I'll just do it

Anker PowerPort Solar21WソーラーチャージャーでMac12 を直さしして充電した オフグリッドMac12利用者へ

 
Screenshot 2016-01-13 12.02.51.png
 
PowerPort Solarへつなぐと、あっさり充電マークがつく
 
めちゃくちゃ嬉しい瞬間
 
Mac12がソーラー充電できるんですよ
 
それも直差しで 供給の電力量が太陽光で足りていることの証明だから
 
Screenshot 2016-01-13 12.03.14.png
 
Screenshot 2016-01-13 12.03.18.png
 
31分経過して5%充電できた
 
Screenshot 2016-01-13 12.34.32.png
 
1時間34分経過後12%充電
 
ガチで夢が広がる PowerPort Solarもって旅できそうな予感がひしひしとわいてくる
 
Screenshot 2016-01-13 14.08.15.png
 
この時間充電されていないのはWiFiつないでDropboxの同期していたから
 
つまりこの3時間1分の間は無線につなぎっぱなしで72%と維持していた
 
天候状態のコンディションはとてもよく晴天の状況
 
今までの体感では1日外に置いておくと、20〜30%ほどの充電能力 WiFiにつながない前提である
 
Mac12の場合求める電流が多いから、直接充電するのは非効率だ
 
ただPowerPort Solarが2ポート備えているため、1つ使わないのがもったいないため
 
I phone 5sを充電させるのが一番理想
 
直さししても1番充電されやすいしため充電ロスが少ない
 
I phone 5sであればPowerPort Solarで十分充電できて電気が余るいくらいだ
 
この辺りからソーラーパネルで充電の可能性をかなり感じていた
 
オフグリットのスタート地点はPowerPort Solarと決めていた
 
パソコンがソーラー充電できるようになったことは、デカすぎる事実
 
みんなMac12に変えよう
 
Screenshot 2016-01-13 17.09.17.png



I pad air2 をAnker PowerPort Solar21Wで充電してみた

 

 

Evernote Camera Roll 20160113 115317.png

 

1分で2%充電された

 

おっ期待してしまうが
   Evernote Camera Roll 20160113 115415.png

 

太陽光によって充電状況はかなり左右されるから期待しないこと

 

Evernote Camera Roll 20160113 120404.jpg



Anker PowerPort Solarを利用して1日条件の良すぎる時で
 
だいたい半分くらい充電される

写真の日がその状況で行ったもの

毎日外でソーラー充電しているが、だいたいこんな数字に落ち着く

2.68w/hのモバイルバッテリーを約半分充電できるから

コンディションの良い日は1.34w/h充電されることである

22Wのソーラーパネルで充電している状況である

細かい計算や平均は求めることはできるが、太陽光は安定しないので

きちっとした数字を出せず、長いスパンの平均的な数字で考えた方が良い

もっと言えばこのように実験的に行い、数字を体感する方が早い

行動しているから

机上の理論で頭でっかちになり計算式だけで答えを出そうとするのは遅い

数値もデーターも行動した生の数字が欲しいし生きるのだ

ブログのアクセスやアフィリエイトの売り上げ、ブログ収入なども一緒だ

やってみてから考えればいい

もちろん80/20を使い有効的なマネタイジングはできるが

動いた後の生の数字が必要であり価値がある

動いていない机上の理論だけの数字には興味がない

身銭を削っていない

 

Evernote Snapshot 20160113 165801.jpg