I'll just do it

2016-2-13 薪で沸かす風呂屋八幡湯へ行ってきました

名古屋市昭和区御器所に薪風呂八幡湯はあります
 
 
 

 
 
車内泊に挑戦して薪風呂入ってくしゃくしゃに酔っ払ってダウン捨ててシュラフなしで窓開けてひっつき豆いっぱいついて脇腹痛くて腰にミミズ腫れの傷に下半身後部が冷たいのを全く覚えていない


出発前のENGEL ( 澤藤電機 ) エンゲル冷凍冷蔵庫 [ポータブルSシリーズ] DC電源 (容量14L) MD14F-D
 
 
Evernote Snapshot 20160130 162932.jpg
 
よくわからんからダイヤルはMAXに
 
Evernote Snapshot 20160130 163322.jpg
 
エンジンかけてランプがついたところ
 
Evernote Snapshot 20160130 165014.jpg
 
それでいきなり薪風呂前の神社
 
八幡湯の専用駐車場あったけど気付づに通りすごり北側の有料駐車場に停めたところ
 
相変わらず方向音痴
 
Evernote Snapshot 20160130 172230.jpg
 
運転時間30分もない
 
あま市から昭和区まで当然高速使ってます
 
Evernote Snapshot 20160130 172230.jpg
 
湯の看板を直していないあたりは若干嫌な予感した
 
Evernote Snapshot 20160130 172322.jpg
 
本当に団地の団地の中で田舎臭さありあり
 
名古屋市内だから完全都会だけど、こういう風呂屋があったのね
 
Evernote Snapshot 20160130 172335.jpg
 
こいつが専用駐車場
 
ライトを照らしている車の方向から来たんだけど全く気付かず?
 
日本でも海外でも初めての場所はすべて方向音痴
 
 
Evernote Snapshot 20160130 172425.jpg
 
深夜2時までやっていて
 
1時までに入ればいいらしい(場内に提示あり)
 
以下は箇条書き
  • 番頭はおきものみたいなじじい(帰りありがとうございますって言ったら挨拶してくれた)
  • じいさんばあさん多く常連客ばかり見たい
  • 電気風呂は本当に電気でしびれる 俺は肩まで入れなかった 足入れただけでつってきた 指圧の先生みたいなじじは肩まで入って数十分入っていた
  • 多分木の風呂が薪風呂っぽい? 体の芯から暑くて汗が止まらなかった サウナと違う暑さで俺は5分入るのが限界だった いい意味で汗だく
  • 奥には寝る風呂とか水風呂にサウナもある サウナは入っていない
  • 寝る風呂は天窓から夜空が見えて気持ちいい
  • 場内は石鹸やタオルは持参
  • みんなカゴに入れてもっていた
  • さらに八幡湯内で盗難事故などあるらしい
  • 場内に手書きの提示があった
  • 生産高考えると苦しいと思うが(勝手に利益計算してしまう)
  • 入浴料420円(その他には420円以上消費する場内サービスがないから)
  • 風呂屋に行っても思ったが客層が高齢層で20代を風呂に入れるかが鍵の産業
  • せっかくFacebookやっているから広告のやり方はありあり
  • ここまで考えて行って思ったがどうやってお金を消費させるかがどの業種も鍵
  • 俺ならここで飲めて寝れれば最高 飲んだら女はいらないぼにょぼにょ
 
昔からあった風呂屋の周りに住宅ができていったんだろう
 
中村にも古き良き風呂屋がある
 
俺が後継者になったら違う風呂屋になるからやめとく
 
レジャー施設になった風呂屋へ行くより
 
カオス感ある昔の風呂屋へ行く方が楽しい
 
ホームページなんかでは分かるわけがない
 
行って感じろ イッテ感じろ
 
Evernote Snapshot 20160130 182441.jpg
 
本当の目的地についてもモバイル冷蔵庫はこの温度
 
本気だけどこの冷蔵庫をオフグリッドで動かす予定
 
常時電源を入れるのではなく
 
冷蔵庫内に凍ったペットボルを入れて
 
定期的に電源を入れる予定
 
Evernote Snapshot 20160130 182547.jpg
 
最終的に寝た温度と=
 
Evernote Snapshot 20160130 190625.jpg
 
で到達して勝手に写真撮った
 
俺は他人から見た自分は全く気にならないけど
 
友達はそうでもないから場所は秘密
 
 
 
Evernote Snapshot 20160130 190701.jpg
Evernote Snapshot 20160130 190711.jpg
 
待っている間、すこーし投稿していないブログの下書きして
 
ネピュラチェーンとソーラーパフの準備
 
Evernote Snapshot 20160130 191243.jpg
 
時間すっとんでペレットストーブでゆで卵作る計画
 
寒い夜は汁気がないと生きていけないのは犬山で痛感した
 
特に夜食べれなくても、朝速攻で火入れれば体が温まる
 
生きるために火をたく そこで学んだんだ
 
飲み過ぎないのは学んでいない
 
Evernote Snapshot 20160130 203017.jpg
 
ソーラーパフでも灯り足りないから(東の最終処分場が9時過ぎたら灯り消えた)
 
