I'll just do it

文章が書けなくなった時に有効な方法

 

 まず第一なんでブログの生産効率が上がらないかを考えた

 
文章量が圧倒的に足りない
 
じゃぁ文章量増やしたいつまり記事も増やしたい
 
どうすればいいんだろう圧倒的に早くタイピングすればいいんだろうか?
 
自分のタイピング能力は
 
ブラインドタッチができていない
 
つらいよねーいろいろ覚えようとしたんだけどなんかも癖がついちゃって
 
手がついていかないのよ
 
そこでタイピングだけで文章書くのではなく
 
以前からアウトプットは文章としゃべることと考えていた
 
つまりしゃべったことが文章になればいいんじゃないの
 
ということで音声入力を調べました
 
以前からスマホでも文章の入力がものすごくやりにくく
 
キーボードじゃないと打ちにくいありえんと豪語していました
 
タイピングが遅いくせに威張ってんじゃねーよ俺
 
フリック入力ももちろん試しました
 
悪くは無いけどそれだけでしっくりくると思えなかったです
 
指を使って文章を入力すると言う一面的な発想を捨てて
 
言葉で喋って文章を入力するという方法を試そうと思いました
 
元来喋るのも下手でうまくなりたいと言うのも狙いです
 
文章がいっぱい書けてしゃべりが上手くなるなんて
 
最高の生産効率じゃないのー
 
細かいメモは実は今まではEvernoteに音声メモしていました
 
音声メモだけであるとテキスト表示されず
 
音声単体のファイルになってしまいます
 
わからない事はすぐGoogleに聞けば教えてくれるから
 
いつものGoogle先生に聞きました
 
すぐ調べた方が早いですよね
 
と言うことで今この文章はEvernoteに直接音声入力しております
 
これがめちゃくちゃ入力しやすくて
 
滑舌が良くゆっくりしゃべれば認識してくれます
 
自分の滑舌ってみんなにめっちゃくちゃ悪いって言われるんだけど
 
そんな自分でも認識してくれるからオッケー
 
 
音声入力によってものすごくブログの生産効率が上がりました
 
んんんということはパソコンで記事を書く人が減り
 
iPadやiPhoneにアンドロイドを含めたこの言葉大嫌いなんだけど
 
スマホに移行していく動きがものすごく上昇する
 
それに伴いブログなどの文章やレイアウトも
 
スマホに移行される
 
昔からiPhoneとMacBookairにiPadの3つのうち
 
どれか1つ捨てれないかと真剣に考えていた
 
身軽で動くためにできるだけ軽く少なくしたいんだ
 
捨てたい3つのうち MacBook Airだけは絶対にしれないと固定観念を持っていた
 
その固定観念が音声入力により今大きく崩れた
 
ブログと呼ばれる文章を投稿するプラットフォームは
 
iPadやiPhoneで入力した方が早くなってしまった
 
もちろん細かい認識不足やパソコンでしかできない修正もあるが
 
キーボードでしか入力しないと言う固定概念を捨てれてよかった
 
 
こんなGoogleに聞けばわかることでも毎日生産高をあげたいから
 
常に改善をしているんだ
 
どんなくだらないアイディアでもとりあえずやってみて調べてみる
 
この音声入力もいっしょだよ
 
調べて読み出ている事でも僕はわからなくて
 
思いついて試してみたんだ
 
そんなひゃっこあるうちの1つのものすごいアイディアが
 
恐ろしい生産効率を上げることもあるんだよ
 
 
ということで毎日更新できないのが怖いから
 
予約投稿のためにストックしておいた記事を
 
今から全部投稿します
 
こんだけ生産効率がものすごく上がったんだから
 
毎日1記事なんて余裕過ぎる
 
ここまでキーボードには触っていませんよ
 
音声認識がされていない所だけiPadで修正しました
 
いろいろやってみて改善しましょういろんな所を
 
こうやって音声認識により大量の文章が書けることになるので
 
Googleのアルゴリズムをかえると想像します
 
動画編集などまだまだパソコンでしかできないことが多いです
 
だが文章だけの入力に関しては音声入力が自分の中では上です
 
iPadとiPhoneの利用は文章を読む事に特化したツールです
 
明るさ調整を行うことにより僕の青空オフィスでも
 
キンドルで英語学習ができます
 
これで上でしか出版されていない本も
 
躊躇なく自炊してiPadやiPhoneにいれれます
 
いずれはiPhone 1つですべての作業を行えると信じています
 
スティーブ・ジョブズが作ったiPhone は
 
世界最強のモバイルツールと信じていました
 
iPhone 6などもためしに買いましたが
 
iPhone 5sが最強だと思います
 
 
音声入力によりダラダラとした長文になってしまうことが増えます
 
逆にTwitterのように文字制限がある場所で
 
いっぱつでびしっと伝えられる能力の方が必要になる
 
 
いやーよかった音声入力に出会えて
 
キーボード入力による体の疲れや肩こりが減少されますが
 
音声入力によって喉がやられています今
 
いろいろやってみて改善するしかないんですよね
 
今まさに自分の考えを表現できる
 
脳内キーボードを、手に入れました