オリジナル特典がつくもの以外で利益が出やすいグッズといえば、
地域限定グッズや競争率が高く手に入れにくいものがあります。
地域限定グッズもいくつか売りに出したことがありますが、
中でも一番高く売れたのは、自治体とアニメがコラボして作ったオリジナルグッズでした。
これは期間限定かつ枚数限定で配布されたもので、
市内の観光施設を数か所回ってスタンプラリーを制覇するともらえるというものです。
自治体としては春休みに向けて旅行者を増やそうとの目的で作ったもののようでしたが、なんと配布開始から2日で準備数が終了。
オークションでの値段は跳ね上がりました。
スタンプを押すのに有料の観光施設に入る必要はないため、元手は0円。
それが1万円近くで売れるというのですから、笑いが止まりません。
旅行者ではなくほとんどは私のようなその自治体の住人が受け取ってしまったんだろうなと思うと、
地方自治体の無計画さにはちょっとだけ呆れつつ、罪悪感も持ってしまいました。
 
その他、ネットオークションで高値で売れるアニメ漫画グッズといえば、映画の来場者特典です。
これも配布数が限定されているものが多く、都会では手に入りにくいようですね。
でも地方都市の映画館ではこういったグッズも有り余っているんです。
元々興味はある作品なので普通に映画を楽しみ、
帰宅してから得点をネットオークションに出品するだけ。
人気のある作品なら映画の鑑賞料金分はゆうに超えた金額で売ることができます。
その特典がランダムで配布されるものだったり、
映画の一場面を切り取ったフィルムだったりすると、モノによってはさらに高値がつきます。
人気のあるキャラクターのものだったり、映画の名シーンのフィルムを手に入れることができれば、
映画の鑑賞料金が何倍にもなって返ってくるというわけです。
 
アニメや漫画に興味のない人にとってはなかなか真似できる方法ではないかもしれません。
でも、目をつけていた作品のグッズが高く売れるようになるというのは素直にうれしいものですし、もちろんお金の面でもウハウハです。
私の場合は本業が忙しくなってしまったため、今はほとんどネットオークションは利用していませんが、
趣味を生かしたお小遣い稼ぎをしたいという人にはぴったりの稼ぎ方なのではないでしょうか。