I'll just do it

自己都合退職、有休消化中に仕事の服と安全長靴を捨てた

2月29日が最終出勤日で退職決意したときから、出勤最終日はロッカーなどの自分のものは捨てる腹構えをしていた
 
過去の仕事や競馬やめたときでもそう
 
仕事やめたときは自分の備品は人にあげずに全部捨てた
 
競馬やめたときも、データや全てパソコンないから消去しハードディスク壊して
 
パソコン買い換えた
 
決意と覚悟の表れというより、吐き出して捨てたいんだ 特に男は
 
これは女性に理解されないのがよくわかった
 
最近見た記事で納得した
 
男は出したい生き物だから、出してスッキリする
 
女からしたら理解できないのも当然だ
 
自分の性格がまさにそうで、全部隠さずにしゃべりたい うそつきたくない ごまかしたくない 真っ向から行きたい
他人から見たら言いたくないことや恥ずかしいことでもしゃべれる
 
というより全く真逆でさらけ出すのが気持ちいい
 
この原因は性癖からきていて本当のドMに目覚めたからだろう
 
少々脱線したけど、何かをやめるときスパッと全部を捨てたいい人はいるはずだ
 
よく昔言った、女はわかれてきれいさっぱり男からもらったものとか捨てれるけど
 
男は未練がましくいつまでも持っているのを聞いたことがある
 
その感覚に自分は近いと思っている
 
何か少しでも新しいことやるときや、今までのことと決別するときはきれいさっぱり捨てたい
 
むしろ保管していろと言われる方が辛い
 
元来捨てたい症候群なんだ
 
その捨てたい症候群の由来が多分ものや人に対する記憶を増やしすぎる
 
というのは色々試したから、物品問わず人の誘いも全ツッパオールOKで参加する
 
そうやっていくと物は捨てやすいが、人の気持ちは捨てにくい
 
特に長く過ごしたりして情が湧いてくるとこっちが辛い
 
向こうが思ってくれる感情に比例する
 
その感情を飛び越えた以上に自分の信念に従って生きたいんだ
 
 
高校やめたときは学校には生きる意味がないって言って自分だけの考えでやめた
 
パチンコやめたときは金だけのためにやるのが嫌だってやめた
 
佐川やめたときは競馬で生活がしたいってやめた
 
競馬やめたときはInternetの普及により勝てなくなったのと最大の理由が世界に飛び出るためやめた
 
今の会社はおばあのためにやめた
 
それぞれ辞める決意をしたときに、それまでの過去の副産物は全て捨ててきた
 
辞めるには理由があるんじゃなく、辞めてから理由が来る
 
難しいことは考えなくていい
 
 
そんな先の収入を考えずに後先考えずやってきたが、次は先の収入を作ってから辞めるって考えていたけど毎回見切り発車で決断している
 
今回もそうだ
 
引き止めていただいている人の気持ちと行動は素直に嬉しい
 
知らない世界へ飛び込むのはワクワクして楽しい
 
全て辞めて捨てた行動をしたときは、次の世界で余裕でで確信を持って辞めた
 
 
高校 アルバイトしなくてもパチンコで余裕で稼げる
 
佐川 競馬で食いたいしパチンコのノウハウも持っている余裕
 
競馬 Internet転売も自信あるし、何より日本以外の言葉の通じない文化を知りたい 知らない世界が見たいんだ
 
会社 おばあの死を意識したとき、自分の生き方に疑問感じた 介護のために生きるのは自分のためでもある
 
 
結論は理屈じゃないっていうこと
 
捨てたいから捨てたただそれだけそれ以上でもそれ以下でもない
 
次のことをやりたいから辞めて捨てたんだ