これくらいのことは想定の範囲 停電力の灯りは入手している
 
こいつらを利用して日没から20時までは家庭の灯りを使用していない
 
常に何もない状況を想定して毎日シュミレーションしている
 
まだまだ、
 
Evernote Snapshot 20160130 205428.jpg
 
ペレットストーブでゆで卵作りたかったけど
 
実験より火力弱いから速攻チェンジ
 
未経験の環境で自分を実験したいから
 
色んな手は打ってある
 
最終的にはスミノフ最強
 
VOKKA最強異論は認めない
 
一番は友達最強
 
いなかったらどうなっていたんだろう
 
酔っ払っていない友達に感謝しかない
 
このあとだいーぶ無茶苦茶で
 
どうしようもない状態の俺なのよ
 
 
Evernote Snapshot 20160130 205845.jpg
 
カウントダウンで満員になる場所らしい
 
俺が世間的に認知されたブログの管理人になれば
 
この場所は勝手にさらけ出されるでしょう?
 
そうなった際には全力で友達にもそういう人になっていただきたい
 
こっから先は心の底から友達に感謝している
 
車内に連れていただき、シュラフも変えていただき
 
(シュラフには入っていないけど)
 
本当に心のそこから感謝している
 
なんであなたは私の周りにいるんでしょう?
 
ってむかつく発言したいけど本当に助かった
 
多分、俺一人なら、??していた
 
 
Evernote Snapshot 20160130 210302.jpg
 
ピンボケたワイルドストーブ
 
Evernote Snapshot 20160130 212050.jpg
 
ペレットは暗闇ではこういう燃焼をする
 
Evernote Snapshot 20160130 212948.jpg
 
1日でもいいから人生で無駄な夜を過ごしてほしい 世間体から離れて
 
8時から17時まで働く人はやらない行動
 
 
Evernote Snapshot 20160130 213001.jpg
 
酔っ払って撮った灯りは美しない
 
造られた火は求めていない
 
 
 
Evernote Snapshot 20160130 214808.jpg
 
情景飛車として撮った写真
 
写真に写ることが楽しいと勝手にしたくなる
 
 
Evernote Snapshot 20160130 214808.jpg
 
だいぶこの時で酔っ払っていたはず
 
おでん一口も食べれずに
 
あとから聞いたらろれつが回っていなかったと
 
Evernote Snapshot 20160130 220143.jpg
 
意味不明に写真撮ってるし
 
Evernote Snapshot 20160130 224439.jpg
 
こっからが起床後
 
シュラフに入らずに寝ていた
 
寝起き寒くてダウンジャケット探すも車内にない
 
おまけに尻から下だけ濡れている
 
下半身ひっつき豆がいっぱい
 
寝返りうったらあばらが痛い
 
探していたダウンジャケットは車の後ろにある芝生にほかってあった
 
???????
 
 
Evernote Snapshot 20160131 061539.jpg
 
寝起きにダウンジャケット着て戦闘態勢であったかくなり
 
たっしょんして撮った風景
 
Evernote Snapshot 20160131 062414.jpg
 
自分の車を正面から撮った
 
ネピュラチェーンを車から車へ吊るして灯りをともしていたため
 
車内の結露はない
 
窓開けっ放しで寝てました
 
外気温4度
 
Evernote Snapshot 20160131 062515.jpg
 
アンカーのモバイルバッテリーとUSBライト
 
一晩つけっぱなしでバッテリー半分消耗
 
Evernote Snapshot 20160131 062553.jpg
Evernote Snapshot 20160131 062607.jpg
 
ソーラーパフも健在
 
おでんが煮込みすぎていて玉子と大根がちょうどいい
 
Evernote Snapshot 20160131 062938.jpg
 
こいつでヴォッカを半分飲んだ
 
Evernote Snapshot 20160131 062954.jpg
Evernote Snapshot 20160131 063236.jpg
 
運転席に転がっていた?
 
Evernote Snapshot 20160131 063259.jpg
 
燃焼しきったワイルドストーブとペレット
 
Evernote Snapshot 20160131 063423.jpg
 
水道に置いといたスポンジと石鹸
 
Evernote Snapshot 20160131 063447.jpg
 
意外なのが洗って片付けてあった
 
おでんの袋とゴム手袋は風でとんだんだろう?
 
Evernote Snapshot 20160131 063447.jpg
 
この風景だとわかる人は分かるらしいよ?
 
