I'll just do it

IT化の遅れている業界

 
運送集配物流におけるIT化について BYOD
世の中のビジネス業界はインターネットが普及してから、大きく様変わりしました。
 
人とのコミュニケーションは、体面による会話からメールやWEB会議、テレビ会議といったように、時間とロケーションを大幅に短縮するような方法に一気に変わってきました。
 
また、スマートフォンやタブレットパソコンの出現もビジネススタイルの変化に大きく寄与しています。
 
モバイルインターネットです。
モバイルインターネットにより、外にいながら仕事ができる環境に変わってきています。
 
よく見る光景は街の中のカフェやレストラン、駅の構内空港でノートパソコンを開いている仕事をしているビジネスマンです。 彼らの仕事は、モバイルインターネットやITを駆使した方法でビジネススタイルを大きく変えてきました。
 
これによって、時間と場所を選ばずに、スピーディーな動きで仕事をこなすことができました。
 
まさに各企業は、インターネットとIT技術を採り入れて運用していかないと、成長するどころか、乗り遅れること必至です。
このことは、物流業界でも同じです。
物流の業界でもIT化が非常に進んでいます。
 
インターネット発達による時間感覚が短くなった昨今、お客からの要望にスピーディーさを要求するレベルが大変、上がってきたのはないでしょうか。
 
それゆえ、各セクションに至る所までIT化に対応していかなければ生き残っていくことが難しいのです。
 
物流では、まずお客からの荷物の集配があります。
個人の宅配物の場合、荷物が直接、営業所に持ち込まれる場合と
自宅やコンビニエンスストアに集配があります。
 
当然の集配依頼が一般家庭からあった場合は、近くにいるドライバーと営業拠点との間でやり取りが行わるのですが、依頼主の場所に近いドライバーが立ち寄り、預かる事もあります。
この場合には、配送トラックに登載されているGPS機能を使い、ドライバーに指示することになります。
次にあるのが、荷物の配送です。
荷物を引き取り、送付先への配送については、登録されたデータに基づき運ばれることになります。
 
この時点で荷物が何処のルートでどの地点まで運ばれているのかが、分かるような仕組みになっています。
一種の追跡調査とも言えるのでますが、これは顧客からの到着確認依頼があった時に、大変便利な仕組みです。
 
荷物を受取るお客の視点で考えると、到着予定時間が分かれば、到着時間に余裕があるのなら、他に有効な時間を当てることができるかもしれません。
そのようなことを考えると、配送プランと集配システムを連動させながら、物流の動きをリアルタイムで把握できることが可能になってきます。
 
この仕組みは、既に確立されていますが荷物のデータが常に動きを監視できるようになっているので、送付の伝票番号さえ分かれば、ほぼリアルに近いレベルで荷物の動きが分かるようになっています。
これらの一連の荷物の動きは、トータル的な管理のシステムで把握、コントロールされています。
 
荷物の引取については、その日の引き取り依頼データをまとめ各ドライバーの持つ端末途情報共有が図られ、トータル的な集配管理システムの中で、配送計画が策定されることになるのです。
 
それがまとまると、翌日以降の集配送に必要なドライバーの行動スケジュールにも伝わり、細かな時間でプランニングされた内容でドライバーが走ることになるのです。
このように配送については、荷物のトレーサビリティを重視したデータが常に更新されていきます。
それには、情報センターにある電算センターと週配送センターとの連動したIT設備が必須になってきます。
しかも、固定のネットワークによる運用では、顧客のニーズに追いつくことが困難です。
 
各ドライバーには、モバイルインターネットが使える物流専用の端末やスマートデバイスが必須アイテムとなるでしょう。
これにより、荷物の配送計画が把握でき、どの荷物を何処の場所に届けるのか、何処のお客の荷物を引き取りに伺うと必要があるのかも即座に把握することが可能になってくるのかもしれません。
 
しかも、前述のように、トラックのIT化も必要です。
現在では、GPSによるルート把握がメインでしょうが、将来はより高度な役目を果たす可能性もあります。
これらのIT化で、荷物の集配送の管理は、以前と比べて、正確性
・迅速性・確実性が大幅に向上しているのではないでしょうか。
そのおかけで、荷物の計画的、経済的な集配が実現できているのではないかと思われるのです。
 
このような集配送に係るデータは全てセンターで管理されることになるので、後々の顧客への請求処理や法的な書類管理にも重要なIT設備友言えるでしょう。
これらのデータは全て、電子的な取引データとして管理されることになります。
一方で、未だに紙文書のデータも残されています。 
それは荷物の送付申込伝票です。
顧客が使う書類ですが、送付先を顧客が手書きで記入したもので、紙媒体で扱われることになります。
 
しかし、これは物流会社では、法的管理必要書類の部類に入ってしまい、きちんとすべて決められた保管年数まで倉庫で持っておく必要がありました。
しかし、これらも全て電子データとしての保存がIT設備の発展とともに、保管方式も大きく様変わりしそうなのです。
 
これらの動きを意識しつつ、物流業界でも管理手法が異なってきました。
IT設備の導入は、単なる企業の経営を一変させることさえ不可能ではありません。
それだけIT設備に必要な設備予算計画を建てて、各機器を現場に導入しているのです。
物流業界は、ビジネス業界の中でも、荷物の動きに関するシステムは一番、進んでいる業界かもしれません。
何故なら、荷物の動きをリアルタイムで把握するためには、精度の高い仕組みを構築するだけでなく、そこには熟練したプロの職員の動きと理解も必要にされているのでしょう。
 
昔は物流業界と言うと、無線系のシステムが投入されていました。
この運用目的も今のインターネットのような用途と基本的には変わりません。
常に最新の情報を物流会社側が、常に把握しておくことで、どのような問題が発生しても確実な判断をスピーディーにお客に伝えることも可能になってくると思われるのです。
 
無線のシステムでも、常に荷物の集配送の情報がな共有化されていました。
そのデータは、IP化によってインターネットでのやり取りも可能になってきたことから、近い将来のIT化を目指すのなら、軽い端末よるシステムの特入検討がより簡素で正確的な端末を作るのことができそうなのです。
これから考えていく必要があるのは、物流業界の中でのクラウド運用です。
クラウドサーピスに対応をお願いするのでああれば、各ドライバーが使っている専用の端末をもたせるのではなく、自分のスマートフォンです対処させることも必要かもしれません。
 
それはBYODと呼ばれる考え方で、プライベートの端末を企業のイントラネットで活用させる動きや考え方が増えてきました。特に物流業界でのIT化では、個人レベルでの運用ニーズも高いことから、クラウドサービスに移行することにより、ドライバーのIT機器利活用の精神的負担を軽くすることもある意味、メリットの1つになるかもしれないのです。
 
このように物流業界のIT化は、ビジネス業界において、いち早く多くの種類の機器やシステム、サービスが導入される業界なのかもしれません。
これらの機器やシステムが使うことで、この数年でも、大きくスタイルが進化しているのです。