I'll just do it

2016-3-15 USBで充電可能なチャージランプは350ルーメンバッテリー5200mA/hとしても利用できます

 
Evernote Camera Roll 20160315 195942.jpg

 

完全防水 水深2MまでOK

 

バッテリー5200mA/h 

 

明るさ350ルーメン

 

モバイルバッテリー5200mAhとしての容量があり、350ルーメンの明るさが購入した動機だ

 

Evernote Camera Roll 20160315 195948.jpg

 

チャージランプは充電式使用であり、モバイルバッテリーを必要しないのと防水が超ポイント

 

MAX充電で350ルーメンを5時間使える

 

モバイルバッテリーを使わずとも、5時間使えるため

 


をモバイルバッテリーなしで5時間使えることに匹敵する

この記事を参照にしてください

www.takeshihattori.club




お互いの商品は蛍光管と、電球であるから明るさの比較対象は難しいが

チャージランプは直視すると残像が残るほど眩しいくらいに明るい

 

 

さらにアンカーソーラーパネルで日中は充電して夜に備えることができる

2016-3-8 Anker PowerPort SolarでMac12 を直さしして充電した オフグリッドMac12利用者へ - I'll just do it 思い立ったらやるだけ



2016-3-6 Anker PowerPort Solar21WでI phone 5sを充電した - I'll just do it 思い立ったらやるだけ



2016-3-5 I pad air2 をAnker PowerPort Solar21Wで充電してみた - I'll just do it 思い立ったらやるだけ



Evernote Camera Roll 20160315 195955.jpg
Evernote Camera Roll 20160315 200000.jpg

 

いきなり、真っ暗にしましたけど、写真は室内照明を全て消してモバイル照明を撮影した状態

 

Evernote Camera Roll 20160315 200005.jpg

 

モバイル照明をアンカーのモバイルバッテリーで充電しながら照らしている状態です

 

アンカーのバッテリーで充電しながら使用すると照明は1段階からあげれませんでした

アンカーのモバイルバッテリーは、充電と給電の同時作業をリミッター作業している様子 

 

Evernote Camera Roll 20160315 200010.jpg

 

チャージランプ1段階の明るさです

 

Evernote Camera Roll 20160315 200808.jpg

 



続いて2段階の明るさです



写真で伝えられないけど、2段階の明るさでも夜は過ごせるレベルです

自分の好みでない白熱色だけがデメリットです

Evernote Camera Roll 20160315 200817.jpg

 

これがマックス3段階目の明るさの写真撮影です

 

典型的な夜間のLEDにありがちな直接的に眩しい明るさです

自分の好みではない照明ですが、6畳だけを照らすなら十分の明るさ



 

 

Evernote Camera Roll 20160315 200822.jpg

 

充電して持ち運べるモバイル照明はチャージランプ

 

  • 充電量5200mAhあり22Wアンカーソーラーパネルなら半日以内で充電可能で、充電後の夜間は350ルーメンが5時間使用できる
  • チャージランプからI phoneなどが充電できる
  • LED特有の直接的な眩しい明るさがマイナスポイント
  • 自分の好みと違う蛍光色ではなく、白熱色である

 

昼間にチャージランプをアンカー22Wでソーラー充電して、夜間にチャージランプを使用しても給電の必要なくチャージランプのみで夜を過ごせます

白熱色が好みではない自分には慣れていないけど

照明に充電して持ち運べる、モバイル照明は明日から夜間照明で活躍します

オフグリッドをガチで追求するのは、夜間に照明がない北海道を走った時に直感的に電気を作らな祈雨てはいけないと感じました

暗闇の怖さを感じてから、今まで灯りがあって当たり前の生活を日本でしてきたことが当たり前になってしまい、電気のない夜を肌で経験してから、電気がないから創るという発想で、電気を作る行為に夢中になってしまった
 

 

チャージランプの使い方を考察した

 

17時から翌日の1時までの室内照明とバルコニーBBQの照明をソーラーパネルで充電したい

 

チャージランプを昼間にソーラー充電することにより、350ルーメン使用しても5時間使用できます

 

マックス手前の2段階を併用することにより、17時から翌日の1時まで使用可能になる

 

弱点は自分の好みではない白熱色の5500ケルビンである 

 

蛍光色のモバイル照明はAmazonで探しましたがみつかりませんでした