Evernote Snapshot 20160131 083649.jpg
 
車内泊後に当日集まって聞いた話、友達一人追加
 
車内泊装備は
 
上着下から→ヒートテック極暖→ユニクロパーカー→ウルトラライトダウンジャケット忘れた→普通のパーカー→ダウンジャケットは芝生の上
 
下着下から→ヒートテック極暖→ユニクロ防風パンツ?→ユニクロパンツ?(内側にボアあるやつ)
 
車内装備 スパークsp マットもあるが酔っ払ってひいていない
 
暖房器具 ウォーム2を試そうとするも酔っ払っている 一酸化炭素探知も持ってきている
 
 
  • 開始20時で22時には酔っ払っていた
  • パーカー着込んだまま五郎丸みたいにフシューフシューと上下に運動していた
  • 落としたI phone 5s を自分でふんでいた
  • 落としたI phone 5sを拾わずに地面でタッチ操作していた
  • シュラフは友達がかけてくれた
  • シュラフに入って寝ていない
  • 窓を開けて寝ている
  • 外気温は4度
  • 窓を開けているため結露がない
  • ダウンジャケットがなんで芝生の上にあるの?
  • ダウンジャケットとシュラフなしで寝ている
  • ワイルドストーブを燃焼させたまま足で移動しようとしていた
  • 23時前に友達に寝かせてもらう前は英語をしゃべったいた
  • 追加した友達とサブバッテリーとオフグリットについて語っていた
  • 枕だけはしっかりと空気入れていた
  • 友達が寝付けずに本当に心配してくれた
  • 本人は酔っ払って下半身の後ろだけ冷たい
  • 下半身だけひっつき豆が付いている
  • 当然車内にも付いてた
  • 寝起き車内のひっつき前とるのに30分消費
  • 上記の理由によりシュラフには入っていない
  • ズボンのひっつき豆とるのに20分消費
  • あばらが痛い理由はわからない
  • 周りにひっつき豆や草はない
  • 帰宅後着替えたら左の腰に傷跡あり
  • しみて痛いしズボンと擦れても今も痛い
  • 車内泊は1月下旬
  • 記事をまとめているのが2月上旬
  • 2週間経っても痛いわき腹も
 
結論は友達最高
 
一人なら危かったまじで
 
 
こっからは効果的な寒さ対策を伝える
全て実体験によるものだ
 
毎晩氷点下で寝る夜をシュミレートして外でバーベキューしている外気温0から5度で
 
車内泊にはFFヒーター最強
  • 全て無視しててっとり早い
  • 一晩使用しても1Lほどしか燃料減らない
  • 車に備付けるのに本体と工事費が30万くらいかかる
  • お金より、遊びとして楽なものを選ぶのは面白くない縛りプレイがしたので却下
 
シュラフのレベルを上げるのが早い
  • 候補はモンベルの最上位
  • マウンテン?
  • もういっこあった
  • 上記は1キロ以下でミニマリスト向けなシュラフだ
  • 基本的にお金は無視しているから
  • コストも個人レベルで考慮してほしい
  • 自分が使用しているのはSP1
  • こいつで氷点下までは戦えた
 
寝起きの体温下がった状態で動ける衣類で寝る
  • こいつは犬山薪キャンプして感じた
  • 山の温度は標高に比例して低い
  • シュラフがあっても頭まで被らないと意味がない
  • ↑酔っ払うと暑いか脱いで寝る
  • それが犬山で命取りになった
  • ただ焚き火できるテントだから火を起こすと余裕
  • 裏を返すと火を起こせない状況を想定しないといけない
  • 犬山後は毎日ベランダで七輪でいろんなもの焼いてトレーニング
  • 外気温は0から7度くらい
  • 内気温10度以上なら暖かく寝れる
  • 雪の火も外バーベキューしてシュラフとマットだけで寝て日々トレーニング
  • その結論が寝起きで動ける衣類でいないといけない
  • 縛りゲームだから暖房は使用しない
  • 寝起きだけはどんな方法でもいいから身の回りのありとあらゆる手段で火を起こせ
  • じゃないと他界に行ってしまう
 
着るもの全てダウンがベスト
  • 単純に軽い羽を着る感覚
  • 最大の敵は焚き火の炎
  • だからダウンは下部にきて最上部は安っぽいパーカー
  • ダウンは水に強いが火に弱い
  • 体を温める炎が最大の敵なんだ
 
体のどこを着込めば暖かいのか?
  • 頭と足、絶対に異論は認めない
  • 現在の装備で24時まで外バーベキューしてます
  • 外気温一桁で
  • ただ体質によってお腹っていう人もいました
  • 個人差高いので自分で探してください
  • おれは足の甲と頭でOKでした
  • 顔は暑いけど足の甲寒すぎるる人の意見
 
最強の暖房
  • ジンとヴォッカ
  • こいつを飲んでいたから犬山でも
  • 窓開けシュラフ入っていない車内泊でも生きてこれた
  • 理屈じゃない暑さが来る
  • ビン半分飲むと翌日昼くらいまで残る
 
遊びなんだから縛りゲームして手段を規制しないと面白くない
 
最短距離のやり方はわかっているから
 
もうねー他人の常識にとらわれなくていいのよ
 
こんな世間から見たくだらないことでも
 
めちゃくちゃ一生懸命試行錯誤するのよ
 
 
やるかやらないかだけどんだけくだらなくみえることでも
 
おれにとっては楽しいよ
 
 
経験からしか話ししていないのよ
 
思ったことをやるかやらないか
 
おれはみんなやっている前提で話しています
 
そっからえたなりふりかまわない経験の話しをしてくれると
 
面白い
 
 
 
酔っ払って泥酔した先にいるにが最愛の人で友達であり家族
 
 
4度で車内泊して寝れた経験談